2006年11月20日

(日本では)下位投資銀行まとめ

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/recruit/ib_rec/60/


ランキングをぽちっとお願いします!


日本ではマイナーな外資系投資銀行のまとめです。
私が知ってる限りを伝えようと思います。
空白が多いのは勘弁してください。




________________


【ベアー・スターンズ(ジャパン)証券会社】

「ES→個人面接3回→インターン→(個人面接)→内定」

まずはES提出になります。
ESと言っても、リクナビに載っていたメールアドレスに
英文履歴書・和文履歴書を添付して送信するだけ。
こちらのフォーマットは、カリヨン証券仕様のものを使いました。
(後日、アップするかも)
12月中旬頃に送信。

ESを出したことさえ忘れた2月上旬、面接連絡をメールで貰いました。
面接で会った人数は3人。
いずれもマネージャークラスで日本人1人、外国人2人。
普通の面接でしたが、英語の壁は大きい。
「信頼を勝ち取ることってどういうこと?」
こういう抽象的な質問に、英語で簡潔に答えるのは難しいもので
私はここで撃沈。
通過するとジョブがあるらしいですがこの先は不明です。




【カリヨン証券】


「ES→筆記→面接→・・・→内定」

ESは日英の履歴書を送信。
データのフォーマットが送られてくるので、それに記入して送信する仕組み。
このデータが他社の履歴書にも使えるので便利。

筆記。
日テレ近くのホテルで受験。
以前にも書いたようにGABが出ました。

面接。
電話連絡では英語面接ありとのことでした。
しかしすでに他社の内定が出ていたこともあり辞退。
電話口で辞退の意志を伝えると、
「辞退されるなら正式な辞退書を送付してください。」
と言われた非常に不愉快な会社。
もちろん無視しましたが。
でも今更ながら、このブログ書くんだったら行っておけばよかったと後悔w




【ドレスナー・クラインオート・ワッサースタイン証券】

「ES送信→・・・・→内定」

受験者も内定者も少なすぎて完全に不明。
毎年1、2人取るとか。
実際に履歴書を送付し面接を受験した友人がいますが、
英語(!?)面接で撃沈した模様でした。





【HSBC証券】

「説明会→ES→SPI筆記→英語テスト→面接→本国面接→内定」

こちらは世界的にも有名な銀行ですね。
イギリスに本社があります。
正直こちらは下位に分類したくなかったのですが、
情報・内定者の少なさからこちらに書くことにしました。

まず説明会ですが、リクナビから申し込みました。
説明会は途中退出者が大量に出るなど
グダグダだったわけですが、分かったことは以下の2つ。
1、2年間の本国研修があること
2、英語がネイティブは最低条件
在日代表が、何度も英語を強調していたのを覚えています。
それが原因でのクビもあるとか。
それと帰りにHSBCグッズをもらいました。

ESは英語で書くものでしたが、私はここで諦めることに。
TOEIC800前後じゃ太刀打ちできません。
筆記はこちらに書いたとおりですが、
TOEIC940点の友達が落ちていました。

それを通過すると、日本での英語面接が何度かあり
最後は本国との電話英語面接らしいです。
(本国まで行くのかは忘れましたがおそらく電話。)
それで内定になります。
毎年3〜5人が内定するようです。



以上になります。
どこも受験者、内定者ともに極少数ですので情報が殆どありません。
もし昨年度受験された方で、
何か情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら提供頂けると
今後の就活生のためになるかと思います。
よろしくお願いします。


参考になりましたら、ランキングをぽちっとお願いします。






◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 22:18 | 東京 ☁ | Comment(22) | TrackBack(0) | 投資銀行の採用情報
この記事へのコメント
2つ質問があります。お願いします。
2chで日興シティグループが赤字って出てたんですけど本当のところどうなんですか?
それと下位投資銀行にバークレイズって入らないんですかね??
Posted by 質問です at 2006年11月21日 01:02
関係のない質問で申し訳ないんですが、GSの筆記試験の案内はエントリーしてから何日くらいでくるんですか?
Posted by aaa at 2006年11月21日 01:32
>質問ですさん
面白そうなので明日記事にします。結論から言うと、第2四半期が赤字だっただけですね。
バークレイズ忘れてましたwちょっと待ってください。書くの忘れてたらもう一回コメントください。

>aaaさん
3、4週間に1回まとめて筆記の案内を送ってると人事の人が行ってました。私も3週間くらい待ちましたね。気長に待ってみるといいと思います。
Posted by メタル at 2006年11月21日 02:26
日興citiはIBD人員を1.4倍にするそうですが大丈夫なんでしょうか。
ますます給料が下がるという話なのですが。
そして日興は外資系なんでしょうか?ディールを見ると日系証券会社っぽいのですが。
Posted by しつもんくん at 2006年11月21日 12:52
日興シティって説明会じゃなくて選考始まってるのですか?ついでに聞きたいです
Posted by コメ at 2006年11月21日 19:35
>質問ですさん

コーディアルの中間決算を見ると株式部門が大幅な赤字を計上しているようです。第二四半期は赤字です。

>しつもんくんさん

IBDは基本的に全社拡大傾向にあります。
日興citiの初任給は外資証券の業界平均です。

実質支配の観点から言えば、シティグループの投資銀行部門(CIB)の日本支店という認識がいいでしょう。(そもそも外資、日系というくくりがナンセンスですが)ディールの観点から言ってもかなり大きな案件を多数手がけてるのではないでしょうか。

2chでは投資銀行全般的に偏見をもたれがちです、自分の目で見て決めるのが一番だと思います。
Posted by あくまで客観的に at 2006年11月23日 15:27
記事にしておきました。
そちらをご確認ください。

>あくまで客観的にさん
素晴らしいレスをありがとうございます。
内定者もしくは外資関係者でしょうか。
私の言いたいこととほとんどいっしょです。
http://gaishi.seesaa.net/article/28145760.html
Posted by メタル at 2006年11月23日 23:06
マッコリーとかソシエテ・ジェネラルとかは新卒採用してないんですかね?
Posted by 気になってみた at 2006年11月28日 00:41
どうなんでしょうね。ただ、履歴書を送ってしまえば、大抵は話を聞いてくれます。そこから採用というのもありますので。
一番は人事にメールしてみることです。
Posted by メタル at 2006年11月28日 05:50
ついでに!!
クレイディスイスの紹介はないですか!?
詳しいこと教えてください
Posted by 関野怜 at 2006年11月28日 23:31
BNPなどはこれに入らないのでしょうか?
もし他で書かれていたらすいません!
(余計かもしれませんが、内定ネットさんのように、ページ内検索なども付けてもらえると記事を探しやすいかと思います。)
Posted by ak at 2006年12月11日 03:41
パリバは分かりません。
ごめんなさい。

検索機能については、左側の募金箱と書いた近くにありますよ。
Posted by メタル at 2006年12月12日 01:02
>検索機能については、左側の募金箱と書いた近くにありますよ。

気づきませんでした。すいません。
ありがとうございました。
Posted by ak at 2006年12月13日 00:57
わかりづらい場所でごめんなさい。
Posted by メタル at 2006年12月14日 22:36
いつもお世話になっています。

バークレイズについての記事って、まだ書かれていませんよね?もし良ければお願いします。
Posted by RH at 2007年01月03日 01:37
バークレイズはごめんなさい。
副が受けてた気がしてたんですが
彼も知らないようです。
Posted by メタル at 2007年01月04日 11:33
HSBCについてもし新しい情報をお知りであれば教えてください。

現在僕が知っているのは...
去年くらいから採用予定人数を一気に約20名に増やしたこと、
(今はわからないが)これまでは絶対的な英語力を必要としてきたこと、
イギリスに行っての面接はないこと、
くらいです。

よろしくお願い致します。
Posted by london lad at 2007年12月11日 21:09
いつもお世話になっています。
カリヨンについて、GABのCompactですか、通常のGABですか?
Posted by 一円 at 2008年01月12日 03:10
通常のGABです。
Posted by メタル at 2008年01月12日 13:57
>londonさん
去年からは採用方針も変わったようで、英語は以前のように採用基準としては重視されなくなっているようです。去年は、英語のテスト(TOEICのスコアで免除アリ)&WEBテストとエントリーシートの後、3回の面接で面接官は全部日本人だったみたい。今年もおそらく採用枠は20人くらいなんじゃないかと。
Posted by @日本橋 at 2008年01月23日 00:49
ベアのインターンについてもっと情報ないですか。
Posted by コメ at 2008年02月15日 12:15
バークレイズはここに分類してはかわいそうでは・・・。リーグテーブル見てもドイチェやクレディスイスと同程度の位置には日本でもいると思います。受験者数も上記IBと同程度いると思いますし。
Posted by momo at 2010年03月29日 18:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27896279
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。