2011年01月13日

三菱商事の新卒採用情報(2011年4月入社向け選考プロセス)

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/recruit/others/304/


こんばんは、メタルです。
三菱商事の採用情報について。
2011年4月入社向けに行われた内容です。

ご参考になれば。

◆はじめに

採用活動は、年度が異なれば、選考プロセスが若干変更することはあります。
しかし、あくまでも「求める/採りたい人材」というものは一貫しています。
さらに採用側の立場からすると、
いきなり選考プロセスを変更すると会社側の運営に混乱が生じるといったことから、
変更するとしても数年をかけて少しずつ変更していくといったのが、ここ10年ほどの流れです。


1.サマリー

2011年4月入社向けの三菱商事の選考プロセスになります。
選考の流れは以下のようになります。

(OB訪問)→ES→筆記試験→1次面接→

→2次面接→懇親会→最終面接→内々定


以下各プロセスの詳細になります。


2.選考フロー

■ (OB訪問)
商社就活生恒例のOB訪問です。
括弧()で括った理由は、必須ではないからです。
現にOB訪問をまったくせずに受かっている内定者もいるからです。
しかし、
・面接中にOB訪問の有無を必ず聞かれる
・商社の業務内容を理解する
ためにも出来ればした方が良いです。
ゼミや研究室、サークルに先輩がいる場合はその方にOB訪問すると良いでしょう。
大学においてある名簿、友人に付いていく等、いくらでも方法はあります。



■ ES(エントリーシート)

質問項目は、
・これまでの学生生活の中で挙げた実績や経験を教えてください
(学業、スポーツ、趣味、ボランティアなど何でも結構です)(全角 200文字以内)

・あなたが三菱商事で挑戦したいこと、実現したい夢について教えてください。その際、特に興味のある分野や職種があれば、具体的に触れて頂いても構いません。(全角250文字以内)

・あなたが「周囲から信頼されるために大切だと考えること」は何ですか。なぜそう考えるのかをご自身の経験を交えながら説明して下さい。(全角300文字以内)

・困難な状況に立ち向かう為のあなたの原動力は何ですか。なぜそう考えるのかをご自身の経験を交えながら説明して下さい。(全角300文字以内)

提出すれば、全員通過です。
提出済みの受験者には、ES締切日に次のステップの筆記試験の案内がきます。
スロットはいくつかありますが、速攻で埋まってしまうので、
早めに予約した方が良いです。



■ 筆記試験

4月2日。
会場は例年通り有明のTFTホールです。
学生がいっぱいいますが、それに負けじと綺麗な事務のお姉様方がたくさんいます。
就活で見た中では東京海上の次くらいに綺麗だったと思います。
さて、筆記試験の内容は
・GAB(言語)
・GAB(計数)
・GAB(っぽい英語)
制限時間はそれぞれ15分、12分、35分だったと思います。
内容は難しくありませんが、対策をしていなければ落ちてしまうと思われます。

特に英語。
GAB英語対策+TOEIC対策で通過ラインは超えることが可能だと思いますので、
しっかり対策してください。
TOEIC点数の目安としては600〜700点くらいあれば大丈夫。
私はTOEIC900前半ですが、余裕の完答でした。TOEIC800もあれば余裕をもって解けるレベルです。

GAB対策はこの本で十分です。
CAB・GAB完全突破法! http://amzn.to/gkYjE9

さらに英語は上記の本だけでは不十分なので、TOEICの学習をしておくといいと思います。
TOEIC公式問題集 http://amzn.to/e1omOa



■ 1次面接

4月初旬。
場所は大手町本社ビル。
社員2vs学生1
30分程度の面接です。

メタルさんの以前の記事にあるように、
待合室には冷蔵庫があり、お茶が飲み放題です。
既に他社から内定をもらい、
その(拘束も含めた)打ち上げ後(←朝まで飲んで酔いが抜けていない状態ということです。)に
面接に臨んでいた学生もちらほらいて、お茶をたくさん飲んで酔いをさましていました。

社員は三菱商事の子会社の方です。
肝心の面接内容はというと、
・自己紹介
・ESの各項目に対しての質問
・他社の進行状況
・志望度の確認
・逆質問

あまり深くは聞かれないので、
就活をある程度こなしていて、面接の対策をしっかりしていれば通過できると思います。
ESに関して多く聞かれた気がするので、
ESはしっかりと読んでおいた方が良いと思います。

通過連絡は即日でマイページにメール。
2次面接の予約が可能となります。



■ 2次面接

こちらも4月初旬。
場所は1次と一緒で本社ビル@丸の内です。
社員2対学生1で30分程度。

質問内容が1次の時とは全然違います。
・なぜ商社志望か?
・商社で何がしたいか?
・なぜ三菱商事か?
・なぜ金融ではなく商社か?(すでに金融業界から内定をもらっていたため)
・OB訪問はした?
・逆質問

1次面接とは違いかなり深く聞かれます。
しっかりと対策をしておく必要があります。
「なぜ●●業界ではなくて商社か?」
「●●だったら商社でなくてもいいのでは?」
つまり、
「なぜ商社でなぜ三菱商事か」
という質問にはしっかり答えられるようになっておく必要があると思います。

おそらくこの面接で一番大事なのはここです。
熱意がこもった回答でなければ社員には伝わらないでしょう。
通過連絡は数日後にマイページを通してきます。
そして、懇親会の予約をすることができるようになります。

さて補足ですが、
この2次面接の面接前に、
小論文を書かされる場合があるようです。
私は書いていませんが、周囲の友人の中には書いた人もいました。
内容は三鋼領の説明を読んだ後に題目に関しての小論文を書くというものだそうです。
題目自体は日によって違っていたそうです。
周りでは、書いてる内定者も結構います。
でも小論自体は合否に関係なさそうです。
実際に私は受けていないですし。ちょっとこの辺りの詳細は不明です。申し訳ございません。


■ 懇親会
もちろん選考プロセスの一部です。
普通に名札をつけます。
時期:  4月中旬。
所要時間:60分
場所:  本社ビル@丸の内
人数比: 学生20〜30に対して社員10名前後

気をぬかずに普通にふるまっていれば良いと思います。
懇親会後に全員、最終面接の予約が可能となります。

周囲の内定者の情報と、
私自身の情報を合わせて大体こんな感じになりました。
この懇親会がない内定者もいます。
ちなみに私は「懇親会がなかった」組です。
「懇親会がなかった」内定者は何人かいますが、その内定者は私と同様小論も書いていません。
おそらくですが、
「懇親会あり→2次の結果が微妙?な人」
なのかと思われます。
本当に推測でしかないので、私見でご勘弁ください。



■ 最終面接(3次面接+人事面談)

4月中旬。
場所は今までと同じ本社。

3時面接は、
社員2vs学生1。
所要時間30分弱。
質問内容は、2次のときとあまり変わらなかった印象を受けました。
・三菱商事で何がしたいのか
・なぜ三菱商事か
を延々と聞かれました。
あと、学生時代頑張ったことを聞かれました。
主観でしかないですが、こちらの面接の比重は高くないと思います。

問題は続いて行われる「人事面談」。
もちろん面談ではなくガチ選考です。
時間は15分程度。
人事2対社員1。
質問内容は
・今年から社長変わったけど知ってる?
・うちの現在の株価わかる?去年と比べてどう?
・うちの自己資本比率わかる?
(これは予想外。財務諸表みせてもらってその場で計算して回答しました)
・どの部門が一番魅力的か?
・絶対に内定断らないか?
・他社の進行状況

質問内容を見てわかるように、準備していなければ撃沈確実です。
ここで落ちるのはもったいないので、しっかり三菱商事のことを調べて面接に臨んでください。

また、人事面談終了後に人事から電話番号を渡される方とそうでない方がいますが、
違いは良くわかりません。
内定にはあまり関係ないと思われます。
(どちらのパターンでも内定はでていました)

内定通知は即日〜電話で。
私は即日連絡がきましたが、周りには翌日、翌々日に連絡がきた友人もいました。


■ アドバイスなど
アドバイスですが、商社が第一志望の方は早い時期から十分に時間をかけて
商社のビジネスを理解しておいた方が良いと思います。
十分時間をかけて対策をすれば、
内定までたどりつくことができます。頑張ってください。

あと、三菱商事は中国進出に力をいれています。
内定者研修でも中国語の研修があり、
中国語ができる方が重宝されています。

補足ですが、商事に内定すると夏休み中に、中国語研修があります。
会社に出向いて中国語の研修が毎日あります。
内定者の中に中国語ネイティブレベルの友人が3名いるので、結構選考でプラスに働くみたいです。
以上となります。

<中国語マスターのオススメ教材>
中国語覚えチャイナ!聞くだけで中国語がグングン上達
http://gaishihenomichi.ohuda.com/china01/
10日間中国語完全マスタープログラム
http://gaishihenomichi.ohuda.com/china10days/


<TOEIC対策のオススメ教材>
TOEIC980点獲得!ラクラク英語マスター法。
http://gaishihenomichi.ohuda.com/toeic980/
新TOEIC(R)TEST攻略 初めてのTOEICスピード700
http://gaishihenomichi.ohuda.com/toeic700/




◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 06:20 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | その他超一流企業の採用情報
この記事へのコメント
いつも楽しく読ませてもらっています。
スレ違いで大変恐縮ではありますが、一つ質問があります。

投資銀行では、入社後やはり会社からノートPCは支給されるのでしょうか?
(セキュリティーの関係もあるでしょうし)
以前、某外資系銀行のインターンに行った際に、メンタ−だった方がノートPCをいじってらっしゃったので。

ノートPCの買い替えを検討中のですが、もし支給されないのであれば、ビジネスでも使えるようなものを買おうかと悩んでおり、、

個人的な質問で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。
Posted by 内定者 at 2011年01月16日 22:45
最初の黄色の文字
×三菱用事 → ○三菱商事

お疲れですね笑
Posted by 金融内定者 at 2011年01月24日 23:37

そのメンターに聞けばいいじゃん。

あと仮に買うにしろ仕事が始まってからで十分。
Posted by 暇人 at 2011年01月27日 20:58
コメント制限されてるよん」
Posted by はgtt at 2011年02月01日 19:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180416951
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。