2010年09月28日

今年の経済時事ネタ 〜「武富士、会社更生法申請へ」から鑑みる

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/technic/es/282/


今朝の日経新聞に「武富士、会社更生法申請へ」との報道がありました。
日経がどこからすっぱ抜いてきたのかは知りませんが、武富士側は否定のコメントを出しています。


武富士<8564.T>が28日午後に会社更生法申請で最終調整、過払い返還請求が重しに=関係筋
(2010年 09月 28日 00:25)
 [東京 28日 ロイター] 武富士(8564.T: 株価, ニュース, レポート)が、28日午後に会社更生法の適用を東京地方裁判所に申請する方向で最終調整していることがわかった。複数の関係筋が27日、明らかにした。利用者が過去に払いすぎた「過払い利息の返還請求」が経営を圧迫、武富士の業績は低迷しており、資金繰りも難しくなっていた。武富士単体の6月末負債総額は約4300億円。
 法的整理をすれば、過払い利息の一部がカットされるおそれがある。債務が圧縮できれば、武富士は経営再建を支援するスポンサーを探しやすくなる

<過払い利息が業績を圧迫>
過払い利息の返還請求をめぐっては、06年に最高裁が判決で、利息制限法の上限を超えた金利を無効とする民法上の解釈を貸金業法にも厳格に適用するとした。これを受け、利用者が業者に対し過払い利息を返還請求する動きが活発化。貸金各社の業績を圧迫してきた。
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK044794220100927


このニュースをすでに耳にした就活生は多いかと思いますが、
大体どんなことが起こっているかイメージできるでしょうか。
特に黄色ハイライトの部分なんか。

この武富士の件もそうですが、会社更生法と言えばJALの1件がありました。
今年は時事ネタのトピックの1つとして、企業の倒産(※正確には「倒産」は法律用語ではありませんが悪しからず。)は、ざっくり知っておいたほうがいいと思います。

特に今年度、投資銀行やコンサルを目指す方々には、
ジョブネタにはちと難しいのであれですが、面接ネタには十分あり得ます。
すでにサマーインターンの選考を経験した就活生の中には、
JALの件なんかがトピックに挙がった人なんかもいるのではないでしょうか。


そんな中、「企業の倒産(再生)」をイメージするのに最適な本があります。
以前、JALの記事でも紹介しましたが、企業再生プロフェッショナルという本です。

あらすじとしては、とある企業が、銀行からの借入がストップし倒産の危機に直面します。
そこから、
・再生コンサルタント
・投資銀行
・プライベート・エクイティ・ファンド
・銀行
の関係者を巻きこんで、会社更生法に向かっていきます。
それらの過程と舞台裏をライトノベル風に描いており、一連のプロセスがすっと頭に落ちてきます。
ホリエモンの「拝金」図解 株式市場とM&A (翔泳社・図解シリーズ)みたいな感じでとても読みやすいです。

どうしても時事ネタのディスカッションって、
前提のベースと知識がないと深く掘り下げることも難しいですからね。
ぜひこの機会に興味があればご一読ください。

あ、それと「企業の倒産」と「銀行」というのは切っても切り離せない関係(※つまり銀行が見捨てた企業が倒産するのです。)なので、
メガバンク・地銀を志望範囲に入れている人は、興味があれば
誰も書かなかったすべての社長のためのリスケの本 銀行さん、もう毎月1万円しか返せません
も併せて一読しておくといいかと思います。



◆余談

このほかに今年の時事ネタやジョブのテーマとなりそうなのは、
@キリン/サントリーの大型経営統合の件
A国内企業が成長余地を探して海外企業を買っていく件
なんかが考えられますね。

特に@は、一連の流れと破談に至った両者の主張をざっくりと整理してみるといいですよ。
ノート1ページくらいで十分です。
これは今年投資銀行を数社受ければ、複数回に渡って話題に挙がるようなネタですからね。
逆にいえば、就活生に問えるのはそのくらいしかない(笑)

投資銀行の集団面接とかで、
面接官「今年大きな話題となったのですでに皆さんは知っているかと思いますが、サントリーとキリンが経営統合を断念した件がありました。ではこの1件が統合すべきだったか否かについて、話し合ってみてください。」
なんてのがリアルにあると思います。




以上になります。


参考になりましたらぽちっとお願いします。




◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 02:20 | 東京 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | ES・筆記・面接等の攻略テク
この記事へのコメント
ちょりっす
Posted by 4年 at 2010年09月28日 02:36
日航のときにまさに読みました。ストーリー形式で・再生コンサルタント・投資銀行・プライベート・エクイティ・ファンド・銀行がどう絡んでいるのかが、とてもよくわかりました。
細かいスキームとかはわかりませんが、学生は流れさえ分かればOKですよね??

あと日航の会社更生法というか再生の話題、GSで聞かれましたよwww
Posted by 某外銀受験生 at 2010年09月28日 12:00
サントリーの件、いろいろググってまとめてしました。この方法いいですね。
自分でまとめてみて両者の経営陣の考え方のそれぞれに共感しました。やるのとそうでないのではディスカッション時にも雲泥の差であると感じました。いつもありがとうございます。
Posted by 自自 at 2010年09月28日 14:15
よお、トシくん。元気かい?
Posted by うっす! at 2010年09月28日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。