2008年11月17日

Yahoo!に載ってたw−外資系投資銀行の就職状況、転職、リストラ−

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/column/after/172/


役に立ったらぽちっと!

こちらもぽちっとお願いします

こんばんは、メタルです。
たまたまYahooニュース見てて、外資系の就職動向の記事が載ってたんですよ。
「あー、うちもやばいよなぁ」とか思いながら読んでいたら、ふと下のほうに
「外資系投資銀行の2010年度の新卒採用動向について」なんて記事がありまして。
ふーん、なんだろうと思いながらリンク開いたら、変な黒いページが出てきて、

本ブログがリンクされてた(笑)
せっかくだから、内容についてコメントしてみようと思う。


本記事はこちらですね。
http://www.j-cast.com/2008/11/16030143.html

掲載ページ:http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/banking/?1226829000

画面保存:
yahooの1面4.JPG


=======================

各社の動向については、さすがに内部関係者なのでコメントを控えますが、かなりリアルな記事ですね。


>大学生のあこがれの的だった外資系金融機関の新卒採用は、米英系を中心に大幅に削減される予定だ。内定取り消しも相次ぎ、「入社2年目で解雇するケースもある」という惨状だという。

これは本当です。
ちょうど私も2年目なんですが、同期も何人か逝ってます。
というか、好況でも2年目が切られる環境はこれまでといっしょで、
問題なのは、入社1年目が切られているという現状なんですけどね。


>入社2、3年で年収1000万円ともいわれ、大学生の就職先として大人気だった外資系金融機関の人材流出が激しい。

給料については、
ジュニア(アナ、アソ)は、6、7月にボーナスを支給される会社と、
1、2月に支給される会社があるので、
下の表はほんとは少し説明が必要なんですが、めんどくさいので省略するが、おおむねこんな感じ。

<外資・インベストメントバンキング部門・フロントの場合>

1年目:基本給600〜800、ボーナス:0〜200

2年目:基本給700〜900、ボーナス:200〜1000
(好景気時の2年目のボーナスは1000を超えることもざらだったわけですが。)

3年目:基本給800〜1000、ボーナス:200〜1400

※基本給は年間2割くらいアップ、目安は100万アップと考えればよい
※ボーナスは、1年目はほとんどいっしょでもらえないファームもある。
※2年目(入社14ヶ月目)でもらうボーナスから大きく差が出る。
 同期の上位と下位では3倍くらいの差。



>人員削減では一つの部門を丸ごと廃止してしまうケースがある。

ほんとにこんな感じです。
特にマーケット部門であるわけですが、
2年目とか1年目の終わりごろに切られてしまった人は、
この不運なパターンが多かったですね。


>新卒採用はかなり厳しい。枝川氏は、「具体的な人数はわからないが、中途、新卒を問わず外資系金融機関が採用を減らすことは間違いない」という。

間違いない!
ただし、前も書いたように中途はほとんどフリーズ状態ですが、
新卒は各社少人数ながら採用する方向なので興味がある人はぜひ。



こちらもなかなか書いてますね。
ご参考までに。
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/d518fef45fe7bd6df293201bc781020f/



今週は一気に寒くなるみたいですね。
就活生の皆様は体調管理には十分気をつけてください。
それではまた。



「突然会議室に呼びだされて、リストラを宣告される」
「部屋にも戻れず、名刺も私物も取り上げられて放り出される」
「退職金はかなり不利」など外資系金融機関のリストラは日本企業では考えられないことばかり。
その他にも、「ボーナス時期は誰も働かない」「外国人の精神構造は意外とウエット」というような会社の内幕や、ヘッド・ハンターとの壮絶なかけひきが求められる転職、リストラ後のハローワークでの求職活動の日々など、業界事情に詳しい著者が外資系金融機関の現実を赤裸々に語る!
外から見た外資系金融機関のイメージと現実のギャップに驚くこと間違いなし!
外資系金融マンを襲うトホホな事件の数々。リストラ、お財布事情、会社の人間関係…、世間には意外と知られていない苦労を赤裸々に告白。



役に立ったらぽちっと!

こちらもぽちっとお願いします





◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 04:07 | 東京 🌁 | Comment(7) | TrackBack(0) | 投資銀行に入社後
この記事へのコメント
>今週は一気に寒くなるみたいですね。
就活生の皆様は体調管理には十分気をつけてください。
それではまた。

メタルたん、やさしすww
死なないで、生き残ってください!^^
Posted by ヌタル at 2008年11月17日 04:17
つまんねえこと書いてないでさっさと冬季インターンのまとめでも書けや
Posted by あ at 2008年11月17日 13:22
このサイトには本当にお世話になってます。
メタルさんも体調には気を付けて下さい。
またの更新を楽しみにしています^^
Posted by 10年度就活生 at 2008年11月17日 17:26
東大の三年生です。
いつもこの記事を楽しみにして読ませていただいてます^^
僕は、外銀と総合商社を考えており、
今は後者の方に重点を置いて就活をしてます。

これからも色々と(特に商社の情報も)情報発信して下さい!
Posted by 三年 at 2008年11月17日 17:50
>三年
東大ってわざわざ書くことなくね?


しかも「僕」ってなんか…
Posted by ? at 2008年11月21日 04:03
>?
メタルと同じってことじゃね?

まあいるよねこういう過剰に反応するやつw
Posted by プッ at 2008年11月22日 00:41
ちなみにメタルさんのボーナスはおいくら?
Posted by ショーケンマン at 2008年12月06日 11:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。