2006年12月18日

リクルーター制の評価(採点)方法

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/technic/es/91/


就職ランキング2位陥落!

学生ブログランキングにも投票!

こんばんわ。
ただいま帰りました。
今日はリクルーター制の続きである、
リクルーターの評価方法はどうなっているのか。」
についてです。

___________________

このリクルーター関連のお話は
諸事情により後日削除の可能性もあるので、
もし必要ならどっかにコピっておいて下さい。
またこれらの情報を信じるかどうかは皆様のご判断にお任せします。
あくまでも参考程度に。


とある金融業界のリクルーターをやってる先輩がいまして
その評価法と採点シートを見せてもらったことがあります。

この会社は以下の4項目、各5点満点の合計20点満点で採点していました。
聞くところ、○、△、×で採点するなどの違いはあるものの
どこの会社も似たような項目みたいです。

・コミュニケーション能力(普通に空気の読める会話ができるかどうか)
・業界等の知識(業界の知識というわけではなく、一般常識。)
・体力 
・志望度

 
この会社は比較的大きいので、機械的に通過人数が決められているとのこと。
予め「自分の担当した学生○人中、△人を通過させる」と決められていて、
いくら全員が優秀でもダメでも必ず△人が通過する仕組み
そして、体力と志望度は必ず満点が取れるらしいです。
特に志望度はどんな誘惑が来ても
「第一志望です。」を貫くといいよとのことです。


また、他に教えてもらったことを箇条書きにします。

・内定を出した後にたくさん辞退されると自分の評価が多少下がる。
  (→ゆえに「迷っている」という学生は出来るだけ通過させたくない。)
 
・全員入社しても評価は上がらない、というか上がっても雀の涙。

・体力と志望度は必ず満点が取れる。

・志望度は、迷ってても必ず「第一志望です。」を突き通せ。
 場が和んでくると、最後にポロリと「実は迷ってます。」と学生は言いがち。
 終盤は「迷っている」で落とすこともある。

・体力は、サークルやってる?、スポーツやってる?系の話になるから
 「体力あります。」と言っておけば5点がつく。

「ここからは選考に関係ないから〜。」の手段はよく使うので注意せよ。
 (学生を安心させてホンネを聞くため)
 


あ、あとOB訪問時点で評価している会社もあるので気を抜けないですよ。
今思い出しましたが、日本郵船はOB訪問で、
「3段階評価」と「OB訪問で聞かれたこと」を提出しているようです。
情報源は社員さん♪


以上になります。

この情報が役に立ちましたらクリック!

学生ブログランキングにも投票!




◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 22:33 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ES・筆記・面接等の攻略テク
この記事へのコメント
郵船さんの社員の方々お二人にお会いしましたが、最近はリクルーター制ではない感じです。ちなみに小生早計です。

日銀は相変わらずリクルーター制度でした。3月頭から個人面接がスタートです。「今年はリクしません」って言っていた人事の方に幻滅しつつ、社会の怖さを知りました。。
Posted by うるるん at 2007年02月24日 23:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。