2006年11月23日

日興シティ続編

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/recruit/ib_rec/67/


ランキングをぽちっとお願いします。

いくつか質問を受けましたので
日興シティグループ続編です。
前編はこちら


_____________

>選考はすでに始まっていますか?

大学別で個別に説明会を開催しているので、
それに出席するとESが出せるようになります。
そして通過の連絡をもらい、筆記に呼ばれる仕組みです。
昨年はリクナビから応募した覚えがあります。


>2chで日興シティグループが赤字って出てたんですけど
本当のところどうなんですか?


今年の7月〜9月の四半期決算に限った場合ですが本当ですね。
株式部門のみが大炎上しています
こちらのp,10を見てもらうと分かると思いますが、
トレーディング損益が大赤字なのが分かります。
前年度は半年で約150億円の儲けを出していたにも関わらず
今年度は半年かけて4億円ちょっとです。
どこかのデイトレーダーのほうが稼いでいますねw
IBDは相変わらず順調のようです。



>日興citiはIBD人員を1.4倍にするそうですが大丈夫なんでしょうか。

むしろ積極的なM&A業務拡大に向けての増員ではないでしょうか。
「増員=ダメ」という考えはナンセンスすぎます。
他の方のコメントにもありましたとおり、
日興シティIBDは、シティグループの投資銀行部門(CIB)の日本支店です。
ディールの観点から言っても大きな案件を多数手がけています。

2chの情報に惑わされすぎですね。
日興シティは、半外資ということでなぜか叩く人が多いですからね。
まぁ外資の情報源なんて限られてますから無理もないでしょうが。



>給料がますます下がるみたいですが・・・。

ますます・・の意味が分からないです。
社員さんでしょうか?
ここの給料は完全citiの外資ベースですので
特にジュニア時代は他の外資と変わらないようです。
今期の株式部門の噂を聞いてのコメントでしょうが
心配しなくても大丈夫です。



>日興は外資系なんでしょうか?
>ディールを見ると日系証券会社っぽいのですが。


外資系ですよ。
シティグループ投資銀行部門の日本支店の位置付けです。
ディールは日系を相手にしたものが多いですが、
もちろんクロスボーダー案件もあります。
http://www.thomsonfinancial.co.jp/pdf/R2006Q3JapanM&A.pdf




2chではいろいろ言われていますが、
総じて、IBD、リサーチで入るならとてもいい会社だと思います。
私の選択肢のひとつでもありました。
GS,ML、MS蹴りもいますよ。
何より案件数が多いので経験が積めますからね。
野村、大和SMBCと同様、転職を考える上でもいいと思います。


以上になります。


参考になりましたらランキングをぽちっとお願いします。




◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 23:00 | 東京 ☁ | Comment(9) | TrackBack(0) | 投資銀行の採用情報
この記事へのコメント
国内M&Aリーグテーブルでは、
今年度も日興シティが現時点で1位だと述べられていますが、
http://gaishi.seesaa.net/article/26631457.html

過年度の成績だと、外資IBは、
2005年度:1位メリル>2位モルスタ>3位JPM>4位UBS>5位日興
2004年度:1位GS>2位メリル>3位JPM>4位日興
http://www.thomsonfinancial.co.jp/pdf/2005%20Japan%20M&A.pdf

となっていると思いますが、これは違うということでしょうか?
Posted by 質問です。 at 2006年11月24日 22:45
http://www.thomsonfinancial.co.jp/pdf/R2006Q3JapanM&A.pdf
これのことを言ってると思うんだが。
国内リーグテーブルでは今年はがんばってるようね。
Posted by ↑ at 2006年11月25日 10:24
今年度”も”現時点で1位というのは誤りですね。
今年の10月時点のリーグテーブルでは日興シティ1位ということです。ご指摘ありがとうございます。直しておきますね。

>これは違うということでしょうか?
トムソンが正しいですよ。







Posted by メタル at 2006年11月25日 14:40
メタルさんは今でも日興citiへの就職をお勧めされますか?

日興についてはどこからもいいお話を聞きません。
M&Aのリーグテーブルも一年を終わってみれば4位転落。
日興の社員まで先行き不安で社内の雰囲気は最悪だともらしてたのですが。
Posted by max at 2007年01月25日 19:26
>今でも日興citiへの就職をお勧めされますか?

どこと比べてですか?
答えだけ言えば、「はい」です。
Posted by メタル at 2007年01月27日 00:03
初めて書き込みさせて頂きます。
現在、日興citiさんからスプリングジョブのお誘いを受けています。
しかし、日系の証券会社と迷っているため、出来れば参加をお断りしたいと思っています。
もしこのお誘いを断った場合、最終選考に支障が出るものなのでしょうか?
Posted by うるま at 2007年01月28日 22:24
余裕があるのでしたら、行ってみたらいいと思います。なかなか面白いもんですよ。
JOBで適性を見たいというのがあると思いますので、行った方がいいとは思います。真相はわかりません。
Posted by メタル at 2007年02月03日 22:27
jobに関してですが、やはり事前に勉強しておいた方が良いのでしょうか?
また、各部門でそれぞれ一日ということは、他ファームのような部門別jobと違って、そこまでハードではないのでしょうか?
Posted by RH- at 2007年02月05日 03:08
日興とシティが分かれてからのシティについての評判はどうなのでしょうか? 以前のようにディールも多くないように感じますが。
Posted by まっくす at 2011年01月18日 13:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28145760
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。