2010年06月09日

細野真宏先生の最新本(最新の経済と政治のニュースが世界一わかる本)が発売

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/technic/books/261/


こんばんは、メタルです。

弊サイトでオススメしていた細野先生の経済最新本が、
2010/6/4に発売になりました。

直近の必須時事である「国の財政破綻」も扱っているみたいだし、
「事業仕分け」、「霞が関埋蔵金」、「プライマリー・バランス」、「民主党の年金改革案」、「子ども手当」なども取り上げています。
就活生を含めた学生は、絶対に買いだと思います。
ぜひどうぞ。

最新の経済と政治のニュースが世界一わかる本!



●「どうして日本では、景気が悪い状況が続いているの?」
●「どうして政権交代が起こったのに、経済は良くなっていないの?」
●「どうして国の借金は増え続けているの?」
といった“現在の日本経済”に対する「素朴な疑問」から、
●「将来、消費税はいくらまで上がることになるの?」
●「将来、国の年金は本当にもらえるの?」
●「日本の借金は先進国で『最悪』の水準らしいけど、国の借金は大丈夫なの?」
といった
“将来の日本経済”に対する「素朴な疑問」まで、
徹底的に分かりやすく解説しています!
さらに、
「特別会計」
「事業仕分け」
「霞が関埋蔵金」
「プライマリー・バランス」
「民主党の年金改革案」
「子ども手当」
「国の財政破綻」
などの“最新のニュース”を理解するための
最重要トピックスも完全に網羅し、
この1冊で“あらゆるニュース”がすべて頭の中でつながります!!

細野真宏 (ほその・まさひろ)著





◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 01:19 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(1) | 使える就活本の紹介
この記事へのコメント
メタルさん

はじめまして。
ブログランキングから参りました
ククリと申します。

細野先生の新刊本が発売されるのですね。
私は細野本読者の一人なので購入するかもしれません。

細野さんは、着眼点がよくまたロジカルに
ものの本質を捉える姿勢がいいですね。
今後のご活躍が楽しみです。

「就活生を含めた学生は、絶対に買いだと思います」はごもっともだと思います。

それでは失礼致します。

Posted by ククリ at 2010年06月12日 10:56
こういう簡単な本を何冊も読むよりも、経済学の教科書を一つ読んだほうが勉強になると思うのですが、どうですかね?
Posted by 名無し at 2010年06月30日 21:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

日本の借金
Excerpt: 弁済(べんさい)とは、債務者(又は第三者)が債務の給付を実現することであり、債権(債務)の本来的な消滅原因である。日本借金返済プラン紙幣の増刷1000兆円やるとインフレがおきますよね。・仮に、市.....
Weblog: なにわ金融道~借金の掟~
Tracked: 2010-06-12 20:10
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。