2006年11月03日

BCG冬ジョブの流れ

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/recruit/consulting/32/


おはようございます。
BCGのケース問題対策は進んでいますか?
筆記を通過した人は、練習に励んでいることでしょう。
1日5題くらい考えてみれば、本番でもそう緊張せずに
答えられますよ。

ではBCG冬ジョブの流れです。
___________________________

まずBCGの選考の流れから。

筆記→1次面接(前半・後半の部)→2次面接(2回?)→JOB

BCGの場合、筆記を通過するとホテルに呼ばれ、1次面接になります。
面接は2回。
前半の部は20分程度で若手コンサルタントとの1対1。
軽い自己紹介に始まり、そのトピックの中からさっそくケースが始まります。
殆どの場合、自己紹介またはESの中から出されます。

仮に私がテニスネタを話したとしましょう。
すると面接官は「テニスの競技人口ってどのくらいいると思う?」
と始まるわけです。
そこで「10万人くらいですかね。」と適当に答えてはいけません。
どのケース問題でも共通ですが、まず言葉の定義から始まります。
競技人口だったら「それはプロ?アマ?」のように。

前半の部に合格すると
「では部屋を出まして、右側に出ますと控え室がありますので
 そちらで待機しててください」
と言われ、後半の部に行くことができます。
後半の部も面接形式はいっしょです。

一方、不合格だと
「今日はお疲れ様でした。今日の結果は1週間以n・・・」
と言われて帰宅になります。
後半の部へは合格者のみが進むことができます。
その場で結果が分かるスピードくじ方式
さすが外資!と思わせてくれます。
ちなみに私は後半の部で落とされました。

コンサルはあまり受けていない私からの多少のアドバイスですが、
例えばスポーツ系を話す人は、
・競技人口
・競技人口を3年で1.5倍にするには?
・(上記に付随した質問で)テニスをやったことない私がテニスをやりたくなるように売りこんでください。
・テニスショップの事業戦略
・儲からないテニスクラブハウスの再建方法
くらいは想定し、事前に練習しておくこと!
例題や解説を見たい人は、
今からでもソッコー本屋に行ってビル・ゲイツの面接試験
を買ってくることをオススメします。
そして勉強してください。

ちなみに私がBCG前半の部で聞かれたのは
「テニスクラブハウスのオーナーが、売上が上がらなくて困っています。
質問すべき事項を4分で考え、私(面接官)がオーナーやるから質問してね。」
※テニスというのは例です。

・売上は主にどの項目があり、どんな割合か?コート代、会員費、グッズ売上etc・・・?
・売上=単価×人数だから単価が動いたのか?単純に来る人が減ったのか?
・来ている客層はいっしょか?
・1人辺りのプレイ時間が減ったのか?
・付近に別のクラブハウスが出来たとか、プールが出来たとかないですか?

当時、ケースの存在は知っていたものの、
無勉強+ビルゲイツ本の存在すら知らなかったので、
何も考えず、思いつくままに言ってしまったことを覚えています。
マーケティングの4P(Product, Price, Promotion, Place)や
SWOT分析(Strength,Weakness,Opportunity,Threat)などのフレームワークは、
ひとつの手段であるとはいえ重要ですね。
(※これらもビルゲイツやクリティカルシンキングで学べます。)

そのあと軽いディスカッションがあり、
最後に、「質問がバラバラだけど持ってるものは悪くないから
クリティカル・シンキングなど読んでみるといいよ。」
と言われ、多少の解説を貰って終わりました。
なんとか後半の部には進めたものの、
「ケースってこういうことだったとね。」とそのとき初めて知った私に
奇跡は2度起きず、脱落。

こんな感じです。
コンサルはあまり受けてないので、情報が少ないです。


◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 06:38 | 東京 ☔ | Comment(8) | TrackBack(0) | コンサルの採用情報
この記事へのコメント
質問させて下さい。サマー・ウィンターインターンシップをやると日系企業でアピールポイントになると聞いたのですが本当でしょうか??ある二系証券会社では外資でインターンしなかったのと聞かれた先輩がいるそうなのですが。よろしくお願いします。
Posted by 就職君 at 2006年11月03日 14:11
アピールポイントにはなりますね。それだけ厳しい選考に勝ち抜いたって証拠になりますから。ただ、そこで何を学んだのか、感じたかのほうが大事ですのでそこを中心に伝えるようにしてください。

Posted by メタル at 2006年11月05日 01:42
こんにちは、いつみ見させていただいています。
ほんとに有益な情報で助かっています。
質問させていただきたいのですが、BCGの1次面接ではケースが一番重要なのでしょうか?
つまり、志望動機だとか、自己PRなどの質問はあまりなかったのですか??
Posted by arimon at 2006年11月07日 10:55
質問に答えさせていただきますと、
ケーススタディが一番重要です。
特に、選考序盤戦ではその色合いが濃いです。

上記しましたとおり、
簡単な自己紹介のあとにケースが始まります。
ちなみに私のときは2回とも志望動機は
聞かれませんでした。
これで答えになっていますでしょうか?
Posted by メタル at 2006年11月08日 08:11
大変参考になりました。
本当にありがとうございます。
周りに情報が無く、このサイトにはお世話になりっぱなしです。
これからもちょくちょく質問させていただくことがあるかもしれませんが、よろしくお願いします。
Posted by arimon at 2006年11月09日 02:50
いつも見させてもらってます。
このページを参考にケースとかの勉強した結果、おかげさまでBCGの一次通りました!
2次の情報等あればお聞かせください。
よろしくです。
Posted by たまねぎ at 2006年11月15日 13:42
>arimonさん
そういった人のためになればと思って書いていますので、大変嬉しいです。ぜひがんばってくださいね。

>たまねぎさん
おめでとうございます。努力の成果ですね。
2次ですが、志望動機や雑談、そして「質問ある?」だったという情報があります。ケースを聞かれたという話は聞きませんが、いちおう心の準備はしておくといいかもしれません。
こちらは私も含め、体験しておりませんので正確な情報ではありませんので参考までに。
Posted by メタル at 2006年11月15日 14:48
大変参考にさせてもらってます。二月の下旬か三月の初旬にスプリングジョブに参加することになったのですが、どういったものなのか情報とかありましたらお願いします。ケースの課題に取り組む以外にまったく想像もつかないのですが、なにか今からできる対策などアドバイスなどありましたらぜひお願いします。
Posted by salam at 2009年12月03日 16:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26684332
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。