2009年06月07日

博報堂の採用情報(博報堂インターンシップ選考、攻略法、筆記、面接、コネ、持ち株会社とは、メリット、デメリット、大学再編)

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/recruit/others/202/


参考になりましたらぽちっとお願いします。

こんばんは、メタルです。
博報堂がサマーインターンシップの募集を始めましたね。

2010年度内定者に
博報堂の採用情報を投稿いただきましたので、
そちらと関連させて紹介いたします。
※ちなみにこちらを投稿いただいた内定者は、電通の選考詳細の投稿者とは別の方で、コネなし内定とのことです。参考までに。

では、以下どうぞ。

=======================================

◆博報堂の概要

博報堂。
総合広告代理店で、国内広告業界第2位。
1位は電通、3位はADKです。

広告代理店の「ビジネスモデル」、「電通と博報堂との違い」などは、
電通の記事に書いたので、そちらをご参照下さい。
電通の記事はこちら

博報堂について、雰囲気や社風を挙げておくと、こんな感じらしい。
 ・「第二配属」で原則全員が異動
 ・カンパニーには所属も営業局にはいないコネ組
 ・中途入社組は各局に1人程度
 ・年俸制だが約10年は年功序列的
 ・入社年次主義
 ・業績評価で多少の差がつく
 ・有休どころではない
 ・タレントの都合で土日に出勤
 ・ノルマのプレッシャーは弱い
 ・本妻の博報堂、愛人の電通

ちなみに博報堂は、2003年に大広、読売広告社と経営統合しています。
博報堂DYホールディングスという持ち株会社に、
博報堂、大広、読売広告の3社がぶら下がる形式です。

持株会社にすると、管理部門の一元化によるコスト削減、
グループでの一括仕入れ、機動的なM&Aのしやすさ、節税メリットなど、
いくつかの効果がありますが、就活でそこまで気にする必要はありませんね。
持株会社については気が向いたら書きます。

あと、博報堂スタイルなんて本が出ていますが、
こちらは特に読む必要はありません。
内定者とか、最終面接前とかに気が向いたら読んでみればいいかと思います。


◆博報堂インターンシップの概要

[実施内容詳細]
広告ビジネスの基礎を講義形式。
課題解決ワークショップ(特定の商品を題材に課題解決策提案&発表)

[資格・対象]
2010年4月から2011年3月の間に国内外の4年制大学大学院を卒業・修了見込

[募集人数]
60名(予定)

[期間]
2009年8月10日(月)〜8月21日(金)の2週間

[実施場所詳細]
博報堂および博報堂DYメディアパートナーズ本社ビル

[報酬・交通費]
日当2,000円(交通費、食費含む)

[申し込み期間]
2009年6月30日(火)までにWEBエントリーかつES提出

[申し込み方法]
http://www.hakuhodo.co.jp/employment/

[インターン選考方法]
ES→1次面接(7月中旬)→2次面接(7月下旬予定)→決定

[博報堂インターン内定までのプロセス(他サイト)]
http://student.jobweb.jp/member/myPage/member_id/2074844/blog_id/13004
※2010年度に受験された方の投稿をお待ちしています。


以下、本選考の採用プロセスです。


◆博報堂攻略(内定)までの道のり

@サマーインターンシップ経由、とA通常選考、の2パターンになります。


◆本選考の流れ

@夏のインターン組
 インターン参加者は、1〜2月に面接があります。
 面接を数回して、3分の1ほどに早々と内定が出ます。
 ゆえに、博報堂のサマーインターンは、採用直結であると言えます。

 夏インターン選考の面接に落ちても、一般選考で内定は取れるみたいです。
 「インターンに行ったけどインターン後の面接で内定はもらえなかった」人が
  一般選考でどうなるか、というのはわかりません…ごめんなさい。

A通常選考

 ES→筆記→1次面接(集団)→2次面接(個人)
 
  →3次(GD+ディベート+作文+クリエイティブテスト)→最終面接



◆ES

ESは面白さに自信があるならめいいっぱいネタを積み込んでいいと思う。
しかしそうでないなら普通に書きましょう。


◆筆記

普通の紙SPI+クリエイティブテスト。
SPIは簡単。
クリエイティブテストとは、
コピーライターの素質があるかどうかを見分けるためのもので、
センスがある人にだけ点がついて、センスが無いほとんどの人には0点が付く模様。
選考には基本的に関係無いので対策もいらないし、
面白いことが書けなくても心配ない。


◆1次面接

学生3vs社員2のグループ面接。
20分程度。
ESを元に質問され、質問内容は以下のとおり。
・まず自己PR(1分半くらい)
・ESにあった「あなたが流行ると思うもの」についての質問
・ESから気になったところを質問

一般的な集団面接でした。
2次の個人面接で周りと喋っている限りでは、
かなりレベルが低い人も残っていたので、
集団面接は普通に会話ができればOKだと思います。
また、人数的にもそもそもあまり落ちていないはず。


◆2次面接

学生1vs社員2の個人面接。
人によって時間が多少異なるようですが、
流れ作業でやっているので、短くて10分、長くても20分程度。
集団面接と同様で一般的な質問。
・自己PR
・学生時代頑張ったこと
・広告代理店の志望動機
・OB訪問した?→いいえ→してみなよ?

OB訪問をしていなかったことを突っ込まれました。(全然圧迫気味ではない。)
また、「なぜ博報堂か」は、自分の場合は聞かれませんでした。
クリエイティブの方も面接を担当していました。


◆3次選考

作文+クリエイティブテスト+GD+ディベート
4種類のてんこ盛りで、10時から15時まで丸々かかりました。

まず作文。
「テレビCMの今後について」というお題で900字。
広告業界についてこれだけ理解してきてますよ、
っていうのを、アピールする場所だと思う。

クリエイティブテスト。
今回も無視して結構だと思われる。

GD。
「コンビニの成長戦略」のお題。
6人グループで50分。
しかしあくまで日系なので、外資のような素早いスピードで議論を展開するというより、
落ち着いて議論をリードしていけば問題ない。

ディベート。
GDと同じグループで行います。
「裁判員制度について」がお題。
賛成派と反対派を入れ替えて、計2回行います。
GDと異なり、自分の主張を決められた状態で議論するので注意。
ここで3分の1ほどになる模様。


◆最終面接

学生1vs役員4人で20分。
質問は、オーソドックスにESから。
ここまで来たらきちんと自分の思いをぶつけよう。
「博報堂と博報堂DYメディアパートナーズの志望度の割合は?」
という質問が必ずされるので、ここも説得力のある答えを。
半分ほどが内定の模様です。


◆投稿者の総括:広告代理店の面接攻略法

思うに広告代理店の面接は、面接官との相性がかなり重要です。
私の友人の博報堂内定者はすごく優秀なはずですが、
電通は1次で落ちていました。
一方、電通内定者でかつコネ無しでも、「なんでこいつが?」という人もいます。
「面白いやつ一本釣り」なので、一般的に優秀かどうかより、
本当にその面接官に気に入られるかが勝負みたいです。

就活ではよく、
「自分のしてきた経験自体の面白さより、そこから何を得てどう考えたかみたいなことを論理的に話せて説得力があれば、経験自体は凡庸な経験(テニスサークルで頑張ったとかその程度のことでも)でもOK」
ということを聞きます。
実際私の知人でも特に面白い話は全くしていないのに、
頭がいいために、商社に複数内定してる人もいます。
(なのでその人に少なくとも私は人間的な魅力は感じません。
 働いたら仕事ができそう、とは思います。)

しかし、きっと広告代理店(やテレビ局など、いわゆるマスコミ)に、
コネ無しで入社するには凡庸な経験を論理的に話せる力よりも、
多少言葉はめちゃくちゃでもいいから、自分が如何に面白い奴かというのを
アピールできる人材である必要があると思います。

◆リンク及び参考URL

 ・電通の選考詳細・攻略法・広告業界のビジネスモデル
  http://gaishi.seesaa.net/article/119955739.html
 ・My News Japan
 http://www.mynewsjapan.com/reports/162


以上になります。





参考になったらこちらをぽちっとお願いします。


◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 18:24 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | その他超一流企業の採用情報
この記事へのコメント
メタルさん

いつもお世話になっておりました。
改めて御礼申し上げます。ありがとうございます。

さて、上記本文の

 「インターンに行ったけどインターン後の面接で内定はもらえなかった」人が
  一般選考でどうなるか、というのはわかりません…ごめんなさい。

という部分ですが、
内定はもらえるようです。

友人はインターン後の面接は落ちましたが、通常選考の方から内定をもらえています。


さらに補足させていただくと、

広告会社には「面白い」やつしか受からない

という趣旨の記載があり、投稿者の方の意図がよくはわからないのでなんとも言えないのですが、

そうとは限らないのではないか、というのが僕の感想です。

結局は「面白い」の定義によるところなのですが、
なにもギャグ系の人間しか受からないなんて事はありませんし、
死ぬほどユニークな経験をしてないと行けないなんてことはないと思います。

内定した友人はそこまで面白い人ではありません笑

ただ、自分の考えや、価値観などを自分の言葉で語れることは他の企業よりも必要なのかもしれません。

酒飲んで自分の人生観を熱く語ってくれる人って話してて「面白い」ですよね?
そういう面白さは必要なのかもしれません。

あくまで友人の博報堂・電通の内定者2・3名を見ていて思うことです。

面白くなきゃ受からない!

と今から広告会社を受ける人を必要以上にあせらす事もないんじゃないかと思い補足させていただきました。
投稿者の方の気分を害してしまったのなら本当にすみません。
Posted by 投資銀行内定者 at 2009年06月08日 01:36
このサイト感動するわ。
Posted by 神過ぎる at 2010年01月29日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120716339
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

「博報堂インターン情報」「転職で成功する人は意外と多い」他、今日の注目記事
Excerpt: うっずの就活 1「リクナビに登録してみた」 マスコミで働いてらっしゃる先輩の就活体験談です。 結構詳しく書かれているので是非読んでみてください。 博報堂の採用情報(博報堂イ...
Weblog: リクナビを使わない就職活動2011
Tracked: 2009-06-24 00:40
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。