2009年02月14日

外資系投資銀行の年収−給料とボーナスについてA

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/column/after/187/


参考になりましたらぽちっとお願いします。

こんばんは、メタルです。

金曜日は久しぶりに飲みました。
この時期は、どのファームもボーナスの支給が終わったころで、
同業他社の人たちと飲むと、必然とボーナスの話が挙がります。
もちろん専らの話題は、「リストラ」と「転職」ですがね。

そんなわけで、今日は給料とボーナスについてAです。
(@は3年前くらいに書いた記事)

※以下のお話は、どこかのファームに言及しているわけではありません。あくまでもざっくりとした一般的な給与体系ですので、ご参考程度に。

====================================================

◆概論

外資系投資銀行の給料は、
「基本給+ボーナス(年1回)」で支払われます。
コンサルティング、プライベートエクイティ、ファンド、野球やサッカー選手などの
いわゆる「プロフェッショナル職」に見られる給与体系です。

プロ野球で例えると、
阪神タイガースの金本選手は、08年12月25日の契約更改(来年の給料を決める日)で、
「年俸5億5,000万円+出来高払い」でサインしています。
これは、2009年1月から12月まで、毎月口座に5.5億円を12等分した4583万円が
振り込まれるという意味です。
(正確には、4583万円から税金が引かれた金額ですが。)
そして、「出来高払い」となっているのが、いわゆるボーナスのことです。
ホームラン30本以上、打率3割以上、ペナントレース優勝とか、
一定の基準を達成すると、ご褒美としてもらえるお金です。
この例でいうと、2010年2月ごろに一括で振り込まれます。

ちなみに、「年俸」という言葉が引っかかるかもしれませんが、
年俸とは、雇用契約における労働の給与形態の一種であり、実は明確な定義は存在していません。


◆年俸とは

本来の意味は、
「年度末の評価で、翌年1年間の総支給額(年俸)を決めて、それを12で割った金額が毎月振り込まれる」制度です。
年俸の中には、残業代や通勤時交通費、ボーナスも含まれています。
ゆえに、経費で落とせる費用以外は、全部自腹ってことですね。
ちなみに原則通りの年俸制を採用している企業は少ないです。

また、
「年俸にボーナスは含まれるのか?」
との疑問があるかと思います。
この回答は、「会社によって違ってきます。」が答えです。
正確な定義がないだけに非常に曖昧な言葉になっています。

例@:
「年俸を16で割って、16分の1を毎月、16分の2ずつを6月、12月に別途支給する」
といった規定であれば、年俸にボーナスは含まれています。

例A:
「基本給(年俸)を12で割って、12分の1を毎月支給する。そして12月には別途、業績・評価に応じてボーナスを支給する」
との規定であれば、年俸にボーナスは含まれていませんので、別途貰えます。
多くのプロフェッショナル職では、この形式が採用されているようです。


◆話を戻して、投資銀行の基本給

基本給は、ベースサラリーとも呼ばれます。
1年間の支給額の合計金額のことです。
ボーナスは別に支給され、ここには含まれません。

仮に2008年の基本給が700万円だとすれば、
2008年1月〜12月は、毎月それを12で割った58.3万円が振り込まれます。
実際には58.3万円から税金・年金が天引きされて手取り50万円前後になります。

そして、2008年11月ごろの年末となり、基本給の改定が行われます。
上司とのミーティングで
上司「君の来年(2009年1月〜12月)の基本給は、800万円ね。」
と言われれば、翌年は毎月66.7万円が振り込まれます。
この66.7万円には、残業代や通勤手当ても含まれています。
深夜まで働こうが、土日も働こうが、月々貰える金額は変わりません。

基本給の上昇率は、
毎年15〜20%とか年間100万円とか言われます。
直近の金融危機で、殆ど上がっていないとの話も聞きますが、
いちいち人の給与明細を見ているわけではないので、噂ベースでしか知りません。
VP(7年目以上)になると、殆ど上がらないと聞きます。
彼らはボーナスの幅が大きいですからね。

あと、人事や、IT、サポート職のミドル、バックオフィスの人は、
「20万円ぐらいしか上がらかった」と、飲み会で愚痴をこぼしているのを聞きます。
でも新入社員でも基本給500万円とかで、勤務時間は9時〜18時、
残業すれば残業代も出る、おまけにリストラも比較的少ないとなれば、
十分だろと突っ込みたくなるのですが・・・。
個人的には、外資系のバックオフィス(秘書も含め)が
サラリーマンとしては、一番コストパフォーマンスがいいのではと思っています。

ちなみに、年1回の基本給の改定のときに
「金額は交渉できるのか?」と言われれば、まず出来ないと思われます。
少なくとも若手は
「あっ、はい、わかりました。来年もがんばります。」としか言えない(笑)


◆投資銀行のボーナス

投資銀行で大半を占めるのがこのボーナス。
年度末に1回支給。
会社の業績、個人の成績、評価に連動します。
(※評価制度は、360度評価と呼ばれますが、別途記事にします。)

若手の場合は、評価(360度評価)が大きく影響してきます。
いわゆる、「使える奴」か「使えない奴」で評価されます。
個人の業績はほとんど関係ないというか、まだ直接収益を上げられる立場ではないからです。

・IBDの場合は、手数料の大きい案件に携われるかどうかは、
 たまたまそれにアサインされて、たまたま案件完了まで漕ぎ付いたという「運」です。

・マーケット(営業)の場合は、1、2年目から大きな成績を挙げられる人は
 ほとんどいません。大口の客はまず持たせてもらえません。

・トレーダーであっても、1、2年目は先輩トレーダーのアシスタント、情報取得、
 決まっている小さいトレードを正確にこなすかとか、そんなもんです。

学生時代の就職活動のときには、
「3年目トレーダーで1億稼ぐ人がいてさー」
とか話も挙がりますが、ほんとに一握りで例外ですし、
1億円のボーナスを貰うためには、会社に10億円超の儲けを出す必要があります。

そんな感じで、
どのくらい貰えるのかなどボーナスに関しては、また次回。

以上になります。


>>外資系投資銀行の給料とボーナス@へ

>>外資系投資銀行の給料とボーナスBへ

>>外資系投資銀行の評価制度(360度評価)へ


参考になりましたらランキングをぽちっとお願いします。






◆給料をFXで運用しよう(宣伝)
伊藤忠関連会社、手数料0円、2000円キャッシュバック、FX本プレゼント


手数料無料、5000円現金還元、レバレッジ最大約100倍、100通貨単位でok


手数料無料&口座開設でFX書籍と1万円現金還元。


※高額現金還元がありますが、どのFX会社も会員獲得競争が熾烈なため、やっています。証券会社としては、口座を作ってトレードさえしてくれれば、2銭のスプレッドを抜いてすぐ元が取り戻せるため、マーケティング費として多額の先行投資をしています。





◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 21:19 | 東京 ☀ | Comment(9) | TrackBack(0) | 投資銀行に入社後
この記事へのコメント
次回期待しています、よろしくお願いしますー。
Posted by 通りすがり at 2009年02月15日 01:35
情報豊富すぎてワロタw
あと、平易な文章のまとめ方、言い回し、論理構成とか、さすがです。本でも出せばいいのに。
貴サイトが就活生の間で神サイトと呼ばれるゆえが分かりました。


Posted by おかげさまで at 2009年02月15日 01:57
メタルさん、最後のリンク3つ
>>外資系投資銀行の給料とボーナス@へ

>>外資系投資銀行の給料とボーナスBへ

>>外資系投資銀行の評価制度(360度評価)へ

のリンクが切れています。
すごく気になる所なので、もし既に書かれているようでしたら変更をお願い致します。

また、今度のお楽しみと言う事でしたら、
楽しみに待たせて頂きます。


それにしてもバックは20万(3〜4%UP?)か・・・。
はぁ〜〜。気が重い。
Posted by apple at 2009年02月15日 18:45
メタルさんの貴重な情報にいつも感謝しております。
外資はドライドライと言われるのですが、
実際の「縦横の人間関係」また「部署をまたぐ人間関係」などの実情を教えて頂けると助かります。
Posted by apple at 2009年02月15日 18:51
>>外資系投資銀行の給料とボーナスBへ
>>外資系投資銀行の評価制度(360度評価)へ
この2つはこれから書かれるということですね。
期待しています。
Posted by うえのひと at 2009年02月15日 20:45
"給料とボーナス"の@はコッチだよ→http://gaishi.seesaa.net/article/27273329.html

てか検索機能ついてるんだから調べなよ。
Posted by ヒマだと言われるか知らんけど at 2009年02月16日 16:58
この時代になって、検索すらできないって社会人失格だよな。
ググレカスもいいとこだ。
Posted by   at 2009年02月16日 20:51
ブログ主の書いてる内容は
いつも当たり前のこと
Posted by みなさん”家畜”のほうが向いてるんじゃないですか at 2009年02月23日 17:05
そんな当たり前のことをみんな知りたいんじゃないかな。
Posted by t at 2009年03月21日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114147587
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。