2010年01月11日

法的整理とは?私的整理とは?こんな時代にぜひ読んでおきたい本(企業再生プロフェッショナル、アリックスパートナーズ)

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/technic/books/240/


こんばんは、メタルです。

日本航空JALの今後で揺れる日本。
「法的整理って何よ?」
「私的整理って何よ?」
「民事再生とは?」
「会社更生とは?」

新聞やニュースで多数報道されていますが、
なかなか現場でどんなことが起こっているかは、想像がつかないと思います。
私も実務で法的整理の案件に携わるまでは、表面的にしか知らなかったです。

そんな法的整理の舞台裏を描いた、まさに必読の本が出ました。
企業再生を手がける、アリックスパートナーズの現職社員が書いています。

また、企業再生プロセスに
・再生コンサルタント
・投資銀行
・プライベート・エクイティ・ファンド (PEとは?
も出てきており、それぞれの立ち位置なんてのも分かるので、
これらの業界を目指す方々には、ぜひ読んで欲しい本です。



(以下、本の紹介文より)
企業再生の現場を舞台とした小説です。
倒産の危機に直面した企業に、企業再生のコンサルタントが入り、会社を建て直していくというストーリー。
さすが現職のメンバーによって書かれているだけあり、
実務的な手法・プロセスが手に取るように分かります。

倒産を回避するために、資金をどうやって調達するか。
資金調達のためのデューデリジュンスとはどういうものか。
銀行への対応をどうすればいいか。
先日紹介したプライベート・エクイティの
企業の再建がはじまると、会社のなかはどんな雰囲気になるのか。
私的整理と法的整理、民事再生と会社更生法、
それぞれの違い、長所短所なども分かる。


ちなみに、本書に出てくる企業再生(つまりターンアラウンド)を手がける会社は国内だと、
アリックスパートナーズ
http://www.alixpartners.jp/jp/%E3%83%9B%E3%83%A0/tabid/248/Default.aspx
経営共創基盤
http://www.igpi.co.jp/
フロンティア・マネジメント
http://www.frontier-mgmt.com/
なんて会社がありますのでご参考までに。

以上になります。

企業再生プロフェッショナル




◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 23:23 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 使える就活本の紹介
この記事へのコメント
僕もたまたま読みましたが、法的整理関連が超分かりやすかったです。
民事再生=倒産だと思っていた自分が懐かしい。
学生目線で読んでも、ほかの友達に勧めたいと思える内容でした。

しかし、著者のメンバーが豪華ですね。
Posted by 4年 at 2010年01月13日 02:31
監修のアリックスパートナーズは、GMの再生に関わるなど米国を代表する企業再生専門のコンサルティング会社です。この本はJALの再生にも関わっている日本支社の方々が書いています。JALの法的整理を前に、企業再生について理解を深めておくのもいいかもしれません。
Posted by   at 2010年01月13日 02:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138032811
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。