2009年11月21日

証券外務員試験(難易度低し。合格率高し。)

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/career/background/234/


参考になりましたらぽちっとお願いします。

こんばんは、メタルです。
段々寒くなってきました。というより、もう冬です。

さてこの時期になると、証券会社や銀行の内定者の皆様には、内定先より
「証券外務員資格は入社までに取っておいてね。」
との話がいっていることだと思います。

私自身もつい先日、内定者の学生に質問されることがありました。
「証券外務員ってムズいんですかね?」
「どのくらい勉強すれば受かります?」
「ちなみに落ちたらどうなるんですか?」

そんなわけで簡単ですが、
証券外務員資格についてのあれこれを書いてみましたので
興味があればどうぞ。


◆証券外務員資格とは・・・

金融機関などで、金融商品取引業務を行う人が必要な資格です。
要するに、銀行や証券会社でお客さん相手に仕事をする人(株やら債権やらを勧誘・販売する人)は、「証券外務員」の資格がないとダメだよということです。
とりあえず、銀行や証券会社に内定すると、必ず取らされる資格です。

いちおう1種と2種に分かれておりまして、
1種のほうが2種よりややエライ資格(扱える商品群が広い)となっています。
大抵の会社は「1種まで取ってください。」と言うと思うので、気にせず取りましょう。

あと、念のため言っておくと、「証券アナリスト」は全く別の資格ですので混同しないように。


◆取得までの流れ

晴れて内定者となり、入社まであと数ヶ月。
そして、秋も深まるころになると、何やら分厚い郵送物が会社から届くでしょう。
恐る恐る中を開けると、
1、証券外務員必携
2、会員証券外務試験対策テキスト
3、会員1種、2種証券外務員試験科目別問題集
4、"You must pass this exam before joining our team."みたいな手紙

基本的に、1の「証券外務員必携」は使いません。
未修者が読んでも、ちんぷんかんぷんであるとともに、テスト勉強の効率としては最悪です。
ちなみに入社して以後、一度も必要となったことはありませんが、
一般の書店では売っていないので、捨てないようにしましょう。
hikkei.JPG

試験勉強には、2のテキストと3の問題集を使うこととなります。
こちらはフィナンシャル・バンク・インスティチュート社
http://www.f-bank.co.jp/index.htm)が発行している書籍ですが、
多くの金融機関ではこれを採用しているみたいです。
もちろん市販のテキスト及び問題集でもOKです。
対策テキスト.JPG

資格取得に当たってですが、まず2種を勉強することとなります。
1種の受験資格は、2種が前提だからです。
ちなみに出題範囲は、
「1種」=「2種」+α
なので、2種を勉強してしまうと、1種の勉強はプラス20hくらいで済みます。


◆難易度

特に前提知識のない大学生が受験した場合で、
短期間かつ詰め込みで最短で取得しようと思えば、
2種・・・40時間程度(4日くらい)
1種・・・2種+20時間程度(1週間くらい)

です。
ほんとに勉強さえすれば誰でも取れる資格です。

まぁ余裕を持って、2〜4週間かけて勉強することをオススメします。


◆勉強法

上記したような詰め込みをするなら、
テキストをパラパラと読んで、問題集をガリガリ解きましょう。
アウトプット中心でやるといいと思います。
全て○×問題で、問題集と同じ問題が出ます。(過去問という形では売っていませんが。)
70%で合格なので、楽勝です。

上記したように、2種と1種の出題範囲は被っています。
2種の延長上に1種があるので、特に勉強法は変わりません。

ちなみにTACとかの予備校が有料講座を開いていたりしますが、受講は不要です。


◆試験の概要

問題形式・・・全部○×問題
試験時間・・・2時間
合格点・・・・300点中210点で合格(70%以上)
合格率・・・・70〜80%はあると思う。(非公表)
再受験・・・・不合格となった試験の受験日から30日間は、再受験することができません。


◆テスト範囲

「証券外務員必携」がテスト範囲になっています。
過去問という形では世の中に出ていませんが、
本番は必携対応の問題集と同じ問題が出ますので、そちらを勉強しましょう。(市販でもOKです。)
いちおう出題範囲も載せておきます。

[第1巻] B5版416頁  
証券市場の基礎知識    
金融商品取引法    
投資信託及び投資法人に関する法律  
協会定款・諸規則    
取引所定款・諸規則    

[第2巻] B5版336頁  
株式業務  
債券業務  
投資信託及び投資法人に関する業務      
付随業務

[第3巻] B5版402頁
株式会社法概論
経済・金融・財政の常識
財務諸表と企業分析
証券税制
セールス業務

出所:「平成21年版 外務員必携( がいむいんひっけい )」より
http://www.jsda.or.jp/html/oshirase/open/hikkei.html


◆ちなみに落ちたらどうなる?

私が内定者のとき、飲み会でMD(偉い人)に尋ねました。
「ああ、落ちたらクビだから。」と笑顔で言われた覚えがあります。
が、目は笑っていなかった気がします。

ちなみに正直なことを言うと、
落ちたら再試験を受けることも可能ですし、最悪仕事をしながら取る事も可能です。
クビになることはないです。
ただ、この程度で落ちているようでは先が思いやられるので、しっかり勉強しましょう。
私の知っている限りでは、落ちた人は知りません。

入社後に勉強するのは、
海外大学卒の7、8月入社組くらいですかね。
最初の1ヶ月は仕事をしながら勉強していましたね。
(ニューヨーク研修にもテキストを持ってきていたような覚えが。。。)


◆最後に

ここまで書いたように、試験自体は楽勝です。
最悪どうしても時間がない人は、
テスト1週間くらい前から本気で勉強すれば受かってしまうでしょう。

証券外務員試験は、楽勝がゆえに軽視されがち・しがちですが、
金融業における専門用語、仕組み、法律、財務など、幅広い分野を広く浅くカバーしており、非常に効率的に勉強できます。

ゆえに、軽視せずに勉強しましょう。
特に専門用語や仕組みについては、
(少なくとも外資系証券では、)入社後さも知っているように扱われますし、
誰もいちいち教えてくれないので、学生のうちにできる範囲で身につけておきましょう。
きっと入社後の吸収力が変わってくるかと思います。

なんかいいこと書いたなぁということで、本日はここまで。

参考になりましたらぽちっとお願いします。






◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 19:08 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 学歴・資格(英語含む)
この記事へのコメント
最近メタルさんのブログに以前ほど深みが感じられません。楽しみにしているだけによろしくお願いします。
Posted by 同業者 at 2009年11月24日 22:38
最近まったく参考にならずつまらん
Posted by 2011卒 at 2009年11月25日 09:07

いや、外務員の話とか役に立つだろ。
つまらないとか言ってるやつは見なければいいじゃん。
深みがないとか書いてる先輩もバカすぎ。ってか、既卒はコメントすんなよ。
Posted by   at 2009年11月25日 20:08

まあまあ落ち着け。
外務員の勉強をそろそろ始めようとしていたので助かります。
Posted by 2010年度就活生 at 2009年11月28日 07:07
メタル氏の言ってることはかなり正しいよ。
正直、「楽勝です」とだけ書いてあるブログや書き込みはみたことあるが、重要性を説いたものは少ない。
ここまでちゃんと学生の先のことまで考えてるのはなかなかないよ。
Posted by 某証券マンだが at 2009年11月28日 17:05
内定いただいた後、これとってねーと言われて
はぁ、って答えたのは良いのだけどよくわからなくて
説明していだたけで嬉しいです!
しっかり勉強します〜。
Posted by 海外大生 at 2009年11月28日 20:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133533212
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。