2007年11月23日

みずほフィナンシャルグループ新卒採用選考詳細(面接・筆記)みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/recruit/others/147/


就職ランキング1位。

学生ランキングは2位!

こんばんは、メタルです。
過去ログを整理していたところ、
いくつか書き途中の記事を発見しました。
今後、加筆する可能性はまずないのでそのままアップ致します。
※情報は昔のままです。
※書き途中のところあり。→加筆済

みずほフィナンシャルグループの選考詳細です。


________________

みずほFG。
詳しくはメガバンク概要を読んでみてください。

採用について。
みずほFGは、以下の採用形式を採っております。
・オープンコース
・IBコース
・GCFコース
・FTコース


オープンコースとは、
みずほ銀行、みずほコーポレート
のどちらかに配属される採用方式。
後者に行けるのはごく僅か。
以下、
みずほコーポレート志望→GCFコース
みずほ証券志望→IBコース
金融テクノロジー部門→FTコース
となっています。
(ちなみにFTとは、金融工学をベースに様々な金融商品を開発する部門)

オープンコースは、
数百名に渡る超大量採用で舐めてかかる人が多いのですが、
志望度が低いとみなされると
東大でもさくっと落とされるので注意
滑り止めの人は、さっさと内定を取ってしまって
本命に注力しましょう。

OPコース、IBコースの採用の流れです。
いずれも殆どいっしょ。

「ES→筆記→個人面接4回→内定」

セミナー。
綺麗ごとだらけ。
メガバンク概要を前提に話を聞いてみて下さい。

ES。
自己PRのみ。

筆記。
SPI。
国語と算数です。
OP、IB、GCFコースともに共通。
勉強していれば問題ないです。


1次面接(個人)。
・学生時代がんばったこと
・質問ある?


2次面接(個人)。
・学生時代がんばったこと
・どんな仕事がしたいか


人事面接。
非常に高圧的な面接。
・自己PR
・他社の選考状況


最終面接。
・うちが第一志望なの?
・体力ある?
・就活やめる?
その場で内定を貰いました。


辞退。
三菱東京UFJの記事と同じ流れ。



参考までに、
【みずほ銀行の給料】

1年目 ベース216万+ボーナス20万=236万
2年目 ベース240万+ボーナス50万=290万
3年目 ベース252万+ボーナス55万=307万
4年目 ベース270万+ボーナス60万=330万


殆どの人は内定後も裏で就活します。
バレることは皆無です。
納得のいく就活を!


以上になります。


◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 06:40 | 東京 ☀ | Comment(15) | TrackBack(0) | その他超一流企業の採用情報
この記事へのコメント
おそらくオープンは信託は行けなくて、コーポレートは行ける可能性があると思うので、そこがこの記事では間違っているんではないかと思われます。
ちなみにGCFとIBはインターンをするとかなり選考がゆるいので、インターン情報を与えてあげるとよいかと思われます。
いつも情報ありがとうございます。
Posted by 004 at 2007年11月25日 03:15
OPコースからは銀行かコーポレート銀行にしか行けません。
ちなみにコーポレート銀行はOPコースからでも数十人行けます。
信託銀行には信託コースからしか行けません。
証券も証券IBコースからしか行けません。

大勢の人が見ているブログなんだから、ちゃんと調べて書いた方が良いと思いますが。
中途半端に誤った情報を記載して学生を惑わすくらいならもうブログ自体辞めたほうが良いかと。
Posted by 銀月 at 2007年11月25日 15:56
確か、OPからコーポの人は、
GCFの人間と同じ仕事はさせてもらえないはず。
Posted by ・ at 2007年11月25日 22:07
なんでOP、IB、GFCは書いてFTは書かないの?
Posted by あ at 2007年11月26日 01:21
どうもありがとう。加筆・修正しておきました。
Posted by メタル at 2007年11月26日 02:10
メタルさん
更新お疲れ様です。 更新ごとに拝見させていただいております。

質問よろしいでしょうか。
私の大学の知り合いで、大学での公募でここのインターンに行った人がいるんですが、そういったインターンも選考に有利に働いてくるのでしょうか。

ご回答よろしくお願いします。
Posted by 一 at 2007年12月02日 04:29
こんにちは!
現在いろんなブログ応援しています。
応援ポチッ!
Posted by スタローン at 2007年12月03日 19:27
これはOP?
コースだとちょっと違うかも。
あと、08入社ではOPはリク、GCFはインターン出ると別枠って噂を聞いたんだけどそのへんはどうですかね?
Posted by あまえんぼ at 2007年12月05日 18:29
≫メタルさん あまえんぼさん

説明に言葉が足りず、申し訳ありません。

「ここのインターン」とは、証券【IB】部門のインターンのことです。 募集は1人〜数人で、2週間くらい、という噂を聞きました。
Posted by 一 at 2007年12月06日 19:32
いつも楽しみに拝見させていただいています。

学歴ロンダリングについての記事楽しみにしています。
Posted by ロンダ at 2007年12月14日 21:27
野村證券IBコースFEコースについての情報もください
Posted by のみゅーら at 2007年12月15日 13:48
有用な情報を流しますか。

OPからもCBは行ける。
噂によると半々だとか(あくまで噂)。
だけどGCF採用の人には相当の教育費をかけてもらえる。
FTも2,3年目から海外に半年〜数年行けたり。
とにかくOPとは扱いが全く違う。

GCFはインターン行ってないと本採用受けさしてもらえないとか。
筆記でトップ取れば話は別だけど。
3つ上のIBのインターン情報はちょっと間違っていて、
去年インターンした人はもっと多い。
部署もIBから債券と様々。
期間は2週間。
インターンしても本採用でサックリ落とされる人もいる。
インターンで能力ないと判断された人はね。
ただそこをクリアすると、
あとはかなりユルイ面接が待っています。
Posted by さる at 2007年12月21日 13:10
いつも現場のリアルな情報を楽しく拝見させて頂いてます。

私の彼もIBDで働いているんですが、彼の職場は離婚率や不倫率も高いと聞いています。

かなりお忙しいとは思うのですが、もしお時間があればIBDの方々のプライベートについても教えていただければと思います。
Posted by EH at 2007年12月22日 20:38
みずほIBコースは今年はインターンしないのでしょうか?
情報お持ちのかたよろしくお願いします
Posted by M at 2007年12月26日 21:56
みずほのIBのインターンは、1月15日〜25日までの間、
みずほ証券ウェブサイト上からエントリー可能だそうです。
Posted by Js at 2008年01月11日 02:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31674341
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。