2009年11月15日

コンサルの面接対策本の紹介

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/technic/books/233/


こんばんは、メタルです。
コンサルの面接対策本の著者から、
ぜひご紹介いただきたいとの連絡をもらっていますので紹介します。
私などが紹介しなくともすでに有名ですけどね。

「現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート」

です。以下どうぞ。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〜フェルミ推定のとっかかりと解法を体系化!〜
「現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート」
 (東大ケーススタディ研究会著、東洋経済新報社、2009年9月18日刊)

細谷功氏の「地頭力を鍛える」以来、
フェルミ推定はビジネスマンの間で思考訓練ツールとしてブームになってきました。

しかし、解説を読めば理解できるものの、自ら解法を作り出すにはあまりにもつかみどころがないものとみなされていることは否めません。また、同書は「理論書」であり、現実に習得するための「問題集」は存在していませんでした。

そこで我々は約1000問の問題を解きまくってジャンル別に体系化に着手しました。
この体系においては、ジャンルと解答の「とっかかり」が一対一対応するようにつくられています。

すなわち、問題がどのジャンルに該当するかがわかれば、
「とっかかり」がわかるようになっているのです。
この体系こそが、わたしたちの第一の付加価値であるといえます。

そして、各自で演習するに十分な問題量(+解説)を加えたのが第二の付加価値であるとおもっています。

最後にコンテンツをまとめると・・・

・フェルミ推定の体系:6パターン+解法プロセス:5ステップ
・実際の面接風景を再現!実践的解法を徹底解説!
・ジャンル別に厳選した例題15問+練習15問
・フェルミ推定厳選!100選


など「理論書」・「問題集」のいずれとしても十分、機能すると自負しています。
フェルミ推定で「脳のOS」を楽しく鍛えていきましょう!

東大ケーススタディ研究会

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


ここからは私のコメントです。
新卒採用だけでなく、将来の転職活動(コンサル)も含んで、
コンサルを受けるに当たってのケース面接対策としての使える本でいったら
以下の3冊なんだろうね。
(ちなみに、紹介文中で出てくる細谷功氏の「地頭力を鍛える」は理論編のみで、私の中では就活を考えると正直使えない本です。)

1、戦略コンサルティング・ファームの面接試験―難関突破のための傾向と対策

2、現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート

3、過去問で鍛える地頭力 外資系コンサルの面接試験問題




以上になります。





◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 23:43 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 使える就活本の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。