2006年12月06日

落ちることに慣れるのはよくない

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/technic/es/78/


就職ランキングは2位陥落。

就活生ランキングも1位まで目前!1位のブログは就活ブログなのかとふと疑問に思う今日この頃。

卒業に向けて忙しくなってきました。
金融関係とは全く別物なんですが、
こちらも突き詰めるとなかなか面白いものがあります。

今日申し上げたいことは、
落ちることに慣れるな!です。


_________

今日の夕方、スタバにふと立ち寄ったときのことです。
本を読みながらコーヒーを啜っていたら、
就活生2人がこんな会話をしておりました。
普段、周りは気にしないのですが、当ページの話題、
そして就活関係の話をしてたので、つい聞き耳を立ててしまいました。

A「カーニーどうだった?」
B「1次でさくっと落とされたわ。」
A「そっかー、へこむね。」
B「んー、今さらへこまないなあ。就活なんてこんなもんでしょ。
 夏からやってるし、落ちるの慣れたわ。」

落ちるのに慣れてしまうのはよくないです。
たとえ落ちてもなぜ落とされたのかを分析し、
しっかりへこんで”悔しい”という思いを持つことです。

私も現に、初期段階での面接落ちがありましたのでこれを経験しています。
夏のインターン時には、1社落とされるだけでも悔しいと思ったのに、
この時期は淡々とこなしている自分がいました。
いわゆるこれが負け癖というやつです。
負け癖は厄介。
ほんとは正しいことでも、勝手にそこがダメだったんだと思うようになり、
より悪いほうへと動いていきます。
幸い私の場合は、メモを残していました。
それを振り返ることで、反省の共通点に気付き、開き直ることができました。
不思議な自信にもなりました。

その面接で聞かれた中身と反省
手帳の隅にでも書くようにするといいと思います。
帰りの電車などでいくらでもあるはずです。
のちのち見直すと、
1、殆ど似たようなことしか聞かれてない
2、同じ質問で失敗した

この共通項に気付くはずです。
ちなみにこれは私の場合ですが、2月の終盤戦にものすごく重宝しました。

またES、筆記で落ちたときには特にへこみましょう。
「面接するにも値しない。」
そう烙印を押されたのですから。
無駄に持ち駒を減らさないためにも、
ESはしっかり書き上げたものを、
筆記はしっかり勉強をした上で、臨むことです。


最後にもう一度。
落ちるのに慣れてはダメです。
しっかり反省をすることです!
悔いのない就活を!


就職ランキングは2位陥落。

就活生ランキングも1位まで目前!1位のブログは就活ブログなのかとふと疑問に思う今日この頃。



◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 04:20 | 東京 ☀ | Comment(9) | TrackBack(0) | ES・筆記・面接等の攻略テク
この記事へのコメント
外資の面接って圧迫なんですかね?
某会社で圧迫面接があり、どう対応していいのか困りました。何をみられているのでしょう。なにか対策があればお願いします。
Posted by 圧迫面接 at 2006年12月07日 00:36
>何をみられているのでしょう。
ご自分で考えても仮説や予想すら出てきませんか?
面接以前の問題のような気がしますが。

そもそも「圧迫」って何ですか?
Posted by _ at 2006年12月07日 04:28
はじめまして、いとち☆と申します。
07就活生でした。
この記事拝見して思ったこと書きます。
就職活動は、「落ちる落ちない」でも「勝ち負け」でもありません。
自分と企業とのマッチングです。
選考が進まなかったとしたら、その企業とは合わなかったんだ、で済みます。
就職活動で一番大切なことは、自分をよく知って、
素の自分で臨むことです。
Posted by いとち☆ at 2006年12月27日 13:14
>選考が進まなかったとしたら、その企業とは合わなかったんだ、で済みます。

これで済ましてるから一流内定は取れないんだよな。
Posted by あ at 2006年12月27日 13:22
でも、作った自分で内定をとってもその企業自体とあわなければ後で苦労するだけだから、あまり一流内定をとることにフォーカスしても意味がない気がしますよ!外資であう人あわない人いると思うし、それは人それぞれだから、一概には何が一流内定かわからないと思います。確かに妥協をして、というのはよくないですけど。
Posted by tina at 2006年12月28日 19:36
tinaさんわかってますね。
一流って何をもって一流っていうんでしょう。
就活に正解はないし、勝ち負けもないです。
まぁ、だからこそあさんにとっての一流もあるのでしょうけど。
>これで済ましてるから・・・
って、初対面(対面もしてないけど)の人に対して敬語が使えない人に言われたくないです。
Posted by いとち☆ at 2006年12月30日 07:28
確かに就職活動は勝ち負けが重要ではないんですが、勝ち負けはありますよ。5月に持ち駒ゼロと三井物産内定ではどっちが勝ちでしょうかね?
そのへんは人の考え方によりますので、あまり深入りはしませんが。


>就職活動で一番大切なことは、自分をよく知って、
>素の自分で臨むことです。

自分の根底の部分は大事だけども
素で臨むのは私は反対ですね。
もちろん自分をよく知るというのは大事ですよ。


Posted by メタル at 2007年01月04日 11:26
企業を選ぶのは内定とってからで十分だと思います。
落ちたら「合わない」、受かったら「合う」じゃなくて、受ける会社に合わせて自分の武器の中で見せるべき部分、見せ方の戦略を練ってとにかく内定は取る。
内定してからじゃなきゃ得られない情報も収集しながら、内定後に冷静に進路は選べばいいと思います。
活動中は「受かる」ことに労力を集中し、内定後に「選ぶ」ことに集中する方が効率が良いと感じました。
Posted by にか at 2007年01月04日 18:58
まずは内定を取ることが重要です。
辞退するのは自由。
Posted by メタル at 2007年01月17日 01:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。