2010年05月31日

マース ジャパン リミテッド(Mars Japan Limited)の採用情報

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/recruit/others/258/


参考になりましたらぽちっとお願いします。

こんばんは、メタルです。
選考情報をいくつかいただいているのですが、
会社概要やビジネスモデルなどに触れながら書いていこうと思っていますので、
気長に待っていただければと思います。

アメリカに拠点を置く、世界No.1のペットフード屋、お菓子屋さんである
マース ジャパン リミテッド(Mars Japan Limited)の採用情報をご提供いただきましたので掲載致します。


初めまして、●●大学の●●と申します。
友人で外資に行く人が少なかったので、
メタルさんの「外資系への道標」にはとても助けられました。
お陰様で数社に内定をいただきました。
本当にありがとうございます!

そこで、わずかばかりの恩返しとして、
企業の選考情報を送らせていただきます。
また来年からマースを受ける方で、内定者や社員の知り合いがいない方にも
情報格差によるハンディを無くしたいと思いメールをいたしました。

メタルさんもお体に気をつけて頑張ってください。
本当にお世話になりました!
それでは失礼いたします。


それでは以下、「マースジャパン」の会社概要と選考情報です。

◆そもそもMARS,Inc.(マース)とは

MARSは一言で言えば、世界No.1のペットフード屋、お菓子屋さんです。
アメリカに本社を置き、その商品は100ヶ国以上で販売されています。
社員は4万人超。

売上高で規模を示せば、約3兆円。
日本を代表するサントリーHDやキリンHD、明治HDよりも各上です。
※参考
 MARS,Inc.(280億ドル超、2009年?)
 キリンHD(2.2兆円、2009年)
 サントリーHD(1.5兆円、2009年)
 明治HD(1.1兆円、2009年)

これほど巨大な会社ですが、非上場(プライベートカンパニー)です。
フォーブス誌「America's Largest Private Companies」で第6位です。
http://www.forbes.com/lists/2008/21/privates08_Americas-Largest-Private-Companies_Rank.html



◆MARS,Inc.(マース)のブランド

見たことのあるロゴも多いかと思います。
Marsの主要ブランドです。
Mars_01.jpg

売上高構成としては、
 ペットフード・・・・・45%
 お菓子・・・・・・・・・45%
 食品/飲料・・・・10%
程度です。

ペットフードは有名ですね。
お菓子だと、特にチョコレートが有名かもしれません。
また、日本での販売は少ないですが、Wrigley(リグレー)ガムも有名です。
※2008年にガム最大手Wrigley社をバフェットと230億ドルで買収しています。
 http://blogs.yahoo.co.jp/maxmonja/19925199.html
 http://fpkijima.com/kanenasi/70


◆マース ジャパン リミテッド(Mars Japan Limited)について

マースジャパンは、
 売上:500億円程度
 社員:250人程度
の規模です。
日本本社のほうがアメリカ本社よりも社員数が多いとのこと。
(※会社セミナー情報)

他の多くの外資系企業と同様に、「ローカルの権限が強い」と謳っています。
実際、「パーフェクトフィット」という商品などは、
日本発で海外でも売っているので嘘ではないのかも。

日本法人の所在地は、目黒の雅叙園にあるアルコタワー9F。
オフィスは目黒のみで、9Fワンフロアー。
フロアで猫を2匹飼っています。

会社のポリシーとしては、「5原則」と「make the difference」が挙げられます。
「5原則」とは、
自由・責任・互恵・品質・効率の5つで、マース社員が従うべき価値観。
「make the difference」とは、
勇気を持って現状を変える開拓者精神のことで、マースが重要にしている価値観。
詳しくは会社サイトを見てください。

給料は、日本の食品メーカーとかよりは断然いいと思われます。
@プライベートカンパニーゆえに、従業員還元を厚くしていると思われることと、Aペットフード、チョコ、ガムといった、一定の需要がある「金のなる木」的なビジネスを展開していることからも想像できます。



◆人材について

新卒採用は、ここ7年ほど行っていて、毎年3〜5名の内定者を出しています。
受験者層は、外資系金融・外資コンサル・外資メーカーを受けている人が多い。

他の外資系内定者などもばんばん落ちる程、リクルーティングが特殊。
優秀さよりも、カルチャーにフィットするかどうかをとても重要視。
選考で出会った学生たちはみなオープンで話しやすく、魅力的な人が多い。

働いている方も非常に人間的に魅力的な方が多い。
入社までにTOEIC900を取るレベルの英語力を求めている。


◆給料や働く環境

新卒では403万+残業代。
ワークライフバランスがとてもよい企業らしい。
月の残業は社員平均すると30時間以内とか言っていた。
フレックスタイム制なので、9時30分や10時から出社する若手社員を知っている。

新卒はMLPという3年間のプログラムに入ることになる。
将来の経営リーダー候補として、
少数精鋭で早期から重要な仕事を与えて育てると謳っている。


◆採用プロセス

「ES→WEBテスト(TG−WEB、算数/国語)→
  
  →GD→英語WEBテスト(TG−WEB)→人事面接(2対2)→

  →部署面接(1対1×3回)→最終プレゼン(英語)+最終面接(1対1×3回)」



採用セミナーにて、
「採用は、前期と後期に別れているが、特に有利不利はない」と言われる。
しかし個人的には、前期を基準に後期を考えるので、
やはり後期はやや不利になる気がする。
もし前期で優秀な学生が多ければ、
後期の多くの学生は最終まで残れないのではないかと思う。

最終面接まで日程は別だが、内定の連絡は前期も後期も同じ。
最終まではほとんど、即日通過連絡をもらえる。

グループディスカッションや面接の度にお菓子を食べられる。
また面接を通過する度にフィードバックをもらえる。
人事面接通過後は、希望すれば会いたい社員に会わせてもらえる。
非常に学生に対してもフェアーに情報を開示しようという意志を感じた。


@ES

1.学生時代に経験した最も大きな壁と、その壁をどう乗り越えたかを教えて下さい。
(400文字以内)
2.その経験を通して得た、自分自身についての気づきや発見を教えて下さい。(400文字以内)


AWEBテスト

TG−WEBは市販の問題集と同じ問題が出ることが多いので、やっておくとよい。
 【TG-WEB対策用】「Webテスト」完全突破法【2】 2011年度版

とても優秀な友人もESとWEBテストで落ちていた。
おそらくESはかなり詳しく見ている。
また、WEBテストの足きり点数も高いと思われる。
前半組はこの時点でおそらく100人ほどに絞られていた。


Bグループディスカッション

私の時のお題は
「現在の日本における就職活動の本質的な問題点とその解決策を述べよ」
毎回お題は変わるはず。
たしか6人チームで30分話し合って、結論を社員にプレゼンした。

ポイントとしては他社のグループディスカッションと同じで、
・自分の意見を言うこと
・他人の話をちゃんと聞くこと
・時間内に答えを出すこと、などなど。
倍率は5倍程度。


C英語WEBテスト(TG−WEB)

全然できなかったが通過したので、そんな意味はなかったのかも。


D人事面接

2対2での面接。
聞かれるのは主にESに書いたこと。
2人で30分なのですぐ終わる。
・なぜその行動をおこしたのか
・もっと上手くできなかったのかなど、聞かれた。

たまにトリッキーな事を聞かれるが普通に答えればよい。
倍率は4倍程度。


E部署面接

全ての部署のマネージャーと面接。
おそらくカルチャーフィットを見られている。
聞かれるのは
・ESに書いたこと
・志望動機など。

営業部ではケーススタディーを出された。

この日の夕方に人事含む社員数名と受けていた学生で飲みに行った。
倍率は1倍、つまり全員通過であった。


F最終英語プレゼンテーション+役員面接

部署面接通過後に課題を出され、最終面談まで2週間ほど空く。
その間、人事がつきっきりでプレゼンを見てくれアドバイスをくれる。
めちゃくちゃお世話になる。

英語プレゼンテーションのお題は
「what is your biggest make the difference」
自分が今までに起こした一番大きな変革をプレゼンする。

5分間で英語にて発表し、その後15分間質疑応答。これは日本語。
内容の凄さよりも、その時どう考えていたかなどの思いを伝えることが重要。
英語プレゼンは英語にびびらず普通にやればよいと思う。
ちなみに私は発表前夜までスクリプトを覚えていなくてかなり焦った。


プレゼン後の役員面接。
今までの面接と同じようなことしか聞かれない。
とにかく
・「あなたはどんな人」
・「なぜうちの会社」
かを答えられればよいと思う。
とても魅力的な方が多くテンションが上がったのを覚えている。
倍率は2倍。


◆マースを受ける上で気をつけること

あまり自分を作らずに素で面接などを受けることを推奨します。
とにかく楽しんで面接やグループディスカッションを受けると良いと思う。


◆最後に

とても魅力的な社員の多い企業ですし、
社員数も少なく一人あたりの責任も重い会社だと思う。
最後に参考としていくつかのHPのリンクを乗っけておきます。


◆役に立つリンク

wikiに載っているマース本社
 http://en.wikipedia.org/wiki/Mars,_Incorporated

就活ブレイキングニュースにおけるマース選考情報
 http://www.breaking.jp/breakingnews/archives/2008/03/03/entry711.html

マースのブログ(内定者ブログ)
 http://ameblo.jp/marsblog/

Mars, Inc.
 http://www.mars.com/global/index.aspx

マース ジャパン リミテッド
 http://www.marsjapan-recruit.jp/index.html


以上です。

参考になりましたらぽちっとお願いします。



◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 02:56 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他超一流企業の採用情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151616558
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。