2006年10月25日

通信教育第1回(就活の基礎をつくれ)

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/technic/books/12/


(´ー`)y━~~ランキングクリック!


こんばんわ。コンサル受験生はさっそく
判断推理の勉強始めましたか?
私も久しぶりに本棚にある上・中級公務員 標準判断推理を開いてみました。
去年はスラスラ解けたのに、全く解けなくなっていましたw
やはり頭の良し悪しではなく、
解法パターンを習得できているかで決まりますね。
時間は有限です。今からしっかり勉強しておいてください。


さて今夜は、
本気で外資を目指す皆様に課題を出します。

このサイトは就活生への通信教育の意味合いもあると書きました。
なぜなら、元々ポテンシャルや高い意欲を持っているにも関わらず、
準備の仕方を間違う、もしくは知らないがために
損をしてしまう就活生を救いたいからです。


昨年は内定ネット様に助けられ、我々は内定レベルの基礎を固めることができ
無事に外資金融、コンサルからの内定を勝ち取ることができました。
現在は、来年から始まるエクサイティングな生活
に胸を躍らせながら生活している毎日です。
内定ネット様に大変感謝しているのと同時に、ぜひ1つ下の世代にも
同じことをしてあげたいと思っています。

今年は内定者3人で、昨年自分達がやったことを協議して、アレンジして
時間軸に沿って順序良く与えて行こうというのが趣旨です。
騙されたと思って着いてきてください。



ではスタートです。
今週は3冊の本を読んでもらいます。

1冊目です。
カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 日本経済編
※経済の流れに伴い「最新版」という改定版が出ていますので、
そちらを買ってください。また著者は細野真宏です。

まずは経済・金融を浅く広く知ってもらいます。
この本1冊で、だいぶ日経新聞が読めるようになるとともに
経済や金融に興味を持てるようになります。
また今後紹介していく書籍類を理解する上での基礎となります。
図や絵がふんだんに使われており、大変分かりやすく
内定者一番のオススメです。
外銀・コンサルを目指していない就活生でもこの1冊は読んで下さい。
自信を持って全力でオススメします。

1980年から日本では何が起きてきたの?
バブルって何?
国債と為替の関係は?
量的緩和、ゼロ金利って?
などなどが、1晩で理解できます。
理系は必須、文系はよほど金融経済に自信がある人意外は読んでください。
もう一度言います、こちらは必ず読んで下さい。





2冊目は、これの世界経済編です。
カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 世界経済編

アジア経済、通貨危機、ヘッジファンド、為替などが1晩で理解でき
とにかくこちらも秀逸な書籍です。
我々は、自分達が経験しなかった書籍は勧めません。

韓国がデフォルトの危機にあったことを知っていますか?
タイのバーツ危機とジョージソロスを知っていますか?
イギリスの中央銀行をぶっ潰したヘッジファンドって知ってますか?

何が起きたのか分からない人は、必ず読んで下さい。





3冊目は、こちらになります。
ウォールストリート投資銀行残酷日記―サルになれなかった僕たち

なかなか手に入りにくいので、早めに注文するか本屋を探してみてください。
こちらは昔存在した投資銀行の出身者が書いた自分達の生活の記録です。
日記風ですので、下地がなくても読めます。
自分も内定先で1ヶ月のインターンをしましたが、
大変投資銀行がリアルに描かれており、近いところがあります。
投資銀行マン(バンカー)たちの過酷な生活を知っていると、
面接や懇親会のときにだいぶ質問しやすくなります。

また、自分がその生活に耐えられるのかも感じてほしいところです。
このような理由で
投資銀行志望者には必ず読んでほしい1冊です。




上記のように3冊を通信教育教材として指定しました。
いずれも前提知識のない理系でも読めるものとなっています。

基礎固め、前提知識の習得にはもってこいの秀逸な3冊です。

また今後は、この3冊を読んでいるものとして
(この3冊レベルの知識は持っているものとして)
ブログ自体の更新、オススメ本の紹介(※レベルが違うと身にならない)、
メールや質問の解答をしていきますのでご了承ください。


読書終了の目安ですが
1、日本経済編
・・・今週末まで(10月29日)

2、世界経済編
・・・今月末まで(10月31日)

3、投資銀行残酷日記
・・・再来週末まで(11月5日)



第1回目が肝心です。
それでは読書の秋を楽しんでください晴れ
我々は、皆さんの成功への第一歩を応援しています。


(´ー`)y━~~参考になりましたらランキングお願いします。


↓並べておきます↓




※外銀志望者必読!



_______________________________
(追記)
この記事を書いた後、ある就活生からメールを頂き、
了承も取ったので公開させて頂きます。
こういう反応いただけると嬉しいですね。
私が書いた本ではないんですけどねw


「外資系への道標」管理人様
はじめまして。○○大学の××××と申します。
通信教育第一弾のブログにあった日本経済編読みましたよ☆
兄の本棚にあったのを思い出して、手にとってみました。
あれ分かりやすすぎですね。
なんでこの本、もっと早く気付かなかったんだー!と。
大学1年次に読みたかったなぁとつくづく思います。

××学部なんですが、意外と知ってたようで知らないことも多く
なるほどと思うことばかりで感動でした。
こんな分かりやすいんだから、
大学のマクロの教科書に使えばいいのにと思います笑
経済の入門編としては最高ですよね。
バブル編のパンダ君の「もうけるぜ会社!」が
いい味だしてますよね〜☆笑

さっき世界経済編を買ってきて読み始めましたが、
これもハマリそうですね!
のほほーんと生活してたときに、
世界経済が破滅の危機にあったなんてビックリデス。
何か株とかもわかりやすく理解できる本はありませんか?

それと、もうひとつ質問があるのですが、
英語に多少不安があるので何か勉強したいと思っています。
なにかお勧めがありましたら、教えてください。
現状レベルはTOEIC650くらいです(><)

あ、最後にもうひとつ。
ページの改行、要らないと思います☆
一読者として。
不愉快だったらすみません。

更新がんばってくださいね〜☆

  ××××
  ○○大学××学部3年
  △△ゼミ所属
  XXXXXXXXXX@yahoo.co.jp



________________________________





◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 00:25 | 東京 ☔ | Comment(5) | TrackBack(0) | 使える就活本の紹介
この記事へのコメント
メタルさん、こんにちは。
細野の日本経済読ませていただきました。
記事のとおり、浅く広く勉強できてしかも分かりやすいですね!ちょっと感動です。紹介ありがとうございました。第2弾では何が出てくるのかちょっと楽しみです。残酷日記は高いですが、うまく探して読んでみます。
Posted by 日系志望 at 2006年10月27日 12:38
>日系志望さん

読んでいただけて、あの感動を味わっていただけて嬉しい限りです。
残酷日記は高いですが、IBDを受けていくなら読んでおいたほうがいいです。懇親会や面接時にも「残酷日記とか読んだことあると思うけど・・・」みたいなセリフがあり、社員さんと価値観を共有できていると楽です。amazonの中古でもいいですし、ブックオフでもいいので探して読んでみてください。
今後もオススメの書籍や勉強法を公開していきますのでよろしくお願いします。就職活動の成功を応援しています。
Posted by メタル at 2006年10月28日 01:18
今はみんなこんなに準備しているものなのですか?私のときは、大学の周りは12月くらいから準備し始めており、私自身も年末から始めたものなのですが・・・。
VPになるまでは残酷日記以上かもしれませんね。アソクラスやアナクラスでは20代でストレスから3大疾患になっているのが結構います。
ちょっとヒントを・・・。
他の人が面接官の時はわかりませんが、私が面接官をするときは、知識を尋ねる質問は全くしません。知識を尋ねるような質問でも、話題として取り上げてよいかどうかを見ているだけです。私が見ているのは、論理展開を見ています。
以上、ご参考までに・・・
Posted by IBanker at 2006年10月31日 20:45
横レスすみません。IBの内定者ですが、メタルさんも同じようなレスをすると思うのと、私が感じた範囲のことを受験生に伝えられればと。
確かに知識を問われる問題は殆ど聞かれた記憶はないですね。しかし、新聞のニュースで印象に残ったことを聞かれる場合や、こっちが質問したときの面接官さんの解答に、最低限の経済や株式市場の知識がないと理解できないことは事実あります。大学生は勉強しないですからね笑。経済を専攻してれば分かるかもしれませんが。私も細野を読んだことがありますが、浅く広く易しく理解できる点で就活生にはいい本だと思います。

>VPになるまでは残酷日記以上かもしれませんね。
どきどきですが・・・。
残酷日記に関しても、IB志望者は読んだほうが絶対いいと思いますよ。就活生のときって華やかな職場を想像しがちですから。

Posted by IB内定者 at 2006年11月01日 00:16
>IBバンカーさん
レスいただきまして恐縮です。本の紹介は、IB内定者さんのおっしゃってることとほぼ同意見です。確かに専門知識が問われたことはありませんでしたが、経済を広く浅く知らないと考えの幅が広がらないので、私は必要だと思っています。
残酷日記より大変とは・・・。来年から心してがんばろうと思います。

>IB内定者さん
ありがとうございます。やはり文章を読んでいても考えは一致するところがあります。これからもよろしくおねがいします。
Posted by メタル at 2006年11月01日 01:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26108081
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。