2006年11月22日

全企業の筆記試験対策まとめ(新卒採用、外資系、日系)

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/technic/es/64/


記事が参考になりましたらランキングをぽちっとお願いします。

全企業の筆記対策まとめです。

選考過程の中で、多くの企業が筆記試験を設けています。
面接できる人数の限界というのもありますが、
一番大きな理由は、最低限の学力を持たない人材は不要ということです。
どんなに人間性が高くてもアホは要らない。それだけです。
たまに筆記落ちをした就活生に
「もっと人間性を評価して欲しい」と文句を言ってる人がいますが
「そもそもあなたは人間性を評価する以前の問題だ。」
と言われていることに気づいて欲しいものです。

筆記で落ちるほど、悲しいものはないです。
その仕事が天職かもしれないのに、
”自分”という人間を知ってもらうことができず、機械的に落とされてしまいます。

ゆえに筆記は必ず勉強しましょう。
筆記を軽視していると思わぬところで痛い目を見ます。
優秀な大学の学生ほどこの傾向が強いと思われます。
筆記は勉強さえすれば何とかなります。



では筆記対策です。

______________

この記事では、<基本的に共通>、<マスコミ編>、<商社編>と
3部構成でまとめてあります。
また、外資金融、コンサルは別途まとめましたので
リンク先を参考にしてください。

外資金融・・・筆記過去問筆記対策

コンサル・・・筆記過去問筆記対策





◆基本的に共通

※2009年11月更新。
筆記試験の殆どを占めるのがSPI2、テストセンター、GAB。
そういった意味でも、この3タイプは完全に解けるようにしておきましょう。
今(2009年)では、就活対策本もかなり精度を上げてきていて、
数字が違うだけでほとんど類似の問題が出ます。
特に「ノートの会」シリーズは、絶大な人気と的中率を誇ります。
全員に使って欲しいのがノート会シリーズです。


・各社の過去問と出題例(※筆記対策本で最強と言われています。)
 この業界・企業でこの「採用テスト」が使われている! 2011年度版
 必携。
 最初はこの1冊だけでいいです。
 どの会社でどのタイプのテスト(過去問)が使われているのかが分かります。
 おまけにそれぞれのテストタイプの出題例(GAB、CAB、SPI2)もついています。
 入り口として、必ず手に入れるべき1冊。


・SPI2対策
 [テストセンター対応] これが本当のSPI2だ! (2011年度版)
 上記で紹介した本で、SPI2が完璧でないと思ったらこちらを。
 SPI2対策本はたくさん出ていますが、こちらが1番です。
 過去の就活生の絶大な支持を集めています。
 ほとんど類似問題が出ます。


・テストセンター対策
 直前でもOK! [パソコン版SPI2] これが本当のテストセンターだ! 2011年度版
 SPI2が得意なら不要かもしれません。
 しかしテストセンター特有の問題があり、それと類似問題が掲載されていますので。
 万全を期すならどうぞ。
 ※転職活動では、【テストセンター・SPI2-G対応】転職者用SPI2攻略問題集 【改訂2版】
  使いましたが、類似問題がかなりありましたのでご参考までに挙げておきます。


・GAB・CAB対策
 これまでと同様で、ノートの会のGAB用。
 商社受ける人は解いておいたほうがいいと思います。
 CAB・GAB完全突破法! (2011年度版) [Web-CAB・GAB Compact・IMAGES対応]





※2006年ごろまでは、日経から出ている以下の書籍がベストでした。
 が、今はノートの会が最良と言えるでしょう。
 (日経就職シリーズ) すべての問題形式を誌上に再現!!筆記試験の完全攻略2011年度版





◆マスコミ業界

・受験生必須
 いずれも超有名な2冊なのでご参考までに紹介。
 マスコミ筆記は、時事や一般教養を中心とした出題かつ倍率も高いので、
 しっかりとした対策が必要です。


一般教養の天才〈2011年版〉 (Wセミナーマスコミ就職シリーズ)

マスコミ就職読本シリーズ







◆時事対策(おまけ)
 他業界志望者でも常識として知っておいてもいい範囲。
 参考程度に載せておきます。
 日経キーワード500はこれまで新聞を読んでいなかった人にはオススメ。
 ※ちなみにテストには出ないので、あえて買う必要はないです。
 
 時事問題&一般常識―朝日キーワード就職〈2008〉

 日経キーワード重要500〈2008年度版〉







<総合商社>

人気が高い業界のため、受験者が殺到。
仮エントリーで2万人超、筆記受験者で1万人前後と聞きます。
そのため筆記でかなり絞られ、通過者は2000〜3000人。
倍率は4〜5倍ほどです。
せっかくOB訪問を重ねても、ここで落ちたら何の意味もなくなりますので
しっかり対策を立てる必要があります。
※体育会・コネ組でもあまりに点数が悪いと落ちることがあるみたいです。注意。

ちなみに各社の出題傾向は以下のとおり。
三菱商事・・・GAB、TOEICレベルのreading(文法・長文)
  →三菱商事の選考詳細
三井物産・・・SPI、TOEICレベルのreading(文法・長文)
  →都合により削除
住友商事・・・推理問題、GAB(言語)の英語版
  →住友商事の選考詳細
伊藤忠・・・・推理問題、英会話文の穴埋め


※推理問題とは、表やデータから相関性を見つけて選択肢を選ぶ問題です。
 例えば、天候、曜日から遊園地の入場者数を推理します。
 GABとも若干異なるので100%な対策法がありませんが、
 GABをやっておけば、本番で何とかなります。
 (推理問題では殆ど差はつかないと思われる。英語が重要。)


とにかく英語をやっておくこと。
目安はTOEIC600点以上です。
リスニングはないので、文法と長文ができればよしです。
どんなに英語が苦手な人でも、3ヶ月必死に勉強すれば通過出来るレベルです。

英語対策はTOEICをやってくれれば十分。
商社に限らず、メーカーなどのグローバル企業でも
内定後にTOEICを勉強する必要が出てきますので一石二鳥です。
TOEICテスト新公式問題集などをやってみるのがいいでしょう。
アルクシリーズ
なども有名ですので、自分に合うものを探してみてください。



以上になります。
筆記落ちなどないよう、しっかり対策してください。
検討を祈ります。






記事が参考になりましたらランキングをぽちっとお願いします。

(2009年11月追加更新)


◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 16:00 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(1) | ES・筆記・面接等の攻略テク
この記事へのコメント
初めまして。毎日欠かさずチェックさせて頂いてます。
ところで、上記の商社の筆記では英語の聞き取りは出るのでしょうか。情報がなく困っています。お手数とは思いますが、もしご存知でしたらお願い致します。
Posted by まー at 2007年01月20日 20:51
>リスニングはないので、文法と長文ができればよしです。

リスニングはないと書いてありますね。
Posted by ↑ at 2007年01月21日 11:33
ありがとうございます。
最近そのような噂が増えてきたため、改めて確認させて頂きました。
しっかり勉強して望みたいと思います。
Posted by まー at 2007年01月22日 21:09
商社やマスコミ以外の業界でしたら、SPI対策は一冊やっておけば十分ということでいいのでしょうか??
Posted by ヨット at 2007年02月10日 20:24
ほとんどのSPI対策の本は役に立たないですよね。今日試験を受けてきたのですが、私が持って問題集は国語はの分野では役に立ちましたが数学はほとんど実物と違っていました。私個人としましては、これが本当のSPI2だ!!という本が役に立つと思いますがいかがでしょうか??
Posted by marin at 2007年02月22日 02:11
総合商社の筆記試験対策まとめです。


筆記は必ず事前に勉強しましょう。
筆記試験をバカにして、痛い目にあった友人は山のようにいます。

総合商社の筆記の倍率は約4〜5倍程度。
東大・早慶の学生でも落ちる人は多数います。

私は大手総合商社Mの内定者ですが、同期でも他社の筆記で落ちた人は大量にいます。
内定者の中で5大商社全て筆記を通過している人は感覚的に4割ぐらいでしょうか。

うちの会社以外全部落ちたという人もいました。
運よくうちに通ってよかったと思いますが(笑)、皆さんはそんな危ない橋は絶対に渡らないでください。


筆記で落ちるほど、悲しいものはないです。

ただでさえ少ない持ち駒が筆記で半減してしまい辛そうな友達は大量にいました。

そうならないように、今から対策しておいてください。


ちなみに、体育会系枠・コネ枠の人でも筆記があまりにも悪いと落ちます。
コネ枠を自慢していた某知り合いは留年の憂き目に合いました(笑)





5大総合商社の筆記試験の詳細を下記にまとめました。



三菱商事  言語(GAB)、計数(GAB)、英語(文法・長文)
三井物産  SPI2、英語(文法・長文)
住友商事  言語(GAB)、計数(GAB)英語(長文)
伊藤忠   言語(GAB)、計数(GAB)、英会話文の穴埋め
丸紅    SPI2、英語(文法・長文)





見て分かる通り、総合商社の筆記試験の殆どを占めるのが

・SPI2形式
・GAB形式
・英語(TOEIC)

です。

この3つは完全に解けるようにしておきましょう。


難易度としては、主観ですが

(難)住友商事>三菱商事>伊藤忠>三井物産>丸紅(簡単)

の順でしょうか。

英語以外はほとんど各社出題形式も同じなので、英語の難易度で差がついた印象です。




まず、筆記試験対策の入り口という意味での一冊。




もし筆記試験対策をまともにしたことが無い人であれば、絶対に解いてください。
「テストの会」シリーズは類似問題が出る&内容が充実している事で非常におすすめです。


筆記試験対策をしている時間がない場合でも、これ1冊やるとやらないとでは全く合格率が違います。





次に、GAB対策



上記の各社別筆記詳細を見ればわかる通り、ほぼすべての企業がGABを導入しています。
GABは問題形式への慣れが解くスピード・回答率の決定的な差を生みます。
極力、上記の2冊はしっかり取り組んでください。




次は、SPI2対策



総合商社の中ではSPI2形式を採用しているのは三菱商事だけですが、総合商社を除く他企業の採用で圧倒的に採用されているのがこのSPI2です。

みなさんもどれだけ自分の実力に自信があっても商社以外を受けないわけではないでしょうから(笑)、時間が許す限り対策してください。





最後に、英語対策です。

商社の英語は簡単です、所詮TOEIC700点取れれば余裕のレベルです。

TOEIC700点はどんな人間でも必死に1ヶ月勉強すれば取れます。






必死にやってもTOEIC700点取れる自信が無いという方、商社を受けるのを諦めてください。

地頭が他人の1/2の能力であっても、他人の2倍勉強して補えばいいだけの話です。

大事なのは何としても結果を出す事。
それができないのなら、そもそも100倍近い商社の選考過程に生き残ることは無理です。






TOEICは、まず対策をしたことが無い&時間がない人は

この本に取り組んでください。




全てのセクションの対策・各セクションでの点をとるポイントが網羅的に示されています。

じっくり対策を取る余裕・時間のある人は公式問題集・podcast等を通じたリスニング力の強化を行ってください。
TOEIC対策については、また後日書きます。



最後にしつこいですが、筆記は必ず対策をしてください。

筆記試験ごときで自分の人生を狂わさないように。

検討を祈ります。

総合商社の選考の概要はこちら

以上です。
Posted by at 2010年03月30日 11:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

筆記試験の完全攻略 2009年度版―SPI2/CAB・CAB2/GAB/ENG/GFT/IMAGES (2009) (日経就職シリーズ)
Excerpt: 筆記試験の完全攻略 2009年度版―SPI2/CAB・CAB2/GAB/ENG/GFT/IMAGES (2009) (日経就職シリーズ) タイトルの通りSPI2から始..
Weblog: もぼなもな書房
Tracked: 2009-09-18 10:30
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。