2006年12月07日

2006年ベストセラー

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/technic/books/82/


参考になりましたら就職ランキングをぽちっとお願いします。

学生ブログランキングにも投票!

トーハンから2006年総合ベストセラー
が発表されましたね。
記事には関係ないのですが、載せてみます。
それと私のコメントを少しだけ。



_______

【2006年ベストセラー本】

1位 国家の品格
読んでみたけど、そういう考えもあるのかーで終わってしまった1冊。
これから外資に就職するということで気になって読んでみました。
作者曰く、「いま日本に必要なのは、論理よりも情緒、英語よりも国語、
民主主義よりも武士道精神であり、「国家の品格」を取り戻すことである。
すべての日本人に誇りと自信を与える画期的日本論。 」


2位 ハリー・ポッターと謎のプリンス
ハリポタは今でも人気なんですね。
賢者の石は読んだが途中で飽きてしまった覚えがあります。


3位 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
ほかの人のレビュー読んでみるとなかなか面白そうですね。
国民的感動大作らしいです。
評価も高い。読んでみようと思います。


4位 えんぴつで奥の細道
なぞるシリーズで有名ですよね。こんなに売れているんだと感心。
買おうとは思いませんが。


5位 病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
レビュー見ると、食生活と生活リズムに気をつけろという結論のようです。
読む気にはなりませんが。


6位 おいでよ どうぶつの森 かんぺきガイドブック
ゲーム本がランクインしてる。今はこれがはやっているのか。


7位 人は見た目が9割
有名ですよね。立ち読みで30分で読んだけど、ふーんで終わってしまいました。


8位 新・人間革命 (第1巻)
なんかやばそうな本です。


9位 子育てハッピーアドバイス
しばらく縁がない本です。結婚は随分先なんだろな。
まずは成功してから。


10位 鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール
友達が読んでいた気がします。
以下、解説文より。
インターネットで爆発的に広まっている愛と感動の真実のストーリー。
この短い物語には、あなたの悩みを解消し、運を開くヒントがあります。



そのほか11〜20位で気になった本

超バカの壁
バカの壁はなかなかよかったですよね。
これはどうなんだろうということでいちおう。


生協の白石さん
私の大学の生協もこれを真似て、最近面白いコメントを書いているようですが
非常にスベった内容になっています。



全然関係ありませんが、
金融日記で有名な藤沢kazuさんが本を出すみたいですね。
なぜ投資のプロはサルに負けるのか?

ハーバード留学記のブログで有名になった岩瀬さんも本を出しています。
最近は出版ブームなのかと思ってしまいます。
ハーバードMBA留学記


以上になります。

参考になりましたら就職ランキングをぽちっとお願いします。

学生ブログランキングにも投票!





◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 07:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 使える就活本の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。