2010年07月08日

いくつか名著のご紹介。時間があれば読んでみて下さい。「20歳のときに・・・」

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/technic/books/269/


こんばんは、メタルです。
最近読んだ本の中でアタリだけ。
その前に1冊だけクソ本を紹介しますが、過去に年末年始に読んだ本
お厚いのがお好き?という「世界の名著のチート本」を紹介しました。
で、これがなかなかよかったので、
あらすじで読む 世界のビジネス名著ももしやと思いまして買ったのです。
しかし、これがほんとにあらすじのみで、ほんとにただのカタログみたいな本。
開いて30秒で読むの辞めました。


さて、名著の紹介。

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

タイトルが「20歳のときに・・・」となっていますが、
今年で20代を折り返し、社会人も数年を過ぎた僕らが対象なんではないかと思える本。
大学生が読んでも面白いと思いますが、社会人経験をした人にはもっとためになります。
書評が非常に高かったので買いましたが、当たり!
ぜひ読んでみてください、久々に付箋を貼って読了した本です。




これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

「20歳のときに・・・」とまとめ買いしたのですがね。
高校で倫理が嫌いになって以来、哲学には触れたことがなかったのですが、
そんな哲学嫌いの私が読むべきとオススメする哲学本。
「ハーバード大学史上最多の履修生数をほこる超人気哲学講義の書籍化」なんてのを聞いて、
やはりこういうのは原書(Justice: What's the Right Thing to Do?)で読まないとと思っておりましたが、
日本語版も秀逸です。ぜひ一読あれ。



もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

2010年上半期のヒット番付にも入っていたよね、名著というよりは話題作といった感じ。
実は出てすぐに読んだのですが、小説としてはいまいち。
そして最近、本家を読まなければとマネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版]
を買いましたが、私にはこの本のすごさは全く分かりません。
まだまだ経営に関する視点が乏しいのか、経験がないからなのか。
なんでこの本がすごいのだろう。。。




拝金

3時間で読めました。
フィクションみたいだけど、これほとんどホリエモンの実話に基づいて書いてるんだよね。
Wカップの試合合間に読みました。







◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 00:11 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 使える就活本の紹介
この記事へのコメント
ドラッガーの感想、おれと同じw
ドラッガーの名著を「まったくよさが分からん」と思っていても、メタルさんくらいのブログ主になると、「ためになったぜ(キリッ」って書くのかと思っていたよww

正直すぎ、プライドなさすぎwwだけど大好きww
Posted by 社会人4年目ですが at 2010年07月08日 15:53
これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

これ、半日かけて一気に読み進めてしまいました。哲学もこういう授業だと、もっと興味がわくんですけどね。
Posted by at 2010年07月10日 14:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。