2006年11月05日

リーマンブラザーズ選考詳細

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/recruit/ib_rec/35/


就職ランキング1位です!

リーマンブラザーズ証券
のエントリーが始まっていますね。
こちらはGSと同じ六本木ヒルズに入る投資銀行です。
ライブドアのMSCB発行で一躍有名になりましたね。
最近、日本でも勢力を増してきています。

ではその採用の流れです。
___________________________

◎IBDの場合

「ES→説明会→筆記・G面接→JOB→個人面接複数→内定」

昨年のESは志望動機(日500字、英1000字)と
自己PR(日500字、英1000字)でした。
モルスタも同様ですが、ここでだいぶ諦めてしまう人が出てきます。
投資銀行は選考時期が早いために力試しの受験者が多いので、
それを排除する目的だと思われます。

ESを出すと説明会に申し込むことができ、
こちらの参加は任意になります。
そして1月からスプリングジョブの申し込みが始まります。
実質これが本採用で、内定は殆ど出してしまいます。

筆記とグループ面接は同日に行われました。
筆記の内容はこちら
面接では、
自己紹介と志望動機、最近印象に残ったニュース、質問
を聞かれたような気がします。

そしてJOBに参加できるのが大体60人ぐらいだったかな。
4人1チームで、間を空けた3日間に分けて開催されました。
出た課題は2つ。

「○○のM&Aを含めた事業戦略を提案せよ。」

「○○(未上場会社)の企業価値を算定し、買収すべきかどうか判断せよ。」

そういえばジョブの数日前に、
その企業の有価証券報告書や新聞、プレスリリースが閉じられた
厚さ10センチ以上あるぶ厚い資料が届きました。
「ちゃんと読んでおけ」的な英語のメモといっしょに。
↓(部屋を探してみたら残ってたので記念に。)
lman.jpg


JOB中に一度面接があり、過酷な労働時間は大丈夫か?
ほんとにうちに来たいか?などを聞かれました。

JOB後は、通過者のみ面接に進むことになります。
人にもよりますが10人以上に会うことになります。
もちろん恐怖の英語面接もあります。
そして、それらをクリアして内定になります。
夏期インターンで内定が出ていた人を除けば、
一番早い人で2月中旬ぐらいだったのかな。





◎債券部門の場合

「ES→説明会・G面接・個人面接4回→個人面接複数→内定」


ES選考後、説明会&集団面接に呼ばれることになります。
30分くらいの説明会では、
「当社の選考方法に関しては、採用が終わるまで
 一切某掲示板やブログで書かないこと。」

となぜかキツく念を押されました。
それもそのはずです・・・。

集団面接は、社員2vs学生5。
なぜか債券本部と株式本部の人でした。
自己紹介やそれに関する軽い突っ込みのあと、
英語での質問がいくつか。
「ははーん、英語があることを他の人に漏らしちゃ駄目ってことね。」
とにんまり思う俺。
結局面接は30分ほどで終了。

面接が終わると、そのまま部屋で待機しているようにと言い、
そそくさと出て行く社員さん。
「英語厳しかったよねー。」「うん、うん。」
こんな会話をしながら数分ほど待つ学生たち。

人事「以上で終了になります。お疲れ様でした。
   あ、それとメタルさんはちょっとご連絡がありますので
   隣の部屋に移動してもらえませんでしょうか。」

隣の部屋に入って待つ俺。
早く帰らせてくれよ。。。
すると人事がそそくさと入ってきて口を開きました。

人事「もしご予定がなければ次の面接に進んでいただきたいのですが。」

その後、個人面接30分×4人をこなし終了。
あと10人ほどに会って内定になります。

・・これが外資の効率のよさでもありシビアさです。
あとからリーマンを受験した人に聞いたが、
彼ら彼女らも同じ体験をしたとのことでしたのでした。



外資のシビアさを感じましたか?参考になりましたらクリックしてください。



◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 03:24 | 東京 🌁 | Comment(12) | TrackBack(0) | 投資銀行の採用情報
この記事へのコメント
会社全体説明会(11月、12月)と部門別セミナー(1月)があるみたいなんですけど、全体説明会って別に行かなくてもOKなやつですか?
Posted by b at 2006年11月15日 01:35
okです。不利にはなりません。が、懇親会みたいなのがあるので、名前を売ることができれば有利になることは確かです。また、リーマンの面接時に「懇親会で社員さんとお会いして、ここがいいと思った」的な理由ができるので、そういう意味でも参加するに越したことはないです。
リーマンは、鬼の志望動機、自己PRがネックですよね。
Posted by メタル at 2006年11月15日 14:40
早速ありがとうございます。
どんどん埋まっちゃうから、出せるESは早く出した方がよいと聞いて焦ってます。もう(出せるとこは)ほとんど出したって言う人にも何人か会いましたので。
ただ、ここのように説明会、セミナーの開催時期が明記されていれば、それより前に選考が始まることはないのかな、と(特別ルートは別にして)。
そのへんどうなんでしょう?
Posted by b at 2006年11月15日 23:16
業務部についての採用の流れはどのようなものでしょうか?他の企業についても、情報をお持ちでしたら教えてください。
Posted by aa at 2006年11月16日 00:25
>bさん
セミナー後になるというのは合ってますね。その後はESが早い順に呼ばれると思います。

>aaさん
業務部は受けていないため、正確な情報は分からないので書いてません。ただ、多くは筆記通過後、面接を重ねて内定という形になります。英語面接が何度かあるのが特徴です。あとは強い志望動機を持っていればなんとかなります。
Posted by メタル at 2006年11月17日 16:51
お返事ありがとうございます。
メタルさんのご意見を参考にがんばりたいと思います。
Posted by aa at 2006年11月18日 01:15
はじめまして、
リーマンの説明会が12月8日にあるのですが(9時から12時)それは上で述べられてる選考会ではないですよね?実はクレディスイスの選考会もその日の午後にあり、もし面接が同日、リーマンで説明会後あるのであれば、クレディスイスのほうを取り消そうと思うのですが、、
Posted by tina at 2006年11月19日 23:27
リーマンのは懇親会みたいなのがあります。こちらの回が最終回なら行ったほうがいいと思いますが、他にもセミナー日程があるようだったらCSFBを優先していいと思いますよ。
ちなみにCSFBはまだまだ日程がありますのでご心配なく。
Posted by メタル at 2006年11月21日 02:33
ありがとうございます。それでは予定通り2つまとめて同じ日にいこうと思います。
Posted by tina at 2006年11月21日 21:40
はじめまして。
気になった点が一つ。

>英語での質問がいくつか。

とありますが、
どの様な質問だったのでしょうか?

英語がそこまでできないので心配です。
気合いで何とか話したいと思っているのですが。。
Posted by aaa at 2007年01月10日 17:20
はじめまして!

土曜日からIBDのジョブに参加することになりました。
しかしまだ資料が届きません!
こんなにギリギリに来るものなのでしょうか・・?
Posted by erica at 2007年01月18日 13:30
2日前に資料届きました。
わざわざ質問しちゃってすみません!
Posted by erica at 2007年01月19日 17:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。