2010年07月27日

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の採用情報(三菱UFJ証券側、2011年卒入社向け新卒採用)

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/recruit/ib_rec/272/


参考になりましたらぽちっとお願いします。

こんばんは、メタルです。
大変ありがたいことに、
三菱UFJモルガンスタンレー証券(旧:三菱UFJ証券側)の採用情報をお送りいただきましたので、掲載いたします。

例の如く、簡単な経緯みたいなものも書いてみたので参考になればと思います。
いちおうプレスリリース等のリンクも付けておきました。




◆そもそも三菱UFJモルガンスタンレー証券って何?

サブプライム問題に端を発した金融危機。
数々の金融機関が瀕死の状態に追い込まれました。
ベアー・スターンズ(創業100年近い全米5位の名門証券会社)は、JPモルガンに救済。
メリルリンチは、バンクオブアメリカによる救済。
AIG(世界最大の保険会社)は、アメリカ政府による救済。
そしてリーマンブラザーズは、バンク・オブ・アメリカやバークレイズ、さらに直前でアメリカ政府にも見捨てられ破綻しました。

そのイベントの1つとして、
モルガン・スタンレーは、日本の三菱UFJフィナンシャル・グループにより救済されました。
あと数日で、モルガンスタンレーもリーマンと同じ道を辿っていた可能性があったわけですね。
(出所:投資銀行が邦銀に屈した日―キャピタルゲイン時代の次に来るもの

ちなみにモルスタは、三菱から約90億ドルの出資(議決権21%)を受けています。
20%の出資を受けると、「うちの経営には口を出さないでね。」とは言えないくらいの身分になります。

で、三菱から「日本でもいっしょにやろう。」と言われて、
(たぶん断るわけにもいかずしぶしぶ)始めたのが、三菱UFJモルガンスタンレー証券です。
、といえば分かりやすいだろうか。

【参考】
サブプライム問題とは
45分でわかる! 14歳からの世界金融危機 (池上彰)



◆おおまかな流れと現状の体制

僕らが就職活動をしていた2005-2006年ごろの昔。
伝統ある世界最強の投資銀行の一角、モルガン・スタンレー証券(日本)。
一方、銀行傘下でのおこぼれを頂戴しながら中規模の案件をこなしていながらも、
晩年は外資から幹部層を招いて体制の強化を図っていこうとしていた三菱UFJ証券。(→wiki参照
こんな位置づけでした。
モルスタ1.JPG



そして2007‐2008年。
サブプライム問題に端を発した金融危機
三菱フィナンシャルグループによるモルスタ救済後(20%超の出資)、
日本国内のビジネスにおいても協力しようということになりました。

そして第1弾として発表したのが、
「三菱が6割、モルスタが4割で統合(おそらく合併)しようぜ。」プラン。

モルスタ2.JPG
出所:2009年3月26日、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループとモルガン・スタンレーの日本における証券会社の統合について(PDF

かなり衝撃的なニュースでした。
世界最強の投資銀行を、周回遅れの国内証券会社が取り込もうというのです。
ノウハウの蓄積、人材の質、ネットワーク、意思決定速度など、次元が違いました。
羊が虎を飼いならせるものでしょうか。


その後も続けて3つの発表がありました。
出所:2009年6月30日、三菱UFJフィナンシャル・グループとモルガン・スタンレーによる戦略的アライアンスの強化に向けた合意について(PDF

1、米州におけるコーポレートファイナンス業務の共同マーケティング会社設立
  →米国、カナダ、中南米の法人向けに、M&Aや資金調達を営業しようぜ的な会社。

2、アジアならびに欧州、中東およびアフリカにおける協働の枠組みの構築
  →まだ具体的に何も決まってないけど、世界中でいっしょにやろうねって握手したもの。

3、コモディティ分野(石油とか金とか)での提携
  →この分野で客を紹介し合おうぜといったもの。



そして半年。
現場からやはり反発があったか、そもそも無理があったのか。
両社は国内における統合(合併)を撤回し、下記のような形に訂正しました。

モルスタ3.JPG
出所:
2009年11月18日、三菱UFJ フィナンシャル・グループとモルガン・スタンレーの日本における証券会社の統合について(PDF
2010年3月30日、三菱UFJフィナンシャル・グループとモルガン・スタンレーの日本における証券会社の統合について(PDF



そして2010年5月1日から、新体制により両社がスタートしました。
ちなみに飲みの席の話なので正確なことは分かりませんが、
モルスタで働いているIBDの先輩・同期によると、

・三菱モルスタ証券へは、あくまでも籍はモルスタ側にあり出向形式で行ってるだけ。

・当然給与格差は以前のまま。

・三菱モルスタ証券内では、モルスタIBDと三菱IBDは完全別チームでいっしょに仕事はしない。

・案件(ディール)は、デカいのはモルスタIBD組が担当、そうじゃないのは三菱IBDが担当。

・社員の中ではお互い、「やっぱりいっしょにやるのは無理があるよね」って雰囲気があるらしい。

とこのこと。
まあほんとかどうかは知りませんがご参考までに。



さて、以下がお送りいただいた採用情報です。
2011年卒向けの三菱UFJ証券側の採用プロセスです。

2012年卒向けのモルスタを見ると、インターンシップでIBDを募集してる事情もあるし、
三菱モルスタ側としての今年の採用方針がどうなるかは知りません。
詳しくは社員さんにでも聞いてみて下さい。

ただ、三菱モルスタ証券として採る限り、過去のプロセスは大きく踏襲されるでしょう。



◆採用情報&選考プロセス

2011年卒向けの採用パターンは3種類。
・オープンコース:国内営業拠点・各本部などすべての部署
・IBコース:投資銀行本部に特定
・FEコース:市場商品本部の数理分析・情報技術が必要な部署に特定
 (※採用予定人数:IBコース・FEコースはそれぞれ若干名。)

本情報は、IBコースについてです。
IBコースは、採用数若干名で5〜6人。 
おそらくほぼインターン枠です。


◆12月:ワンデイインターン

選考はESのみ
お題:
「仕事をする上で大切にしたいこと」600字
「IB業務を通じてどの様な自己実現をしたい?」600字

場所は本店。
関西からも人が来ていました。
日程は幾つか有りましたがおそらく合計で100人超かと。

インターン内容は、
IB業務説明会&社員への質問会(社員によるチェック有り)
業務説明は、MD・VPクラスによる実務ベースの説明で、非常に分かり易かったです。
 
選考に関係ないと謳っていますが、
例に漏れずインターン用ルートがあります。
質問をそれなりにした人には、1月初旬に電話があり、次のステップに進みます。


◆1月:質問会

@質問会@丸ビル 30分面談×2(1対1)−VPクラス

1人目は逆質問オンリー、
二人目は志望動機も含めた軽い面談。まあ面談内容は人によって異なります。

多分1回目の質問会は、よほどひどいこと聞かない限り、大体の人が参加できます。


A質問会@丸ビル 30分面談×2(1対2:学生)ーVP

私の場合は二人ともガッツリ面接でした。
選考終了後、学生2人のうち1人だけ部屋に残り、もう1人は帰らされますw
因みに選考も2〜3回目になってくると、
周囲も外資インターン経験者組が過半数を占めるようになっていました。


B面談@丸ビル 60分面談×1(1対1)

これまたガッツリ面接。
これを通過すると、ほぼ意思確認の面談が次に有り、内々定です。



以上になります。

◆就活を終えられた方からの、選考情報の投稿をお待ちしています。
・外資系全般/総合商社/政府系金融(DBJ等)/総合不動産(三井不等)/金融/メーカーなど幅広くお送りいただければ幸いです。
・会社概要などは、メタルが書いていますので分からない場合は書いていただかなくて結構です。
・「当該会社の内定者」/「内定を取った。」である必要はございません。
・投稿者の特定が起きないよう細心の配慮をした上で掲載します。



参考になりましたらぽちっと↓お願いします。





◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 02:02 | 東京 ☀ | Comment(9) | TrackBack(0) | 投資銀行の採用情報
この記事へのコメント
クオリティ高すぎww
Posted by 4年 at 2010年07月27日 12:18
就活生ではないですが、とても参考になりました。MSの人たちとUFJの人たちでは全然レベルが違いますから、当然の話でしょうね。
Posted by 同業者 at 2010年07月29日 22:59
秋採ES+筆記で落とされました
Posted by 4年 at 2010年08月04日 18:59
分かりやすかったっす!
Posted by 名無し at 2010年08月25日 20:39
毎度のこと、図が分かりやすい。
統合うんぬんでごちゃごちゃしてたのが、すっきり分かりました。
Posted by まいど at 2010年08月26日 20:05
どうもありがとうございます。
この秋の就職頑張るぜー待ってろ我が第一志望!!
Posted by 留学生ろひ at 2010年08月28日 00:33
BCFに参加する者です。

MSから電話面接の予約が入ったのですが、面接の内容と、英語面接なのかどうかで、準備に困っております。

メールでは日本語だったので、やはり電話面接も日本語になるのでしょうか?
Posted by BCF at 2010年09月20日 13:48
>BCF
面接は面接官がたまたま外人だったら英語。日本人だったら日本語。両方用意しておいたほうがいいよ。人生かかってるんだしね。
面接の内容は、通常通り志望動機とあなたの経歴周りですよ。
Posted by   at 2010年09月20日 17:03
お返事ありがとうございます。

実はGSからも連絡が来ました。
やはり、GSの電話面接もMSと同じ様な内容になるんですか? メールは英語できました。
何か情報でもありましたら、教えてください。

宜しくおねがいたします。
Posted by BCF at 2010年09月22日 05:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。