2006年11月07日

ローランドベルガー選考詳細

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/recruit/consulting/40/


就職ランキング1位です!

ローランドベルガー
のエントリーは済んでいますか?
11月末に説明会を開催するようです。
昨年は抽選だったのですが、今年はどうなんでしょう。
ジョブのエントリーは11月末のようですね。

さて、ベルガーと聞いて私が思い浮かべるのは2点。
自動車業界に強いコンサルということと
内定を出した学生にことごとく辞退される会社ということですw
しかし、それ以外は極めて謎。

以下、その詳細です。

________________________

「ES→筆記→GD・集団面接→JOB→(個人面接)→内定」


まず鬼のES切りがあります。
これでかなり絞っている模様。
その次は筆記試験。詳細は筆記試験過去問を参照のこと。

筆記後は、GD(4〜5人)がありました。
「○○の新規事業戦略は?」の至ってありきたりなパターン。
コンサル受験慣れしてくる時期ですので、
受験生全体のレベルが上がってきていることを実感。
でもそのほうが逆にやりやすい気がします。

そして、その日のうちに集団面接(社員1人vs学生2人)。
志望動機、簡単なケース(カード会社の売り上げを上げるには?)
が聞かれました。

それを通過するとJOBでした。
1週間で8万円もらえるありがたいイベントです。
この時期はすでにほかの外資が多数内定を出していたので
アルバイト感覚で来ていた就活生も多かったように感じました。
そういえばこの時期すでに、
外資内定お祝い飲みなんてのも開かれていましたね。

さて、ジョブの内容ですが5人1チームで事業戦略を考えろというもの。
最終日のプレゼンはやたら長く、5人で50分。
へとへとで爆睡した記憶がありますね。

これを通過すると内定の電話を頂くことになります。
中には個人面接(面談)を経て、内定にたどり着いた人もいるようです。
ただ、昨年は多くの内定者が日系なり投資銀行に行ってしまい
総辞退だったとの噂を耳にしましたw
そのおかげで、夏ごろまでESを再度受け付けていたようです。


以上、ローランドベルガーについてでした。

参考になりましたか?よろしければクリックおねがいします。



◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 00:52 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | コンサルの採用情報
この記事へのコメント
いつも有益な情報ありがとうございます。
今回ベルガーの筆記を通過したのですが、一点質問です。
実は、次の面接が二通りあるようで・・・
@筆記2日後にメールが来て、次は15分面接。
A筆記6日後にメールが来て、次は2時間面接。GD?

やはり@は筆記の内容がずば抜けてて、GD免除とかなんでしょうかね。お忙しいかと思いますがもし知ってる情報あればレスお願いします。
ちなみに私はAのほうです。。
Posted by た at 2007年01月28日 02:00
いつもありがとうございます。
JOBからの通過率はどのくらいなのでしょうか?
Posted by nik at 2007年02月12日 22:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。