2007年02月03日

シティバンク(シティバンク銀行)の選考について(新卒、面接)

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/recruit/others/119/


就職ランキング1位です。

学生ランキングは2位!

コメント欄に質問があったので、
シティバンクの選考についてです。
HPを見たらすでにエントリーは終わっていましたが
私の知っている情報を提供させていただきたく思います。


________________

シティバンク。
世界最大の金融機関シティグループの日本支店です。
先日のニュースで、
2007年7月にシティバンク銀行になることが発表されました。
正確には、金融持株会社であるシティグループ・ジャパンHDの子会社です。


選考の流れです。
※私は受験していないので、内定を貰った友人からの情報です。

「ES→面接4回→内定」


ES。
なぜか鬼のように切られます。
東大、京大でも普通にES落ちあり。
モルスタ内定者(TOEIC900超え)の友達が落ちてました。


面接(4回)で聞かれた内容。
・自己紹介
・どんな仕事がしたいか
・自分の強みと弱み
・(英語で説明してください)
 「老人がATMで困っています。使い方を英語で説明してあげてください。」
 「銀行での口座開設の仕方」

 
面接の流れは、
人事面接のあとに自分の行きたい部門別の面接になります。
なぜその仕事がしたいのかをしっかり考えておくといいと思います。


以上になります。
浅い情報で申し訳ない。

参考になりましたらクリック。就職ランキング。

学生ランキングは2位!



◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 12:08 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | その他超一流企業の採用情報
この記事へのコメント
おとといシティバンクES結果きました、、、見事落とされました。。。なぜだー!!!!!レベル高いES出さないと落ちるはこれ、
Posted by ぱなうる at 2007年02月03日 22:25
おとといシティバンクES結果きました、、、見事落とされました。。。なぜだー!!!!!レベル高いES出さないと落ちるはこれ、
Posted by ぱな at 2007年02月03日 22:25
いや、ここは意味がわかりませんよ。
コピペ低スペックな私でも通過しましたし・・
Posted by あ at 2007年02月04日 00:31
僕も落ちました〜。結構、ES通ってたんでいけるやろ〜って思ってたんすけど、何でやろ??
Posted by K at 2007年02月04日 00:35
俺はES通って、人事→部門面接まで行きました。
ただ、そこで面接官がガムを噛んでいたのがショックで、
部門2次への通過の連絡が来た時に辞退しました。
Posted by Aki at 2007年04月20日 11:59
ここのcorporate banking部門の証券化部とかグローバル・ローン・キャピタルマーケット部では企業再編や事業再編などの資金調達を行うとしてるのですがこれらは投資銀行なのですか??日興シティとはかぶらないのでしょうか?
Posted by citi at 2008年04月19日 01:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。