2006年10月26日

P&Gインターン選考詳細

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/recruit/internship/16/


昨日の課題本は探してみましたか?
外資狙い就活生でなくとも、経済・金融に軽く触れておくのは重要ですので
ぜひ週末を利用して読んでみてください。


さて、今日はP&Gインターン
についてとその考察です。
______________________

では、選考の流れから。
昨年の内定に至るまでの選考プロセスですが
マーケティング部門だとこんな感じでした。
(ソース:マーケ内定者より。)

「筆記(3,4倍)→GD(10倍)→GD(6,7倍)→ジョブ(1.5倍)→最終面接(1.5倍)」

倍率はおよそですので、参考程度にしてください。
1回のジョブで各部門4,5人内定してるようです。
私は2回目のGDで落ちました。
ちなみにインターン募集はあと2、3回ほどあるのですが、
何回落ちても再トライできるのが特徴ですw



P&Gは世界最大の消費財メーカーで、社員の質も非常に高いことで有名です。
社内の公用語が英語ですので、ビジネス英語も身に付けることができ、
将来世界中を相手にビジネスをしたいという人は
キャリアのファーストステップとして申し分のない会社です。
今年の内定者も極めて優秀です。

ただ、何故か日本支社が神戸にあるので、
「神戸なんか行きたくないYO!」「東京で遊びたい!」
という理由で、せっかくの内定を辞退する人が毎年いるようですw


マーケティング部門は「世界最強のマーケティング集団」と呼ばれ、
世界中のどこからでも声が掛かるほどです。
ファイナンス部門も同様に、財務のスペシャリストとしての
キャリアを積む事ができます。
数年働くと、企業のCFOレベルのポストから声が掛かるとか。
amazon日本ブランチのCFOはP&Gファイナンス出身ですね。



さて、そんなP&Gの採用ですが、インターン形式で行われます。
選考には、外銀やコンサルからバンバン内定を取るような
バケモノも数多くいます。



では筆記試験です。
大問5つで、国語2題、算数3題でした。
夏に受験した人はそれといっしょです。
時間は忘れましたが、普通に解いても全問解けました。
ある程度できれば、まず通過できる筆記です。

国語:センター試験レベルのものです。特に対策は必要ありません。

算数:GAB(表の読み取り等)、文章問題
   文章問題の例ですが、
   「会社全体の予算の20%をA部署に割り当て、A部署はその予算の15%をX事業に当てました。X事業に当てたのは会社全体の予算の何パーセントですか?」
こんな感じの中学受験レベルです。
ちなみに答えは3%です。

GABの対策としては、
筆記試験の完全攻略〈2008年度版〉―SPI2/CAB・CAB2/GAB/ENG/GFT/IMAGES すべての問題形式を誌上に再現!!
こちらのテキストはGAB、CABからSPIまで幅広く網羅しています。
のちのち、投資銀行、日系企業の筆記の際にも使えますので、
手に入れておいても損はないでしょう。
こちらは全力でオススメします。
ちなみに2008年度版とありますが、2007年度版を先輩に貰っても大丈夫です。



GAB、CABをもう少し勉強したい人は、こちら。
必勝・就職試験!初級から最上級まで全レベル対応 CAB・GAB完全突破法!

P&Gの筆記を受けてきて、時間が足りなかったと感じた人、
ギリギリだったと感じた人には
今後の投資銀行受験用にオススメです。
投資銀行の筆記は、コンサルほど難しくないので
高得点を取らないとバンバン落ちます。
筆記でまさかの敗退とならないためにも、対策は怠らないように。
また、気になる昨年の投資銀行の筆記に関しては、明日アップします。


またP&Gとは関係ありませんが、
文系の就活生でSPIにつまずき気味の人は
「筆記試験の完全再現」のほかに
超速マスター!SPI無敵の解法パターン〈’08年度版〉
をやるといいです。
日系企業は主にSPIと、たまにGABとなりますが
この2冊でマスコミ(商社)以外あればまず落ちることはありません。
この本がSPI対策の王道のようです。
しかしSPI対策本に関しては、数多く出ていますので、
実際に本屋に出向いて自分に合うものを探してみるのも手です。


次にGDです。
ここのグループディスカッション(GD)ですが、
10枚弱のPG製品に関する資料が与えられ、
40分ほどで今後の戦略を練り発表する

ものです。
毎年ネタは同じようなので、フライングしたい方は先輩に聞いてみてください。
また、午前と午後の部がありますが昨年はネタがいっしょでした。
そのため、お昼にネタと攻略法を交換しあう受験生も多かったですw
こういうところで外資の夏インターン組のアドバンテージが出てきます。
就活仲間がいない方は、近くのカフェに行ってみるといいです。
隣で教えあっているのを盗み聞きすることができるかもです。

卑怯?ずるい?就職活動は、ときに正直者が馬鹿をみる世界でもあります。真っ向勝負をしていきたい人はそれはそれでいいのですが、そのあたりは各自のモラルで判断してください。私からは何とも言いません。


GDの戦略ですが、10数人で1チームなので、
とにかく目立たないと落とされます。
与えられた資料を素早く読み解き、主導権を握りどんどん突っ込んでいく
積極性も必要です。
ちなみに、他の企業でこれをやると落とされますので注意してくださいw
P&GのGDは「P&G専用のGD」と認識しておきましょう。
GDに関しては、
就職ディスカッション 突破の10原則〈2007年〉―パターン別攻略法をガイダンス
こんな本も出ていますが、実践での場数を踏むことが重要です。
あ、あとGD後の発表者にはP&G製品がプレゼントされますので
ぜひ手を挙げて発表してみてくださいw



最後に。
PGはGD前に戦略の立て方の講義があるのですが、
経営・マーケを勉強したことのない人には素晴らしい講義になっていますので、
ぜひ筆記試験を突破して参加してみてください。
IBD、コンサルのジョブで使えるのでなかなかためになります。


それでは筆記試験がんばってください!応援しています。
参考になりましたらランキングをぽちっとお願いします。現在8位です。ありがとうございます。




◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 01:46 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | インターンシップ情報
この記事へのコメント
P&Gの筆記は、3人掛けの机に3人で座るので、カンニングをしあった人がかなりいたそうです。という話をボスコンの筆記の後に、数人の学生が話してました。

筆記はそれほど難しくないので、カンニングまでしなくても、解けるとおもいますけどね。
Posted by 筆記体験済 at 2006年10月31日 16:51
PGに限らず、これからの筆記試験は(特に日系)ギュウギュウ詰めの席で受験することも多々あります。私の知る限りではカンニングで捕まった人はいないので何とも言えませんが、住友商事はカンニングを名簿にチェックしてた雰囲気でしたので気をつけたほうがいいかもしれません。

PGの筆記が時間どおり解けるようでしたら
外銀の筆記は英語を抜かせば大丈夫だと思います。
がんばってくださいね!
Posted by メタル at 2006年10月31日 17:04
コメントありがとうございます。

カンニングを捕まえないけど、チェックする会社もあるんですね。すべてを見られていることを意識しながら行動しないといけませんね。

PGはまだ結果はわかりませんが、ボスコンは落ちてしまいました。できがあまりよくなかったので、当然と言えば当然だと思いますが。他の筆記の前に、このサイトに上げられているすべての問題集をやりたいと思います。

採点方法について質問があるのですが、P&Gの場合、加点方式であると、断言してたのでよかったのですが、一般的にコンサルの筆記は減点方式なのでしょうか。ボスコンのテスト終了後に周りを見回してみると、解けなかった問題はマークしていない人が多かったので。
Posted by 筆記体験済 at 2006年10月31日 18:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26174287
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。