2006年11月08日

NRIのWJ選考詳細

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/recruit/consulting/43/


就職ランキングがやばい!
おはようございます。

今日は野村総合研究所(NRI)WJ
についてです。
こちらはシンクタンクとして分類されている会社です。
野村グループの調査機関といってよいでしょうか。

また、学生向けの説明会等では戦略コンサルを謳っていますが
こちらはオマケの事業です。騙されないように。
やってることの殆どは、SEが大量にいてシステムの構築・販売を行う
システムベンダーです。

採用はコンサルとSEに分かれて行われています。
コンサルとして入るなら、申し分のない会社でしょう。

ではそのWJの詳細です。___________________

「ES→筆記→個人面接→GD→グループ面接→JOB→(本選考優遇措置)」


筆記試験通過後は、1対1の個人面接でした。
その時間およそ30分。
自己紹介に始まり、志望動機、そしてケーススタディがメインになります。
「○○の市場規模はどのくらい?」
「○○の競技人口は?」
などの計数推定でした。

実はこちらのお題はジョブの内容と関係があるようで
「IPODは日本にどのくらいあると思う?」と聞かれたら、
インターンのお題の一つがIPODだったりしたようです。


通過すると次は6人でのGDになります。
お題は
「某コンビニ、某喫茶店、某ハンバーガー店から一つ選んで、
その会社の新規事業戦略を立案しろ」
NRIはこの手のGDが多いです。
制限時間は1時間でしたが、まず対象とする企業を決めなくては
いけないので時間はすぐになくなります。
一番自分たちに馴染みがあるものがいいでしょう。

この次は社員3vs学生3での面接になります。
その社員さんは、インターン担当チームのリーダーです。
「○○について思う事」、他にも志望動機などが聞かれました。

それを突破するとようやくインターン。
4人チームでのグループワーク。
お題は
「○○(企業名)の△△事業を×年で○○○億にするには?」
ここまで書いてきた記事の中で気付いたと思いますが、
どの企業のJOBにしても、「事業戦略もの」ということが分かります。

どこか1社でも経験すると、アプローチの方向、
有価証券報告書の読み方、作業勝手が分かってくるのですが、
最初はなかなか大変です。
JOBが初めての人は、少しでも議論についていけるよう、
予めこちらの記事下部で紹介したような本を
読んでおくといいかと思います。
JOB編については近々記事にします。

また、2社目からは戦略的に行動することができるようになってきます。
こうなると大抵JOBは通過できるでしょう。
とりあえず1社、JOBまで辿り着けるといいですね。


さて、気になるNRIの内定に関してです。
外資系の場合、ここで内定が出るといったケースが多いのですが、
NRIは日系とあってか、それとも「採用には一切関係ありません。」
と書いたJOBの募集概要を気にしてか、JOB後は一旦放置になります。

そして通常の本選考を受けることになります。
しかし、やはり優遇されているようで、選考のステップはいっしょですが
多くの人は最終付近まで辿り着くことができます。
あとは会社の人があなたと働きたいと思うかで決まります。


以上になります。

参考になりましたら就職ランキングに投票いただけると幸いです!



◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 06:33 | 東京 ☀ | Comment(7) | TrackBack(0) | コンサルの採用情報
この記事へのコメント
いつも見させてもらってます。
NRIとは全く関係ない質問なんですが、
外資系投資銀行のESの締め切りは大体いつ頃なんでしょうか?
(はっきり書いてあるところもあるんですけれども書いて無い所が多いので…)
Posted by 天気日和 at 2006年11月08日 14:41
はじめまして。
今日NRIのインターンの選考結果が発表されたので、とてもタイムリーな話題でした・・・。
経営コンサル出だしましたが、やはり通りませんでした。聞いたところによると、倍率がシステムコースの10倍だそうなので、ざっと30倍から50倍くらい倍率になるのでしょう・・・。
NRIの元人事の人などに自己PRや履歴書の添削など行ってはいたんですけど、まだまだでしたね・・・。
ただ、そのプロセスは色々と勉強にはなりました。
Posted by たかみー at 2006年11月09日 02:45
いつも参考にさせて頂いております。【筆記】去年の投資銀行【公開】の所に紹介されていた2つの筆記対策本を買わせて頂いたのですが、これではSPI2の対策が不十分な気がします。もしSPIを網羅したい場合良い問題集はあるでしょうか?

また5大商社の筆記対策に向けてどのようなことをやればいいのでしょうか?コンサルみたいに10%以下の通過率なのでしょうか?

いつもありがとうございます。
Posted by バブルスライム at 2006年11月09日 09:47
いつも参考にさせて頂いております。【筆記】去年の投資銀行【公開】の所に紹介されていた2つの筆記対策本を買わせて頂いたのですが、これではSPI2の対策が不十分な気がします。もしSPIを網羅したい場合良い問題集はあるでしょうか?

また5大商社の筆記対策に向けてどのようなことをやればいいのでしょうか?コンサルみたいに10%以下の通過率なのでしょうか?

いつもありがとうございます。
Posted by バブルすらイム at 2006年11月09日 09:51
>天気さん
記事に少し載せましたが、志望度が高いのでしたら1月上旬くらいです。

>たかみーさん
残念でしたね。コンサルはここだけではないので
トライしてみてください。

>バブルスライムさん
SPIは投資銀行の筆記対策のところにアップしておきました。参考にしてみてください。
商社編に関してですが、後々アップしたいと思っています。少々お待ちください。
商社の筆記に関してですが、倍率もせいぜい5倍程度です。また大半はミーハー受験ですから、TOEIC600点レベルの英語力があれば問題ありません。
SPIとGABが中心に出ます。
Posted by メタル at 2006年11月10日 18:35
はじめまして。
メタルさんのような素晴らしい方とサイトの存在を
今日初めて知り、一気に四か月分を読ませて頂きました。
もっと早く知っていればと悔やみますが、
今は残りわずかな持ち駒に全力投球する他ありません。

今週コンサルのジョブに行く予定ですが、
メタルさんはジョブの参加者の間で差がつくのは
どのような所だとお考えですか?
恐らく比較的長い期間中の思考の持久力やペース配分なのではないか?
と私は考えているのですが・・・
もしよろしければお聞かせください。

Posted by 金太郎 at 2007年02月12日 02:41
ケースのお題にあるIPODってアップルのiPodのことだったんですねw
一瞬何のことだかわからず、ぐぐってしまいましたw
Posted by M at 2007年12月29日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27004971
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。