2007年01月12日

企業価値を算定せよ

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/technic/es/105/


就職ランキングはお蔭様で1位!

学生ランキングは2位陥落です!

三菱東京UFJ銀行のインターンシップの課題

>東証一部上場企業の中で任意の会社を一社選び、
>その企業の企業価値を具体的な論拠に基づいて算出して下さい。
>算出手法の正確さを問う問題ではありません。
>これまでの経験や身につけた知識を振り絞り、
>自分なりの考えで企業価値を算出して下さい。

>(1000字以内)
〆切:1月18日(木)

http://www.saiyo.bk.mufg.jp/ee_ie/general_top.html

____________________


※前提として、私は金融を専攻としているわけでもなく
 まだ内定者の段階で特別何かを学んでいるわけでもないので
 それを理解した上で読んで下さい。
 間違っている部分もあるかもしれません。


では、どうやって回答するか。
おそらく計算手法よりも、
例えば「なぜ現金預金を減算するのか」等の
根拠をしっかり述べていれば大丈夫だと思います。
超簡単にやるならばこんな感じかと。


@「企業価値」を定義する。

正確に算定しろとは書いてないので、
自分の分かりやすいようにやってもいいと思います。

「企業価値=時価総額+(有利子負債−現金−預金−有価証券)+少数株主資本」


A対象企業を決める

対象企業はあまり事業を多角化していないところがよいかと思います。


BEDINETで有価証券報告書をDLする。

https://info.edinet.go.jp/login.do


Cそれを元に計算。
 根拠などはググるかMBAバリュエーションを参考にする。
 例:「株価はいつ時点の値を使うのか。平均値?」


本当はDCF法やCOMPS(コンプス)を使ってやるべきなのですが
手間がかかるし(その時間あったら他社のESを書くべき)、
そこまで高レベルのものは求めていないので
これでいいのではと思います。
第一、外銀の内定者でもそこまで出来る人は極少数ですよ。
ちなみに私も本を手元に置かないと出来ないです。


健闘を祈ります。

就職ランキングはお蔭様で1位!

学生ランキングは2位陥落です!





◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 03:05 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | ES・筆記・面接等の攻略テク
この記事へのコメント
やることは外資の真似、求める能力は外資以上。日系バンザイ!
Posted by インタン at 2007年01月12日 06:19
この記事はいくつかあるメタルさんの失態の一つだと思ってますw
これを信じてDCF使わなかった人たち、悉く落ちてました。
Posted by そういえば at 2008年02月04日 18:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。