2007年01月27日

外資就活生の就活後の流れ(オファーレター・辞退)

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/column/advice/114/


就職ランキングへの投票!

学生ランキングへの投票!

昨日に続き、外資就活の内定後の流れです。
「では実際に昨年の就活生はどんな感じだったか?」
をお伝えします。

________________

外資就活生の内定後の振る舞いです。
内定後の流れを記事にしました。

オファーレター(簡易版)にサインをした後の流れとして
周りを見ているとこんな割合に分類されるかと思います。

A:完全に就活を辞める人   50%

B:他社を一通り見て辞める人 30% 

C:他社(日系)に移る人   20%

            (管理人たちの大体の直感調べ)



就活を辞めることが前提のオファーレターですが、
完全に辞めるのはおよそ半分くらい。
つまり約5割はまだ就活を続ける現状があります。


何気に皆様、水面下で動きます。
親友にも言わなくなりますw
内定先にはまずバレることはありません。
むしろどうしたらバレるのか知りたいくらいです。


オファーレターにサインしたという事実で
多少の罪悪感は生まれますが、
一度きりの人生の重要な岐路ですので
そこは割り切ることが重要です。
そもそも、
1月や2月に内定を出しておいて、
さっさと就活を辞めろというほうがオカシイわけですからね。

あくまでも納得のいく就活を!
そんな就活生を我々は応援させていただきます。


ちなみに分類Bには、
1「将来、様々な業界の人と仕事をするようになるわけで
  各々の業界がどんなビジネスモデルで、そしてどんな雰囲気で働いているのか知りたい」
2「当初は外銀よりも商社などの日系に行こうと思っていたが
  明らかに社員のレベルが違いすぎて外資に進むことにした」
3「第一志望の他社に落ちてしまったので外資に行くことにした」

こんな方々が含まれます。
私は1のタイプですかね。
各業界の1、2番手を見てみたかったのです。
「たかが学生」の身分で、
時には役員クラスに自分の意見や質問をぶつけられる
又とない機会でした。


以上になります。

参考になりましたら就職ランキングへの投票おねがいします!

学生ランキングへの投票!


◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 18:15 | 東京 ☀ | Comment(14) | TrackBack(0) | 内定後のアドバイス
この記事へのコメント
オファーレターにサインしてから断ってしまうと、
社会人になってからその会社に転職出来なくなるなどの弊害はないんでしょうか?
Posted by あ at 2007年01月27日 19:11
いつも参考にさせて頂いてます。
各ファーム各部門ごとのおおよその内定人数を分かる範囲の推測で構わないので、記事にしていただけないでしょうか?
Posted by vc at 2007年01月27日 20:08
それはどっかにあったな。
Posted by s at 2007年01月27日 21:03
あくまで目安です。内定者数はこれに1.7くらいかけてください。
(蹴る人もいるので)

 マッキンゼー 25人前後
アクセンチュア30人前後(戦略のみ)
ボスコン   10人前後
ベイン    3〜4人
カーニー   5〜9人
ブーズ    不明(1〜2人??)
モニター   3〜5人
DI     1〜3人
ADL    3〜5人
RB     3〜5人
CDI    3〜5人
Posted by ほれ at 2007年01月27日 22:48
あ さん
社員さんから直接聞いた話ですが
そーいう扱いはあるようです。
ま、会社によっても違うとは思いますが。
Posted by RKB at 2007年01月28日 00:48
いちおう現役なので知ってる限りでお答えしますね。
基本的に転職で入ってくる人は実力で採られてくるし、DやMDが欲しいといったらピンポイントでそのチームに入るので殆ど関係ないですよ。
たまに卒業間近になって辞退や留年する人がいるので
そうなるとよくないですけど。
Posted by バンカー at 2007年01月28日 01:34
ありがとうございます。
参考になります。
Posted by 松本 at 2007年01月28日 12:11
いつも拝見しております。

知り合いで3月末に外資系コンサルの内定を蹴ってベンチャーに就職した人がいます。

それはさすがに怒られたそうです(それもかなり)。

結局彼はベンチャーに行って、コンサルよりも激しく働いていますが。
Posted by freecat at 2007年01月28日 20:10
ブーズは5くらいですよ
Posted by a at 2007年01月30日 01:20
次はまだ二次面接なのですが、時間が4時間近くあります。まだまだ先は長いのでしょうか?スーパーデーの時は、そうだと事前に伝えられますか?
Posted by あ at 2007年02月03日 22:43
今年度IBDにおいてセカンドティア(リーマン、UBS、JP、日興citi、ドイチェ等)複数社から内定を頂いた場合、メタルさんならどのような観点からどのような優先順位をつけますか?
各社内定が出揃う時期なので、是非ともアドバイスを頂きたいです。

Posted by 子羊 at 2007年02月09日 01:56
まだ先は長いと思われた方が良いと思います。おそらく複数のチームの方と面接がセットされているので、それだけ長いのだともいます。

その長時間の面接の中で、子羊さんを欲しいと思って下さる部署が在れば、次にそこのMDクラスの方と面接という流れではないかと思われます。頑張って下さい。
Posted by あ at 2007年02月10日 12:58
話がそれて申し訳ありません。
バークレイズのバックって客観的に見てどう思えますかね?今一応残っているのですが、社員の素晴らしさにかなり志望度が高まってきていて。
ちなみに今日4人と会いましたが、あと何度個人面接あるのか非常に気になります。
ちなみにGD終わったあとの一次個人面接が今日でした。
Posted by raul at 2007年02月14日 01:58
こんばんは。
いつも参考になる記事をありがとうございます。
さて、今度とあるファームの最終面接に臨むことになりました。
そこで伺いたいのですが、最終面接について、もし他の面接と異なるところがあったら教えていただきたいです。
丸一日あけるよう言われたので、単に強い強い志望動機を準備して行けばよいのか、それとも他にプレゼンなどをやらされるのか、気になっております。
ちなみに、投資銀行です。
お手数かけますが、お返事いただけると大変有難いです!!
Posted by pole at 2007年02月15日 23:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32223963
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。