2010年03月18日

内定の捏造は?

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/technic/es/245/


参考になりましたらぽちっとお願いします。

こんばんは、メタルです。

就活ブログを書き始めて3年超。
独特な選考方法や対策を知らないがために落ちてしまう優秀な就活生のために、
少しでも役に立てればとの思いは今も変わりません。

「他社の選考状況はどうですか?」
この手の質問への回答例を求める声は多いにも関わらず、
真っ向から回答している書籍・ブログは見つかりませんので、
批判もあることを承知の上、エントリーします。

実行するかどうかは皆様のご自由ですので、
各自ご判断の上、自己の責任において実行して下さい。


◆イントロ

もうすぐ日系の超一流企業の採用がスタートするかと思います。
今年度の買い手市場の新卒採用において、
少しでもアドバンテージを持って臨みたいところです。

資質はそれほど違わないのに、
内定が1つも取れない学生と、複数内定を取る学生の大きな違いは何なのか。
その決定的な要素の1つになるのが、この質問にどう答えるかです。

「他社の選考状況はどうですか?」
「店長さん、おたくのお店は繁盛してますか?」




◆そもそもの大前提

・御社が第一志望だ。
・御社に決まったら御社に入ります。

何回かエントリーしていますが、
この2つの姿勢は、大前提とさせてください。

内定を貰うまでは常に主張しましょう。
「御社」が、滑り止めで仕方なく受けている場合でも、
「御社が一番だが、B社も魅力的だとは思っている。」くらいに留めましょう。
就活生は、内定を貰うまでは非常に弱い存在です。

本当にその「御社」に行くか行かないかは、内定を貰ってから決めればいい話です。
過去の多くの先輩方もそうしてきています。
優しい人、真面目な人ほど損をします。
会社は営利集団なので、
自社の製品の性能が一番でなくても、
「自社の製品が一番です!」と言えない人は要りません。

良心を捨ててでも、まずは内定を取ってから判断しましょう。

辞退も、礼儀をもってすれば余裕です。
人事も慣れていますので、怒ったふりをしていてもそれは演技です。



◆結論

「他社の選考状況はどうですか?」

まず結論。
@すでに内定のあること、
A他社の選考が進んでいること、

を伝えましょう。
内定がなくても、他社が進んでいなくてもです。

例としては、
・業界としては、○○業界を受けている。
 (○○は受験先企業の業界)
・同業他社だと、A社から内定をいただいており、C社が今週末に最終面接の状況です。

細かく聞かれない限り、簡潔に答えましょう。
バンバン内定を採っている学生は、スパッと簡潔に答えてきます。
あれこれ伝えるのは、追加で質問されたときだけで構いません。
話が長いのは採用側が嫌がります。


◆で、採用側はこの情報を何に使うのか?

@他社で内定が出ている学生の選考を優先的に進める。
A内定を出したら、果たしてうちに来てくれるかの考察。
B行列店にはつい並んでみたくなる心理

の3つです。


@は解説不要かと思います。
早く選考を進めないと、
採る・採らないの判断前に、辞退されてしまう可能性もありますからね。
優秀な人材を採り逃すことは企業にとっても損失なのです。

Aは後述もしますが、超単純化すれば、以下のとおり。

「業界1位のA社に内定あり(で就活終了でいいはず)なのに、2番手のうちを受けている」
 →仮にうちで内定を出せば、うちに来てくれるのではないか。

「業界2位のB社に内定ありで、1番手のうちを受けている。」
 →この業界に興味がある学生で、うちで内定を出せば、うちに来てくれるのではないか。

Bはまさに人間だから。
行列が出来てるラーメン屋には並びたくなりますよね?
ランチ時なのに客が入っていない店には、暖簾をくぐろうとも思わないでしょう。
つまりそういうことです。
これが内定が内定を呼ぶ、”繁盛店”のゆえんです。



◆「内定あります。」と言うプラス効果

上記の結論と被る部分もありますが、
「内定あります。」という私が考えるプラス効果は3つ。

1、第一印象がポジティブになる

2、志望動機が言いやすい。(聞くほうも伝わりやすい。)

3、採用側を競争環境におくことが出来る
  (やっぱり同業他社が採る人材はうちも採りたい!)



◆「1、第一印象がポジティブになる」について。

面接官が学生を面接する際は、
・事前にESを見る
・他の面接官からフィードバックを聞く
等で、事前情報を得て、第一印象を持って臨むことがほとんどです。

この時点で面接官に、
同業他社なり大手の内定を得ている情報が伝わってくるとしましょう。
・少なくともA社が内定を出すレベルにある学生なんだな。
・同業他社A社の内定があるにも関わらず、うちを受けるということは、志望度が高いんだな。

と、面接官の第一印象はいやおうにもポジティブになります。
面接官は基本的に性善説で臨みますので、
「ほんとにこいつはA社から内定貰ってんの?」と疑ったりはしません。

学生のいいところを見つけようとしますから。
逆に、「疑われてんじゃないか?」と思っているのは学生だけです(笑)

そしてこの事前のフィードバックにより、
面接官には、
「この学生は優秀なのかな。」
との第一印象が刻まれるわけです。


するとどうか?
・優秀な学生
  →「ああ、やっぱり会ってみても優秀だった。」

・並な学生
  →「今回の面接では力を発揮できなかったのかな。とりあえずダメそうではないし、次のステップに上げてみるか。」(場合によりますが。)

人の第一印象というのは、なかなか変えられないものです。
ゆえに、「微妙だったなぁ」との面接で、次に進める確率が大きく上がると思います。

優秀な学生でも、面接序盤にコケてしまい、心証を損ねると挽回はなかなか大変です。
よく、「面接は会って30秒の印象で決まる」と言われますが、
これで「×」と判断されるのを回避する有用な手段だ、と私は考えています。
優秀な学生を落としてしまうのは、企業にとっても大きな損失です。



◆「2、志望動機が言いやすい。(聞くほうも伝わりやすい。)」について。

仮に皆さんが
「業界1番手のA社の内定を持っている」
ことを伝え、業界2番手のB社を受験しているとしましょう。

面接では確実に、
「やっぱりこの業界に興味あるわけ?」
「A社から内定が出てるみたいだけど、うちと比べてどう?」

なんて質問が出てきます。します。

この質問が出てくれば、勝ちも近いです。
就活生にとっては、大きなアピールの場でもあります。
逆に、面接官も前向きな回答を期待して聞きます。

明確な回答が出来れば、説得力があり、志望度の高さを印象付けられます。
例としては、
「○○な理由で、この業界で働きたい。」
「A社も受けたけど、○○の理由で私は貴社(B社)です。」
「A社に内定をいただいている状況で、貴社以外は全て辞退している状況だ。」

また、A社との差別化(比較)としては、
・貴社は○○分野に大きく力を入れており、自分はそれに興味がある
・面接やOB訪問を通して、貴社の社員に会わせてもらった。貴社社員の雰囲気は大変よく、かつ優秀だと感じている。自分に雰囲気も合うし、何よりこんな先輩方と働きたいと思った。

・・なんてことを言えればいいのでしょうね。
まぁそのあたりは上手く考えてみて下さい。

また、「外資金融・コンサルに内定がある」ことを伝え、日系の超一流企業を受けてみてもいいでしょう。
外資との差別化(比較)例としては、
・やはり事業会社で、リスクをとって「事業」をしたいと思った。あくまで投資銀行やコンサルはアドバイザーです。
・選考の時期が早かったし、受けたら受かったが、自分がやりたいのは云々・・。
・外資は確かに優秀な人も多かったが、がつがつした人も多く、自分はそこでやっていけるかどうか微妙だった。
・貴社の面接やOB訪問を通して、貴社の社員も外資に劣らず優秀だと思ったし、自分に雰囲気も合うし、何よりこんな先輩方と働きたいと思った。

こんな感じでしょうか。
外資(偽)内定者として注意すべき点は、
他社の状況を聞かれてもいないのに、「私は外資金融に内定があり〜云々。」を言わないことです。
すごく、鼻にかかったように聞こえ、嫌がる人がいます。



◆「3、採用側を競争環境におくことが出来る(やっぱり同業他社が採る人材はうちも採りたい!)」について。

他社で内定が出ている学生は、
自社にマッチする人材かどうかは見極めるとしても、やはり採りたいです。
中堅どころの会社だと、これだけで反応が違ったりします。
・A社が内定を出すくらいの素養はあるんだろう。
・B社が内定を出すくらいの素養はあるんだろう。
・A社が内定を出すということはこの業界に向いてるのかもね。

なんてことを思うわけですね。

また他社内定者は、選考にかかるスピードが早くなります。
他社に内定があり、早くしないと辞退されてしまう可能性があるので、優先的に進めます。




◆まとめとQ&A


Q、内定の数は多いほうがいい?

「3〜4社の内定を保持したままです。」
発言するのは問題です。

A、B、Cの3社から内定を貰っていれば、
普通はそのうち2社を辞退するのは常識です。(※別に辞退しなくてもいいですが。)
「3社のうち2社には要らん迷惑を掛けていますよ」
とさらりと言えることが問題ですので、この点は気をつけましょう。

実際に3社から内定を貰っていたとしても。
・外資金融1社、財閥系商社1社、同業他社A社の3社から内定をいただいている。
・A社の内定をいただいた時点で、他は辞退した。
・今受けているのは御社のみ。御社にどうしても行きたい。

とすればいいと思います。



Q、ばれるか?

ばれない。
大前提として、
「自社での採用状況は、他社に漏らしてはいけない。」ことになっています。
さらに、
・基本的に性善説で面接するので、いちいち疑わない。
・何千人と受けてくる就活生の裏を取るコストをかけるわけがない。
・そもそも企業の姿勢として、
 「A社の内定者だからうちでも内定を出したんだよ!」というのは会社として問題(笑)
・確認しようにも、そもそも「内定」の定義があいまいなので無理。
 −口頭ベースで内定を出している場合がほとんど
 −内定をほのめかしているのを、学生側が内々定と受け取る場合もある。
 −外資でも、オファーレターと呼ばれる内定通知を貰うのは、内定よりだいぶ後日。



Q、絶対ばれないか?

世の中絶対というのはないので、絶対とは言えない。
リスクを取る取らないのは個人の判断なので、嘘をつかなければいい。
嘘の塊みたいな人ほどこの手の質問をしてきます。
全て自己責任でお願いします。



Q、ばれた人がいると聞くが?

本当なのか噂なのかも定かではないが、私は一例も知らない。
リスクを取る取らないのは個人の判断なので、嘘をつかなければいい。
嘘の塊みたいな人ほどこの手の質問をしてきます。
全て自己責任でお願いします。



Q、ばれたら内定取り消しになりますか?

分からない。
リスクを取る取らないのは個人の判断なので、嘘をつかなければいい。
嘘の塊みたいな人ほどこの手の質問をしてきます。
全て自己責任でお願いします。



Q、どこまで詐称してよいか?

学歴・経歴詐称は、確実に内定取り消しだと思います。
資格は、しないほうがいいと思います。
ばれたら内定取り消しかどうかは知りません。
勉強中の資格を書く場合は、
簿記2級(2010年6月取得予定
としておけばいいです。

TOEICも正確な点数を書くべきだが、水増ししてる人は結構多いと思います。
過去にTOEICは捏造してもいいかを書きましたが、
こちらも自己責任で対応していただきたい。

ただ、内定後(内定式とかの後)に、
TOEICを受けさせる企業が増えてきていることは事実なので、
人事が???とならないように気をつけましょう。

リスクを取る取らないのは個人の判断なので、
嘘をつかなければいいだけです。
嘘の塊みたいな人ほどこの手の質問をしてきます。
全て自己責任でお願いします。



Q、嘘をつくことに抵抗があります。

本ブログは、「嘘を付け」と言ってはいませんし、
こういう方法もありますよと、情報を与えているにすぎません。
実行するかどうかは個々の判断ですので、
自己の判断の上、自己の責任においてお願いします。

ただ、
「他社の選考の状況は?」
と聞かれたら、
「店長さん、おたくのお店は繁盛してますか?」
と質問されているものだと思ってください。


Q、仮に内定捏造するなら、アドバイスはあるか。

@同業界にする
 →この業界を強く志望してるんだなと思わせることができる
 →1番手のA社に内定があるのに、うちを受けているということは、
  それはすなわち、行動でもB社が第一志望であることを伝えていることになる。
 →異業界でもいいけど、共通する理由が言えないとつらい。
  (正直、学生としては大手ならどこでもいいですという気持ちなんだけどね。)

A過去の選考プロセスくらいは確認しておく
 →心を落ち着かせるために。
 →嘘を自分の中で既成事実化するために。

Bとにかく自信を持つ
 →相手は性善説で来る
 →さらに、よほどのことがない限りばれない。
 →「そもそも自己PRだって嘘の塊ではないか」と、開き直る。



Q、メタルさんはどうしていたか。

私は日系企業を受けたときも、
他社の状況を聞かれたときは、「○○から内定を貰っています」と正直に答えていました。
その質問の先に、
「なぜ金融(外銀)ではなく、商社なのか?」
を想定し、質問への回答を用意していました。
ここさえびしっと答えられれば、内定は近いです。

ちなみに商社では、以下のような内容のことを答えていました。
・外銀を含め金融は、自らリスクを取ってビジネスをしていることは事実
・しかし、間接的に資金(ファイナンス)面で関わっているだけ。
・もしくは、アドバイザーという形で関わっているだけ。
・それよりも直接的にビジネスに関われる商社のほうが面白いと思った。
・OB訪問をして実際に話を聞いてもそう思った。 

まあこんな感じです。


◆参考になるかもしれないリンクなど

他社内定の威力
http://www.unkar.org/read/money6.2ch.net/recruit/1209024986


つらつらと記事にしましたが、以上になります。
皆様が第一志望に無事内定できることを願ってやみません。
ではまた。

参考になりましたらぽちっとお願いします。



◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 22:08 | 東京 ☀ | Comment(21) | TrackBack(0) | ES・筆記・面接等の攻略テク
この記事へのコメント
なるほど。
採用側の考えることがよく理解できました。
回答例を挙げていただいているので、とても有用です。といいますか、転用させていただきます。いつもありがとうございます。
Posted by 3年@就活中 at 2010年03月18日 23:30
>→「そもそも自己PRだって嘘の塊ではないか」と、開き直る。
オレスギテクロワロタwwww
Posted by 藁 at 2010年03月18日 23:40
これまで興味深く覗かせていただいていましたが、ついにコメントしてしまいました。
非常に的確でいいポイントをついた内容ですね。冒頭で謳ってるとおり、私も面接の通過率は高くなると思います。
性善説→完全に同意です。
あと、「他社の選考状況はどうですか?」を「店長さん、おたくのお店は繁盛してますか?」に例えているのはまさにそのとおりですね。

これされると、人事としては頭が痛いです。笑
Posted by 某人事経験者 at 2010年03月19日 00:34
すごい。
私は嘘の塊なので、ほんとに例のような質問するところでした
Posted by あ at 2010年03月19日 02:00
メタルさんはいつになっても学生視点で書けるところがすごいと思います。
本サイトには本当にお世話になりました。社会人になっても見続けると思いますが、引き続き更新楽しみにしています。
Posted by 4年であと10日で社会人 at 2010年03月19日 02:09
俺も嘘の固まりでしたwww
Posted by おれも at 2010年03月19日 02:15
おれも嘘の塊だと思って読んでいたら、同じようなコメントが複数あって(笑)
みんな嘘つくなよ。
Posted by ↑ at 2010年03月19日 03:46
さっそく本日使わせていただきました。反応よかったです。
Posted by   at 2010年03月19日 19:22
↑の人と同様、今日受けた会社で使わせてもらいましたw
「すでに同業他社で1社内定があって、ほかも全部進んでいる」みたいなことを言ったら、記事に書いてあった、
>「やっぱりこの業界に興味あるわけ?」
>「A社から内定が出てるみたいだけど、うちと比べてどう?」
がそのまま聞かれて、笑いそうになりましたがずばっと答えられましたよ。本当にありがとうございます。
そして早速、夕方に電話もらいましたw
Posted by 慶応法3年 at 2010年03月20日 01:21
メタルさん、こんばんは。
外銀に入社して1年が経ちます。もしお時間ありあましたら転職関連の道標もupdateしていただけますと助かります。
Posted by 外銀1年生 at 2010年03月20日 01:38
とても参考になります。
「店長さん、おたくのお店は繁盛してますか?」との例えをみて、ハッとしました。。。
私はお客様に対して、「いや、うちの全然ダメっす。」と答えていたのですね。4月の本戦に入る前に読んでおいてよかったです。
Posted by 東大3年経済 at 2010年03月20日 07:20
他社選考状況に関する質問が就活で一番苦手でした。
今年はメタルさんの真似をする学生が続発しそうですね笑
Posted by 4月から社会人 at 2010年03月21日 18:35
上記方法は有益ですね。ただ、割り切るとはいえ、心が痛みます。
しかし、割り切る部分は割り切らないと、もっと心を痛めることになる可能性も大きいんですよね。。。(内定がなくて就活留年・・・)
Posted by 正直 at 2010年03月22日 04:13
>人事も慣れていますので、怒ったふりをしていてもそれは演技です。

この発言は見過ごせませんね。
人事がこの時期どれだけ大変な思いをして採用活動に励んでいることか。
それを知らない人間がこんな知った風なことを書いていると腹が立ちます。
かなりカチンときました。
Posted by 人事経験者 at 2010年03月25日 03:01

そういう意味で書いてるわけじゃないでしょ。おまえら人事が「うちを断るだと?ゴルア?」みたいなことやってるから、内定取ってから考えろという意味で書いてるんだろ。
ちゃんと過去ログ読んでから書き込めよ。

おまえみたいなKYが人事やってるから就活生は困るんだよ。
Posted by at 2010年03月25日 09:47
>人事経験者さんへ
こっちはなんも考えずに内定断ってるわけじゃないんだよ?
で、おまえら人事の中には目くじら立てて怒るやつもいるだろう。自分の実績獲得のために。
だから中にはそれを恐れてる就活生もいるわけで、「演技だ」と”割り切れ”という意味でしょ?文章の背景も読めずにそんなコメントして恥ずかしくないの?人事経験者って書くならどこの人事?会社名くらい書けよwww
Posted by しゅうかつせい at 2010年03月26日 00:36
>人事経験者氏
まず貴社名をさらそうか。話はそこからだ。
Posted by AT at 2010年03月26日 00:55
>人事経験者様
人事経験者の発言は見過ごせませんね。
就活生がこの時期どれだけ大変な思いをして就職活動に励んでいることか。
それを知らない人間がこんな知った風なコメントを書いていると腹が立ちます。
かなりカチンときました。
Posted by ななし at 2010年03月26日 03:42
↑ワロタww
Posted by ↑ at 2010年03月26日 05:34
お世話になっております。
可能であれば、新卒でベンチャーにいくのはどうなのかをご教示いただけないでしょうか。できればメタルさんの記事として読みたいです。よろしくお願い致します。
Posted by ああ at 2010年03月26日 12:37
当該記事、大変参考になりました。
やはりどんなときでも相手の質問にどのような意図があるか、自分が採用側だったらなぜその質問をするのか、を考えることの重要性を改めて認識させられました。
Posted by arigatou-gozaimasu at 2010年03月26日 13:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113177098
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。