2010年10月01日

TOEICの勉強法と対策 -英語勉強体験記:2週目-

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/career/background/285/


参考になりましたらぽちっとお願いします。

こんばんは、メタルです。
TOEIC勉強法(第2週目)です。

新3年生は、就活前最後のTOEIC(11月28日)に向けての勉強がんばってください。
1,2年生は800点台は確実に行けると思うので、ぜひきっかけにしてみてください。


◆@ TOEIC対応問題

新TOEICテスト まるごと模試600問の第3回目と新TOEICテストスーパー模試600問の第1回目をやった。

やり方は以下のとおり。
「通常通り解く⇒答え合わせ⇒一喜一憂⇒解答のポイントをチェック⇒すぐに解き直し」

1週目の勉強でTOEICの問題傾向を(日本語を中心に)把握したからか、
長文読解が少し楽に成った気がする。
求人、アンケート、チラシの問題は、「ああ、これかよ」って感じ。
ただし時間が圧倒的に足りない。
リスニングは相変わらず難しいが、パート2って慣れだよね??

2週目も、本番想定というよりはアウトプットかつインプットに使うことにしたので、
前にとにかく進めることを重視。
ただし、知らない単語でも頻出と思われるものは覚えていった。

計画通り。



◆ Aリスニング

@で紹介した新模試600で対応。

1週間聞き続けて少しは・・・と思ってしまうが一向に聞き取れるようにならない。
「一生英語聞き取れないんじゃ??」との邪念を振り払いながらがんばる。

ダラダラ聞いてても効果が薄いと感じてきたので、
先週分を含めてTOEIC4回分の音源が溜まったことだし、長文パートに専念することにした。
高校生みたいに/(スラッシュ)で文節に区切ってみる。
そして聞き取れない単語・文節ところにピンクマーカーを引いた。

相変わらず英文を見ながら聞いているわけだが、ピンクマーカーを重点的に聞きまくった。
これを全部潰せばいいわけだ。
ICレコーダー便利。
ところで、何度聞いても「絶対発音してないでしょ?」ってところがあるんだけど。。。
おれの耳が不良品なのかなあ。。。



◆ Bリーディング(長文)

@で紹介した新模試600で対応。

どんなタイプの問題が出るのかは大体分かってきた。
あと足りないのは、
1、単語力
2、読むスピード
3、問題の効率のいい解答方法
の3つか。

1の単語力は、どこかで一気に詰め込む必要がありそうだ。
Dでやってる英単語本全部と、新模試600に出てくる単語マスターすればいいわけだ。

2の読むスピードは、単語力+トレーニング次第。
そういえば代ゼミの今井がパラグラフリーディングなんてことを言ってたなあと思いだす。

3の効率は、ノウハウ本を中心に勉強してみよう。
設問→文章全体のほうが効率がいいことは分かった。

新TOEIC TESTリーディングスピードマスターは手を付けなかった。
新模試600(2週間まとめての4回分)の正確な読解に努めたからだ。



◆ C英文法

英文法TRY AGAIN!―英会話からTOEICまでを続きから。

途中途中に出てくる問題は全部完璧にしていった。
1週目(1〜130p)に出てきた問題はもう1度見直した。2回目からアヤシイ問題には付箋を貼った。
文法はこれ1冊を完璧にする意気込みで行けば何とか成る気がする。
p131からp276まで終わらせた。



◆ D単語力

TOEICテスト初挑戦のための英単語と英熟語―出題頻度順英単語1127と英熟語322を引き続き。
英単語⇒ランクA、ランクB、ランクC
英熟語⇒ランクA、ランクB、ランクC
の計6パートのうち、1週目は英単語(A、B)を覚えきった。
2週目は英熟語(A、B)を覚えきった。

1週目の英単語も、マークしていたところは復習して再度覚えきった。
使い方は、ノートの切れ端を利用して、日本語部分を隠してひたすら単語当て。
出来なかったらチェックを付ける。出来た時点でチェックを○で囲む。

今見返してみると新模試600で出てきた単語が結構存在していることに感動を覚える。
ちなみDuoは一切やってない。



◆ Eテクニック(攻略法)

TOEIC Test 「正解」が見える【増補改訂第2版】のリスニングパートをこなす。
気楽にやってたので、メモが残ってない・・・。



◆ FHow to TOEIC ?

2週目は特になし。



◆TOEIC関連の過去ログ

TOEICの勉強法と対策 -総論-
http://gaishi.seesaa.net/article/162990657.html

TOEICの勉強法と対策 -英語勉強体験記:1週目-
http://gaishi.seesaa.net/article/163473607.html

TOEICは捏造しても大丈夫?
http://gaishi.seesaa.net/article/30772665.html



◆広告

勉強用教材一式がセットになっている1〜2万円の教材を買ってしまうのも選択肢の1つです。教材の一番のメリットは効率のいい勉強法がセットになっていることです。計画的に進めていけばかなりの確率で目標点に届きます。

・730点用(履歴書に書ける最低ライン
 TOEIC(R)TEST攻略 林式 初めてのTOEIC(R)TESTスピード700

 医師が教える科学的英語勉強法講義


・800〜900点台を取りたい人用
 TOEIC980点獲得!ラクラク英語マスター法。

 22歳まで外国人と話したことがなかったひきこもりがTOEIC990点・英検1級を取った英語勉強法




以上になります。少しでも参考になれば。







◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 02:03 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 学歴・資格(英語含む)
この記事へのコメント
いつもありがとうございます。3週目もお待ちしています
Posted by おう at 2010年10月01日 12:35
メタルさんも昔は苦労したんですね・・・
Posted by haha at 2010年10月02日 03:40
>TOEIC(R)TEST攻略 林式 初めてのTOEIC(R)TESTスピード700
これ、超いいです。テキスト自体はどれを使ってもいっしょですが、メタルさんのおっしゃるとおり「効率的な勉強法」が必要なんですね。
まだ2年ですががんばります
Posted by toudaisei at 2010年10月02日 06:57
参考になります。質問なのですが、管理人さんは学生当時、海外に行った経験はあったのですか?
もしなかったとしたら、外資面接時に、海外について聞かれた時にどのように切り抜けたのか教えてください。
Posted by tuna at 2010年10月02日 22:57
>管理人さんは学生当時、海外に行った経験はあったのですか?
1カ月程度の短期留学だけです。
Posted by メタル at 2010年10月03日 03:53
日本で一番売れてる、英会話教材を使って英会話をマスターした外資コンサルマンの体験談ブログ
http://english00everyday.seesaa.net/
Posted by コンサル at 2010年10月04日 00:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。