2006年10月30日

ラックファクターGD勉強会

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/recruit/event/25/


就職ランキングでぶっちぎり1位!

ラックファクターって知っていますか?
就活生を支援する学生団体で、主に勉強会を開催しています。
今回はGD勉強会を開くようです。

ネタバレが多少あるために公開の是非を管理者にメールしたのですが
返信がないので記事にします。

以下、その詳細です。


________________________________

ラックファクターは毎年、超一流企業の内定者を中心に運営されており、
おそらく日本で一番ハイレベル層の学生たちが集まります。
イベントの存在は、東大生、夏インターン組を中心に口コミで広がります。
そこが一種のスクリーニングになっているのでしょう。

私も去年参加してきました。
「管理人は今年は内定者側として参加するの?」という疑惑がありますが、
ご迷惑をお掛けしてしまうかもしれないので、終了までは秘密にしておきますw

すでに満席になってしまっているのは申し訳ないのですが
今後、何かしらのイベントがあるかもしれないのと
今週末に参加する就活生にアドバイスをと記事にする次第です。


では昨年の場合です。
昨年は午後からスタートでした。
まず受付で1000円を払い、予め決められたテーブルに着席。
ラックの面々の自己紹介があり、GDに関しての講義が行われます。
・GDの進め方
・どんなスタンスで臨めばいいか
が中心です。とてもためになった記憶があります。
昨年あったネタのひとつとしては
「ゴールドマンサックス(以下GS)のGDは書記をやれば通過できる」でしたかね。
そのほかは当日のお楽しみに。

講義が一通り終わると、次は実践です。
2セットやりました。
テーマは「20代のうちに身につけておくことは?」「成長とは何か?」
こんな感じの2つでした。
ちなみに後者はGSのGDに頻出パターンなので覚えておいてください。
昨年のGS本番ネタとしては、
・成功の定義とは?
・挫折の定義とは?
変化球として
・インド経済と中国経済はどっちが発展するか?
などがありました。

GD練習の採点者は、サポートで来ている内定者が行います。
呼ぶ内定者も人を選んでいるようで、ハイレベルな人たちばかりです。
GD後、講評をしてもらえるので、なにが良くて悪かったのかが分かり
今後の改善点として活かすことができます。
ただ、就活生は密かに採点されていて、その採点名簿を回収していたので、
その後何に使われたのかが大変疑問でした。

その後は、内定者との懇親会が1時間ほど。
昨年の就活状況を質問できるいい機会なので、活用してください。

(´ー`)y━~~参考になりましたらクリックお願いします。


それでは。
そろそろ記事が増えてきたので、コンテンツ別に整理していこうと思います。







___________________________________________________________
___________________________________________________________
(追記)ラックファクター運営者様から連絡をいただきましたので
追加で載せておきます。


【歴史】
2004年8月,「デキルを見つける」をコンセプトに発足.金融・コンサルを中心に,6つの業界から意識の高い学生が終結.「未来の最強ネットワーク」構築を目指す.交流会・勉強会の2軸を中心に,様々なイベントを主催,質・規模ともに国内有数の学生団体に成長.構築した人脈・就職に関するノウハウを駆使し,採用コンサルティングサービスを複数の企業に提供している.

【ネットワーク】
就活生(120〜150名)
外資金融・コンサルティングファームへの就職を目指す学生が多い.業界についての知識を教え,内定者が相談にのる「就活勉強会」を提供.所属大学は,東京大学,慶應大学,早稲田大学等。

社会人(634名)
Luck Factor創設メンバー・2期メンバーを中心としたネットワーク.東京大学・慶應大学出身者で,外資金融・コンサルティングファームで働く1年目社会人が多い.

内定者(348名)
2007年入社組.昨年度の勉強会出身者に限らず,「内定者交流会」(120名規模)を通じて拡大.就職先は金融(名),コンサル(名),商社(名) 等多岐に渡り,各業界におけるトップ企業を網羅している.

運営スタッフ
外資、日系コンサルティング、外資金融、外資メーカー、商社、
と多岐にわたる業界からの5名で運営しております。


______________________________

とにかくすごい団体ということです。
運営者の方々、がんばってください!
そして就活生はたくさん学んでくるように。





◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 13:39 | 東京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | 勉強会・イベントの告知
この記事へのコメント
毎日の情報提供ありがとうございます!

1つ質問です!
BCGやATKのようにジョブを冬と春にやったり、
MonitorやBainのように通年採用しているところがありますよね。
巷の噂では時期が早い方がたくさん採るようなのですが・・・
時期別の採用方針的なことでご存知のことがありましたら、よろしくお願いします!
Posted by gakusei at 2006年10月30日 18:53
時期が早いほうが内定数は多いのは確かです。しかし、だからといって簡単なわけではなく、あくまでも数名ほど多いというだけです。また優秀でなければ内定は出ません。そして前半戦は猛者が受けてきますので、争いが熾烈のようです。

また、対策が万全でないのに特攻していくと
持ち駒を減らすだけです。コンサルはジョブ面接で落ちると本採用は受けれない企業が多いです。
Posted by メタル at 2006年10月31日 17:53
早速の回答ありがとうございます!
「対策が万全でないのに」、耳が痛いです・・・
まだ残っている&残しているところがあるので、
頑張って行きたいと思います。

これからも更新よろしくお願いします!
Posted by gakusei at 2006年10月31日 23:12
>gakuseiさん
万全とは知識ももちろんですが、
自信をもっていけという意味です。
しっかり対策したんだから俺は大丈夫!という自信が、面接では重要ポイントのひとつです。
がんばってくださいね。
Posted by メタル at 2006年11月01日 01:13
このブログ、とても参考にさせてもらっています。ありがとうございます。

「持ち駒」ということで質問です。
私は学部生なのですが、院に行くことも可能性として残して就職活動をしています。
戦コン、IBD、外資メーカーなどで学部で1度受けてると、院に行った際にリトライできない企業があると聞いています。
例えばマッキンゼーとモニターはリトライ不可と聞いております。
ご存知の企業があったら教えていただけませんか?よろしくお願いします。
Posted by B3 at 2006年11月05日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。