2009年05月14日

2011年向けインターンシップ・・もうそんな時期ですね。(リクナビ2011)

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/recruit/others/198/


(2009年5月18日追記済)
こんばんは、メタルです。

もう2011年度向けのインターンシップを考える時期になりました。
例年通り、募集やエントリーが開始するのは6月1日以降かと思いますので
今から焦る必要はありませんが、
そんな時期が近づいてきたことを知ってほしく、イベント紹介ですが記事にしました。





◆みん就開催:「みん就フォーラム インターンシップ&ビジネス編」
 http://www.nikki.ne.jp/event/20090530

【日時・場所】
2009年5月30日(土) 東京(六本木アカデミーヒルズ40)

【備考】
・「読売新聞を読もう」なんてコーナーがあるが、少なくとも就活時は日経新聞を読みましょう
・参加企業は一流どころ多し



◆マイナビ開催:「マイナビインターンシップフェア」
 http://job.mynavi.jp/conts/2011/ppre/index.html

【日時・場所】
2009年6月7日(日) 東京(新宿NSビル)
2009年6月16日(火) 大阪(ハービス大阪)
2009年6月17日(水) 福岡(アクロス福岡)

【備考】
入場無料、入退場自由、服装自由

【参加企業】
未定



◆学情ナビ開催:「インターンシップイベント」
 http://www.gakujo.ne.jp/2011/events/shigopuro/event/index.html

【日時・場所】
2009年6月6日(土) 東京(ベルサール六本木)
2009年6月20日(土) 大阪(大阪ビジネスパーク)
2009年6月27日(土) 名古屋(名古屋国際会議場)

【参加企業】
未定(5月中旬公開)



◆ブンナビ開催:「インターンシップLIVE!2009」
 http://bunnabi.jp/2011/

【日時・場所】
2009年6月13日(土) 東京ドーム 
(参加予約受付は6月1日から)

【備考】
入場無料、入退場自由、服装自由

【参加企業(大手・例年特に人気のある優良企業)】
・集英社(出版)
・日本テレビ(放送)
・テレビ朝日(放送)
・読売新聞東京本社(新聞)
・三菱重工業(機械)
・野村不動産(不動産)
・丸紅(総合商社)
・第一生命保険(生命保険)
・日本生命保険(生命保険)
・大和証券グループ本社(証券)


【参加企業(その他)】
・住友不動産販売(不動産)
・ジュピターテレコム(放送)
・富士ゼロックス(コンピュータ・通信機器)
・東京エレクトロン(半導体・電気・電子機器)
・中央出版(出版)
・日興コーディアル証券(証券)
・バンダイ(ゲーム・アミューズメント機器)
・新日鉄ソリューションズ(情報処理)
・ニトリ(専門店(建材・インテリア)



◆合同説明会は参加して意味があるか?

過去ログですでに言及済みですが、インターンシップの場合の「会社説明会」は、
コストの問題で「合同説明会」に出展する企業が殆どです。
必ずしも行く必要はありませんが、就活の雰囲気を感じてみるために
一度くらいは行ってみるといいと思います。
ちなみに服装自由となっているが、スーツ着てる人が半分程度。
「就活始まったな」という身が引き締まる気分を感じるためにも
一度スーツで行ってみるのもありかもしれません。



◆2009向け、2010向けの過去ログ(インターン情報)をご参考までに。

・2009@ http://gaishi.seesaa.net/article/39964622.html
・2009A http://gaishi.seesaa.net/article/44274066.html
・2009B http://gaishi.seesaa.net/article/45652862.html
・2010@ http://gaishi.seesaa.net/article/95641193.html
・2010A http://gaishi.seesaa.net/article/99036719.html



◆インターンシップを目指す方、新4年生(内定者など)、社会人の方へ

ご存知のとおり、
近年の優秀層の早期囲い込みと、
景気悪化による買い手市場の採用環境下では、
早期の就活スタート及びインターンシップへの参加が、
「希望する企業の内定獲得」の重要な要素の1つになってきています。

そこで、もしブログやmixiなどで情報を発信されているようでしたら、
本内容(そろそろインターンシップ説明会などが始まる事実)を
周りに伝えてあげてほしいと思っています。

もちろん本記事にリンクを貼って紹介頂けるとありがたいですが、
そうでなくとも、後輩にインターンシップがスタートし始めている事実や
上記イベントがあることなどを教えてあげてください。


例年、「もっと早く情報を仕入れていればよかった。」、「そもそも気付かなかった。気付いたときには時遅し」・・なんて話を聞くととてもさびしくなるので。

本サイトを読んでくれている新4年生は、ぜひよろしくお願い致します。

以上になります。
また近日更新。
ちなみに結論だけ述べると、転職はしないことにしました。




=========================

(2009年5月18日追記)

◆Q&A
自分は月末にみん就のに行くのですが、こういうのって主催社ごとに違いなんてあったりするものなんですかね?

インターンシップイベントは、どれに行っても正直同じです。
大手企業が参加しているものを選びましょう。
上記で紹介している4イベントは、いずれも大手が参加します。

イベント自体は、告知のためなので、
参加しなければエントリーできないなんてことはありません。
複数回行く必要はなく、1度行けば十分です。

日程が合うものを選べばいいと思いますが、
直近では、みん就イベントに参加すれば十分かと思います。

ちなみに、本選考時(秋以降)の合同説明会は、参加する必要は皆無です。
それらに参加する企業は、基本的に自社では学生が集められないので、
合同説明会にやってくるのです。


以上になります。

参考になりましたらぽちっと。


◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 01:37 | 東京 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | その他超一流企業の採用情報
この記事へのコメント
最後の一行に関する更新、期待しています。
Posted by 通りすがり at 2009年05月14日 23:47
自分は月末にみん就のに行くのですが、こういうのって主催社ごとに違いなんてあったりするものなんですかね?
Posted by t at 2009年05月15日 01:34
非常にありがたい記事です。今後も更なる役立つ情報楽しみにしてます
Posted by 3年 at 2009年05月17日 00:51
記事内に回答しました。ご参照ください。
Posted by メタル at 2009年05月18日 02:09
昨日みん就に行ってきました。
メタルさんがおっしゃる通り、どれか一つで十分だと思いました。
Posted by みん就参加者 at 2009年05月31日 17:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119412791
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。