2006年10月23日

コンサル対策とATカーニーWJ

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/recruit/consulting/8/


(´ー`)y━~~ランキングお願いします。

ブログの作成が遅かったために、マッキンゼー、BCG(ボストンコンサルティンググループ)の

ウインタージョブの存在をお伝えすることができませんでした。

それにしても、マッキンゼーがジョブをやるとは驚きです。

何か去年の採用で失敗でもしたのでしょうか?w

ちなみに昨年の私の場合ですが、

「エントリー⇒筆記試験⇒面接5回⇒内定の連絡」

の流れでした。詳しくは後ほど書きます。

今日はすでに知っているかとは思いますが、

ATカーニーのWJのお知らせとその対策です。

___________________________________________

『Winter Job』

エントリー受付期間: 10月2日(月)〜10月26日(木) 11:00AM着信有効

Job期間: (A)2006年12月4日(月)〜8日(金)
(B)2006年12月11日(月)〜15日(金)
(C)2007年1月15日〜19日(金)
内容: 実際の企業経営の事例に基づいた調査・分析を、当社コンサルタントの指導の下で行っていただきます。
勤務地: 日本オフィス
待遇: 8万円/5日間
*交通費別途支給。
*首都圏以外からご参加の方には宿泊施設をご提供いたします。

___________________________________________


まず、説明会を兼ねた選考会があります。

ATカーニーやコンサル業界についての説明が1時間、

質疑応答を10分程度、そして休憩を挟んだあと

1時間程度の筆記テストです。

テストはコンサル特有の問題です。

事前に対策を立てて勉強しないと、東大院理系でもさくっと落ちます。

逆に言えば、しっかり勉強さえすればまず落ちることはありません。

面接は2回でいずれもケース問題が出されました。
(修正)コメントによれば、1次は自己PRと志望動機、2次がケース問題です。



コンサルの筆記対策ですが、出るジャンルは3つ。

優先度順に、

判断推理、数的推理、GMATです。

勉強方法は以下に紹介する本を2,3回繰り返して解いてください。

各分野、1冊やれば十分です。

時間がない人は、判断推理だけは事前に勉強しておきましょう。

本番の制限時間下でいきなりはまず無理です。


判断推理
上・中級公務員 標準判断推理―確かな解答力が身につく“基本書” (単行本)


数的推理
上・中級公務員標準数的推理―基礎から体系的に学べる“基本書” (単行本)


GMAT
MBA留学 GMAT完全攻略 (単行本)



これらの3冊、内定ネットで紹介されたあと、私も購入して解きました。

特に判断推理の本は秀逸です。

本番でもほとんどつまずくことなく解答できました。

ほとんど同じ問題が出るんですね。

ここまでの良書はないでしょう。


苦しいでしょうが、内定者のほとんどはこの道を通ってきています。

自分を信じてがんばってください。



(´ー`)y━~~ランキングお願いします。






_________________
(追加)
コンサルの面接対策は、ビルゲイツを読んで下さい。
いい本はこれくらいしかありません。
そして、実践を重ねることです。
こちらはケース問題とその解答に至るまでの論理展開が詳しく書かれており、
コンサル受験者なら必須のアイテムです。





◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 22:17 | 東京 ☔ | Comment(8) | TrackBack(0) | コンサルの採用情報
この記事へのコメント
去年の面接は確かに2回でしたが、
最初の面接は単なる志望動機チェックと自己PRだけでしたよ。
自分を含めて春と冬それぞれ受けた知り合いが何名かいますが、みんな同じでした。

両方ともケースだった人なんているんですか?
まぁどっちにしてもそれが大多数のような書き方は就活生の混乱を招きますよ。

まねっこサイトもいいけど、
どうせやるなら正しい情報伝えないとねー
Posted by 去年受けた人 at 2006年10月25日 04:02
GMATはどのくらいやればいいんでしょうか?

内定ネットにはreasoningをやれば良いというような
ことが書いてあったと思うんですけど、
やっぱり全部やったほうがいいんですかね?
Posted by シュウカツ生A at 2006年10月25日 04:17
>去年受けた人さん
失礼しました。そして訂正ありがとうございます。
できるだけ正しい情報を載せるようには心がけていますが、間違いなどありましたら教えていただけると幸いです。

>シュウカツ生Aさん
記事にしておきました。よかったら参考にしてください。
Posted by at 2006年10月25日 20:05
訂正されているようですが、根拠は?
運営者3名の中にATカーニーの選考に参加された方がいての、内容記載ではなかったのですか?
訂正されるのなら、「選考に参加した人複数の証言により、上記のように訂正」ぐらいの裏は取った方がよいと思います。
シュウカツ生Aさんの場合、誰々の場合といろいろな可能性も考えられます。

記事には、話の出処を明記されると助かります。
「私のときは…」
「内定者の話によると…」
のように。

おにぎりさんはその辺も結構神経を使っていらっしゃり、好ましくもあり頼りにもなりました。
Posted by mame at 2006年10月25日 20:53
>mameさん
情報もらってる立場なんだから、そういう書き方しないほうがいいかと思います。mameさんの言うことは最もだけどね。所詮ブログという位置付けで参考までにしておくべきことでしょう。それだったら内定ネットだけを見ておけばいいわけですし。
むしろ100%頼ろうなんてのがまちがい。
Posted by 通りがかり at 2006年10月25日 23:22
おにぎりさんのおかげで、あまりウロウロすることなく、あまり混乱することもなく、内定をいただきました。なので、ここが気になったのです。

外資は選考が早く終わりますので、冬ぐらいから外資金融・コンサル合同の内定者懇談会が盛んに行われました。ほとんどすべての会社の内定者が(日系の野村なども)参加していたと思います。

メタルさんも参加されたと思います。
ほとんど顔見知り状態ですよね。
そうしたメットワークを生かして、このブログが立ち上がったと思っていました。

情報源はお持ちなのですから、できるだけ正確に、と言いたかったのです。
外資の選考を知らないがゆえの、変な誤解や妄想を就活生から取り除いてあげて、真っ正面から選考に参加できるように。

いろいろ大変でしょうが、期待しています。
Posted by mame at 2006年10月26日 01:46
>mameさん
ご指摘ありがとうございます。ちなみにカーニーは私の場合です。自己Pも聞かれたような気もしますが、記憶が定かではないのです。ケースが2回とも出されたのは覚えているんですが。

きっと顔見知りのはずですね。私含め3人とも外資パーティーに参加しています。また何かありましたら、ご指摘いただければと思います。ありがとうございました。

>とおりすがりさん
なるべく正確に書くようにはしていますが、記憶違いであったり、今年から変更されていたりなど十分ありえます。あくまでも昨年の情報に関しては、おっしゃるとおり参考程度のほうがよいのかもしれません。mameさんの言いたいことは私なりに理解できました。フォローありがとうございました。
Posted by メタル at 2006年10月26日 02:04
今年のジョブ参加者です。

面接はともにケース面接でした。いずれも志望動機などは聞かれませんでした。
ケース+逆質問
です。
Posted by A O at 2009年12月13日 01:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。