2006年11月04日

通信教育第2回(経済・金融の次は市場だ!)

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/technic/books/34/


就職ランキング1位です!

前回は、通信教育第一弾において
「経済・金融」全般を幅広く捉える本を読んでいただきました。
これまで経済や金融の仕組みに疎かった人も、
面白いように理解できたのではないかと思います。
感謝!のメールも2通ほどいただき、嬉しい限りです。
※了承をもらったので、第一弾の一番下に貼っておきました。

では通信教育第二弾に行きたいと思います。________________________

前回の2冊で、経済・金融全般の土台概念はほとんど網羅したので、
経済に関しては、新聞を読むことを前提に、
個人的に興味がある分野を深めてもらえばいいかと思います。
日経新聞を少しでもいいから読むようにしてくださいね。
※本日紹介するマーケットについても分かってくれば
なおさら分かりやすくなります。


さて、第2回はマーケットと会計を学習してもらいます。
必修本は1冊。

まずはマーケット(市場)についての紹介。
読む本はこちら。
全員読んで欲しい。

図解 株式市場とM&A


この本は、自分がカフェの経営者として起業する場面から始まり、
企業規模を拡大する過程で、資金調達、株式上場(IPO)、株式分割、
M&A、敵対的買収
などが経験、かつ学べてしまう素晴らしい本です。

こちらも前回の細野シリーズのように、
誰でもすんなり読める構成になっています。
そして言葉の定義や概念をしっかり捉えることができる良書
今までアヤフヤだった用語がすっきり定着します。

もともとはブログで連載していた作品だったのですが、
あまりの分かりやすさと反響の大きさに書籍化された一品です。
(※現在は書籍化された関係上、webでは読めなくなっている。)
株式・投資関連の本でベストセラーにもなった1冊です。

外資就活生はもちろんですが、
M&Aや会社のことに興味がある人、
株式に関係するニュースが何となくしか分からない人は
ぜひ読んでみてください。




続いて会計について。
こちらは投資銀行やコンサルの鬼門であるJOB選考において
多少優位に立ち、勝ち進むための知識を得る本です。
少々専門的な部分がありますので、読みたい人だけが読めばいいです。
簿記3級を知っていれば、そんなに難しくはありません。

[新版] MBAアカウンティング
会計に関して浅く広く書いてあります。
必要最低限の知識が無理なく学習できるかと。
前半部分はさらっと流して読んでくれればいいと思います。
後半部分は、企業の安全性や収益性、成長性などを
見抜くには財務のどこに注目していけばいいのかを
中心に勉強してみてください。







MBAバリュエーション
こちらは企業価値の計算方法を簡単な例題と共に
学ぶことができるのでオススメ。
ジョブ中に持参していた人も何人かいましたね。
DCF法、コンプス法など分かりやすく書かれています。






新版MBAマーケティング
こちらは超有名。
基本から応用まで書いてあり、就職してからも何かと使えそうな一冊。
戦略提案のときはチラチラ見ながらやっていた気がする。
ただ、JOBのために勉強するとすれば不要かな。
P&Gセミナーで勉強したSWOT分析や
4P、3Cくらい知っていれば問題ないかと。





数日中にJOBについてアップします。
これらを読む必要性を詳しく解説します。


参考になりましたか?よろしければクリックお願いします。




◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 07:17 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 使える就活本の紹介
この記事へのコメント
いつも的確な本の紹介ありがとうございます。
さっそく株式市場とM&A読破しました。
市場で起きてることがとても分かりやすく説明されてて、読んでよかったです。
Posted by ねこ at 2006年11月08日 08:57
メタルさんはじめまして!
上記の方と同様ですが、株式市場の本読みました。変な専門書読むより、ぜんぜんいいですね!紹介していただく本は、常に良書で大変ありがたいです
Posted by ななしさん at 2006年11月11日 15:55
マーケットについての理解を深めることができたようで幸いです。実践していくことを忘れず、がんばってくださいね。
Posted by メタル at 2006年11月13日 02:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。