2006年11月18日

株式投資とFXの紹介

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/career/careerup/57/


就職ランキングで1位獲得!

こんにちは。
めっきり寒くなってきましたね。
体調管理には気をつけてください。

さて、随分前から左欄外には掲載しておきましたが
株式投資・FXってやったことありますか?」
______________

◆株式投資
昨年は大いに沸いた市場になり、儲けた人も多々でした。
しかし、儲け以上に株式投資から学ぶことは非常に多いです。

・企業財務に興味が持てるようになる
・業界ごとのつながりが見えてくる
・ビジネスモデルを学べる
・新聞を読むようになる
・マーケットを体感できる


投資銀行・コンサル志望者に関わらず、
今すぐにでも始めて欲しいことの1つです。
別に多額のお金を運用する必要はありません。

始めてから1、2ヶ月くらいで、
・企業のビジネスモデルの理解
・企業財務の知識
に、雲泥の差が出ることは間違いないでしょう。
やはり人はお金がかかっていると貪欲に学習しますw

また、私を含めた周りの友人も感じていることですが、
投資を始めてみての一番の変化は、
世の中のニュースに常に敏感になるとともに、新聞を読む癖ができたことだと思います。
ぜひ騙されたと思って始めてみて下さい。

いちおうどうやって始めていいか分からない人のために
簡単に始め方を書きますと

「資料請求→口座作成用の返信をする→自分専用の口座ができる→

→そこにお金を銀行から振り込む→その限度額内で投資。」


こんな流れですかね。
口座ができるまでには1週間以上かかります。
ちなみに口座を作ったり、口座の維持手数料とかは一切取られません。
手数料が発生するのは、株を売買するときだけです。

「株は危険!」というイメージもありますが、
信用取引(株を担保にしてさらに株を買うこと)をしなければ問題ありません。

10万円以下の小額投資なら、松井証券が断然オススメかな。
売買手数料までもが無料なので、他を選択する余地がありません。
そのほかにも何社かありますので、資料などで比較してみてください。
・SBI証券

・マネックス証券

楽天証券



==============================================

FXについて。
FXは世界のつながりを通貨の動きを通して垣間見ることができます。
正直、非常に面白いです。
北朝鮮のミサイル発射でガッツポーズするなど、不謹慎なこともありますがw

そのほか、魅力はこちらで紹介していますので
興味があれば覗いてみてください。

FX Online Japan
 30日間無料デモをやっています。
 ※こちらは全額保全がないので、実際のトレードにはオススメしません。


以上になります。



◆以下、優良FX会社。

過去に、信託保障のないFX会社が倒産し、投資家の泣き寝入り事件
がありましたので、ご参考までに。

・セントラル短資
(口座開設で5000円と本貰える。一定期間手数料無料。)


・MJ
(手数料無料)


・みんなのFX
(手数料無料。)



・FXプライム
私はこちらを利用してます。(手数料無料)



※各サイトで、FXの詳細説明も見れます。

以上になります。




◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 09:04 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 株・FX・不動産・独り言など
この記事へのコメント
株の勉強をするのにお勧めの本ってありますか?
Posted by さと at 2006年11月20日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。