2010年06月23日

就職留年や就職浪人は不利なのか?

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/technic/es/264/


参考になりましたらぽちっとお願いします。

こんばんは、メタルです。
ツイッター、最近使い始めました。
個人的には、就活にツイッターは特に必要ないと思っていますが、
Twitter就活なんかも出てるようで活かせる道があるんですかね。ぜひ始めた際は、metal_gaishikeiもフォローいただければ嬉しいです。

さて本日は
「就職留年は不利なのか?そもそもすべきなの?」
について記事にしました。
この手の質問をここ2ヶ月で10通近く貰ってましたので。
私の見解も含んだ記事で恐縮ですが、以下興味があればどうぞ。



◆就職留年とは

就職留年とは、
「納得の行く内定がもらえず、留年して翌年も就職活動をすること」を指します。
就職留年なのか、はたまた就活留年と呼ぶのか。
就留(しゅうりゅう)と略されることもあります。


企業は通常、「新卒採用枠」というカテゴリーを用意して、大学生を採用します。
今はスキルもなく、即戦力でもない大学生だけど、
将来のポテンシャルに期待して採用しよう、というのが新卒採用枠です。
新卒採用は、「20●●年卒向け新卒採用」との形で行われ、
一度卒業してしまうと、新卒の資格は失われてしまいます。

新卒ブランドがなくなると、エリート東大生もただの人。(既卒と呼びます)
採用枠が、「キャリア採用枠」(※)にチェンジし、
「ポテンシャルあるねー」から「あんたは何ができんの?」に変わってしまいます。
こうなると、ただでさえ高倍率の超一流企業からは、
エントリーシートを出しても面接のお呼びさえかからなくなることも多いです。
就職浪人が不利と言われたり、その成功例をなかなか聞かない由縁です。

ゆえに、わざと単位を落として留年して、
「新卒ブランド」を保ったまま翌年も就職活動をするのです。
これが就職留年です。

※正確には、新卒に準ずる「第二新卒」と呼ばれる採用枠もあります。既卒や社会人1-2年目を対象としたポテンシャル採用枠です。ただし枠も小さく、人が不足していたら採るってレベルの位置づけの会社が多いので、超一流と呼ばれる会社で行われることは少ないです。
どうせなら「新卒枠」を利用しましょう。





◆就職留年はすべきか?

私の結論ですが、「就職留年は活用すべき。」と考えています。
就職留年のメリットは3つ。

1、新卒枠で受験できること
2、採用側は、就職留年を学生が思っているほど気にしていないこと
3、一度就活をした経験値



「1、新卒枠で受験できること」について。

前述したとおり、就職留年する最大のメリットです。
できる限り、「既卒」は避けましょう。



「2、採用側は、就職留年を学生が思っているほど気にしていないこと」について。

「なぜ留年したのか?」をしっかり言えれば、
留年が不採用の決定打になることは、ほとんどありません。
自分が採用側だったら、
「留年なんて小さな理由で優秀な人材を落としますか?」ということです。
中には、留年した人はなるべく採らないなんて方針を持っているところもあるようですが、それは少数です。
ほんとつまらないなあと思いますが、
それはその企業の考え方なので割り切りましょう。

外資金融やコンサル、日系の超一流企業と呼ばれるところは、まず問題なし。
2留(留年経験2回)は黄色信号が灯るみたいですが、どう演じられるかでしょう。
外資金融だと、1浪+2留の人も知っています。

3留は日本の銀行・証券系はバツと聞きますね。
あと真相は知りませんが、「浪人+留年≦2」なんて通説があるみたいです。
外資系金融やコンサルなんかは、足して3でも大丈夫だと思われます。

※余談ですが、外資金融やコンサルだと
新卒枠に「既卒」や「卒業後に1-2年くらい就職して再び大学院に行った。」なんて経歴の人が応募してきても、採用担当者(MDクラス)が会ってみたいとなったら面接を設定するくらい、そのあたりは緩いです。
私は、外資のドライな反面、そういった柔軟なところがすごく好きです。




「3、一度就活をした経験値」について。

一度就職活動を行い、場数を踏んで得た経験値は強いです。
今年は納得した会社の内定は貰えなかったかもしれませんが、
就活前の自分と比べれば、明らかに成長してるかと思います。
・業界知識
・面接基礎(結論→理由、しかも超簡潔に。)
・面接テク(面接慣れ)
・情報収集方法
・自分についての理解
何より就活の空気感が掴めたことでしょう。

そして今年は、
昨年見かけた「よく分からんけどデキそうなやつ」になりましょう。
「こいつデキそう」って雰囲気は、自信の裏付けや経験で磨けるものですからね。
立ち振る舞い・話し方次第で、内定まで辿りつくことは十分可能です。
言うまでもないですが、
あくまで「謙虚な」デキル奴を忘れないようにしましょう。

以上3つが、就職留年のメリットです。




◆ところで就活における留年の理由をさくっと知りたいわけだが。

方法は3つ。
1、まずググりましょう。(一番下にリンクを置きました。)
2、いろんな就活指南書籍を立ち読みしましょう。
3、何より留年して就活に成功した先輩に聞きに行きましょう。成功者は快くアドバイスしてくれるはずです。

採用側は、就職留年組がいることは当然認識しています。
そもそも基本的に、「4年がES出してくる」=「どーせ就活留年だろ。」って思っています。

ゆえに、私が留年理由の一例をアドバイスすると、
「就職活動のための留年です。昨年も就職活動をし、(嘘でもいいから)●●業界に決まりましたが、●●な理由で▲▲業界にどうしても行きたいという気持ちが強く、留年する形で再チャレンジしています。」

私のポイントは、
@就活留年であることを正直に伝える。
A「あくまでもポジティブな留年である」と伝わる言い方をする。
の2つでしょうか。
回答次第で、志望度とともに強く伝わります。




◆就活浪人ではダメか?経済的負担も大きい。

就活浪人は、おおよそ不利です。
特に高学歴と呼ばれる大学生が超一流企業を受けていく際は、オススメしません。

ご存知のとおり、就活留年の経済的負担は大きいです。
一人暮らしであれば、家賃・学費・生活費で年間200万円近くが必要になります。
しかし、生涯年収を考えれば小さいものです。
たった200万円で、新卒ブランドを捨てることのないようにしましょう。

就活留年は自己責任です。
自分の将来のための最善の選択だと思うならば、
親に土下座をしてでも、親に借金をしましょう。
借金です。貰ってはダメです。親が援助するといっても借金してください。
借用書も書きましょう。

それもダメであれば掛け持ちバイトをして1日20時間働いてください。
2ヶ月で100万貯まります。



◆「とりあえずブラックでいいから就職→転職で大手へ。」ってのは?

正解はないです。
ゆえにそれはそれで正しいかもしれません。

しかし私の個人的見解を述べるのであれば、反対です。
「新卒」・「高学歴」ブランドは、ものすごく強いです。
高学歴だった学生でも、ブラック企業や名もない中小企業に入ってしまうと、
超一流企業に移ろうとしても、新卒採用より格段にハードルが上がります。
(※景気の話や、特殊なスキルが求められるピンポイントでの採用は置いておきます。)

ゆえに、妥協に妥協を重ねたところに行くなら、
就職留年に賭けてみるほうがいいのかとアドバイスします。
もちろん容易な決断ではないことを承知の上で。



◆就職留年を決めた人が今すぐ取るべき行動

今すぐ、3年生/修士1年生向けのサマーインターンシップに応募してください。
今(2010年6月現在)だったら2012年卒向けです。

出せるところ全部です。
仮に、去年インターンした先も全部です。
採るか採らないかは採用側が決めることなので、
とにかく就活生は呼んでもらえることを信じて出しましょう。
出さなければ絶対にインターンシップに呼ばれることはありません。

ちなみに例年、外資金融・コンサルのサマーインターンシップには、
就職留年した4年生も実際に受かっているので、ぜひ応募すべきです。

外資系投資銀行サマーインターン(2012年卒向け)
 http://gaishi.seesaa.net/article/151740701.html

外資系コンサルサマーインターン(2012年卒向け)
 http://gaishi.seesaa.net/article/152184121.html




◆就職留年を決めた人が中期的に取った方がいいと思われる方向性

私なりの意見ですが参考になればどうぞ。
・資格系(簿記とか)はやりたかったらやればいいが、最優先に勉強するのはオススメしない。決定打になるものではないから。
・英語が求められる先を目指す人は、付け焼刃で何とかなる場合も多いので少しずつ勉強しましょう。半年あればTOEIC700点(=筆記突破レベル)は取れる。
・就活はだまされたと思って、業界を絞らないで受ける。
・サマーインターンシップも積極的に応募する。
・海外に1人旅なんていってみる。
・ジャンルにとらわれず幅広い本を読んでみる。

そして最後に、就職留年のToDoも含めアドバイスしてくれる就職予備校を利用するのも1つの手。
就職予備校は宗教とか言われることもあるが、
超大手の内定が取れるならそんなのどうでもいいじゃない。
 「我究館」 http://www.gakyukan.net/



◆役に立つかもしれないリンク

なぜ周流しないのかがわからない
http://d.hatena.ne.jp/ruushu/20081219/p1

就職浪人したヤツの留年理由
http://school.2ch.net/recruit/kako/1019/10194/1019485777.html

周流を後悔しているか
http://okwave.jp/qa3550563.html

留年か卒業か(ALL ABOUT)
http://allabout.co.jp/career/collegegradcareer/closeup/CU20060123A/index4.htm

就職留年検討している人集まれ。
http://jbbs.livedoor.jp/study/2696/storage/1099903176.html


◆宣伝

就活を終えられた方からの、選考情報の投稿をお待ちしています。
・外資系を問わず、幅広くお送りいただければ幸いです。
・「当該会社の内定者」等である必要はございません。
・投稿者の特定が起きないよう細心の配慮をした上で掲載します。
・会社概要については、私が大抵フォローを入れる形にしています。
 メアド:metal2008@gmail.com


参考になりましたらぽちっとお願いします。





◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 03:41 | 東京 ☀ | Comment(20) | TrackBack(0) | ES・筆記・面接等の攻略テク
この記事へのコメント
なんだただの神か
Posted by 夏 at 2010年06月23日 04:35
もう一度外資を狙うため就活留年を決めていた矢先の記事で大変ありがたいです。ふんぎりもつきました。
あと、就活浪人は不利と聞いていましたが、詳しいことは分からなかったのでありがとうございます。
Posted by 4年 at 2010年06月23日 15:57
+2(留年)で日系大手から内定もらいました。メタルさんの言及している留年理由をポジティブな形で伝えるというのはまさに僕が取った方法です。
後輩のみなさま、何か質問あればどうぞ。
Posted by 成功者 at 2010年06月23日 16:53
・・・もっと早く書いてほしかった。
今年3月の慶應卒ですが、学費をケチりました・・・。ほんとに就職先がありません。ESさえ出せない状況です。昨年まで優しかった人事が手のひらを返したように、冷たくなりました。
中堅どころでさえまともに相手してくれません。僕は社会的に「死」を味わっています。
ほんと死ぬしかないのでしょうか。
ほんとにどうしたらいいのでしょうか。何かアドバイスをいただけたら幸いです。
Posted by 就職浪人中 at 2010年06月23日 22:12
コメントが悲惨すぎてワロタw





・・・来年の今頃の自分を考えるとおしっこチビリそう。こわいよ。
Posted by 3年だが at 2010年06月23日 22:22
>就職浪人中の方
院に進むのはどうでしょう。
Posted by   at 2010年06月23日 22:38
>就職浪人中 さん
上の方のとおり、不本意でもいいから大学院などに進み、新卒もしくはそれに近いブランドを得るのがいいのではと。日本の社会システムこわいですよね。
Posted by 成功者 at 2010年06月23日 23:18
これで四年がインターンにたくさん応募してきて倍率あがったらどうすんだよ!
Posted by 3年 at 2010年06月23日 23:34
そもそも就職浪人する人間とかハイレベル就活生(笑)じゃないでしょ?っていう突っ込みはなしかな?
Posted by ん? at 2010年06月23日 23:52
京大理系院1留で30社ほどエントリーして全滅しましたので、就職留年を考えています。今年落ちた企業に再エントリーして内定を頂ける可能性はありますか?可能性はあると思うので、例えば、10社中何社、就職留年という理由でエントリーシートもしくは1次面接で落ちますか?
Posted by 失敗者 at 2010年06月24日 00:07
>そもそも就職浪人する人間とかハイレベル就活生(笑)じゃないでしょ?っていう突っ込みはなしかな?

ハイレベル就活するから、結果として就職先が超一流だと妥協できないって人向けでもあるんじゃないかなあと思います。
まあ過去にこんな記事も書いてくれているんですけどね。http://gaishi.seesaa.net/article/31217771.html
Posted by   at 2010年06月25日 01:07
まあさすがだよね。
Posted by   at 2010年06月25日 02:27
>10社中何社、就職留年という理由でエントリーシートもしくは1次面接で落ちますか?
業界はどこ?外資なの大手なの中堅なの?もっと具体的に質問しなくちゃ答えようがなくない?回答者の立場を考えて質問できないんだからそりゃどこも受からんわな。
Posted by ↑ at 2010年06月25日 06:23
>10社中何社、就職留年という理由でエントリーシートもしくは1次面接で落ちますか?
業界はどこ?外資なの大手なの中堅なの?もっと具体的に質問しなくちゃ答えようがなくない?回答者の立場を考えて質問できないんだからそりゃどこも受からんわな。

あらゆる業界の外資・大手・中堅、それぞれについて答えてもらえれば結構ですよ!もし分かればですけどねw
Posted by 失敗者 at 2010年06月25日 14:17

そんな書き込みしてて悲しくない?
Posted by 成功者 at 2010年06月27日 07:25
>就活浪人中
一つは自分は何が出来るのか考えること。
必要ならば、他の方のコメントのように
国内外の学校に入ったりしても良い。
正社員登用の道のある企業を探して、期間雇用から入ると言う手もある。
自分の状況や周囲の環境を斟酌して柔軟にポジティブに進んで欲しい。

>3年
小さいことを言わない方が良い。
インターンは全てじゃない。
インターンに受かったら、採用されるわけではないし
インターンに受からなくても、
その会社のことを知る最善の機会が失われるわけじゃない。
そして実際インターンに受かったのに、
その効果を極大化できない人も少なくない。
要は当人の努力次第。

>失敗者
当該質問に係る回答はこのブログを総合的に見れば、
分かるだろうし、安心できるかと。
気になったのが京大理系院1留という前提の書き込み。
京大院というところに依拠してるのか、1留に依拠してるのか
自覚は無くても、捉え方によっては、そう見える。
就活の先にあるのはあくまでもスタートであって、ゴールじゃない。
大変だが、楽しんでやって欲しい。
Posted by ものは考え様 at 2010年06月27日 18:49
メタルさん、いつもありがとうございます。

留年と専門職大学院(ロースクールやアカウンティングスクール)への進学(しての就活)を比較しても、留年の方が良いのでしょうか?

質問にお答え願えればと思います。
Posted by 迷い中 at 2010年07月11日 15:51
就活板のアイドルのっくんです・・
このスレを鵜呑みにして夏インターンを受けたら軒並み全滅しました;;

やはり去年受けてデータが残っているのが大きいのでしょうか?;;
某会社は新規エントリーしたのに去年のデータが初期値として残ってましたし;;
春に総合商社を受けたときは全通したESが数ヵ月後の外銀夏インターンで全滅です;;

死にたい;;
これじゃあ冬にもう一度受けても同じだよぉ;;
ひんひん;;
Posted by のっくん@元就活の貴公子 at 2010年07月21日 09:59
助けてェ・・;;
Posted by のっくん@元就活の貴公子 at 2010年07月21日 12:06
ひーん;;
ぺろぺろ・・;;
Posted by のっくん@元就活の貴公子 at 2010年07月28日 22:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113177105
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。