2007年03月13日

三菱商事株式会社の選考詳細(新卒、OB訪問、面接、筆記、採用)

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/recruit/others/124/


ランキングに1票おねがいします。。

学生ランキングは2位!

こんばんは。
いま漫喫に居るのですが、
隣の就活生がこのサイト見てました。
隣で更新してますのでもう少し待ってください。

三菱商事の選考詳細です。
_______________

三菱商事。
三菱重工業、三菱東京UFJ銀行と並ぶ
「三菱グループ御三家」の一つ。
三井物産、住友商事と並んで日本を代表する総合商社。
「商事」と略す場合は、こちらを指します。

エネルギー、金属に強みを持ちます。
エネルギーに興味がある人は、
サハリン2は知っておきましょう。


選考の流れです。

「(OB訪問)→ES→筆記→個人面接2回→懇親会→最終面接→内定」


OB訪問。
必須ではありませんが、
選考過程で必ずその有無を聞かれます。
また、商社のビジネスを理解する上でも絶対に必要。


ES
ここでの落ちはなし。
とりあえず出せば筆記に進めます。
提出後、筆記を申し込めるようになるので
早めに出すこと推奨。
三井物産、伊藤忠商事同様。


筆記。
4月2日。
会場は有明のTFTホールで2時間。
GAB+英語。(こちらの下部も参照)
英語はTOEICレベルの難易度です。
目安としてTOEIC600点くらい取れるのなら
問題ないかと思います。
試験場の一般職のお姉様のレベルもピカイチ。
通過の連絡は翌日マイページへ。


1次面接。
大手町の本社ビルで30分強。
待合室にはなぜか冷蔵庫が置いてあり、
紙パックのお茶などを自由に飲むことができます。
肝心の面接は、社員2vs学生1。
社員さんは三菱商事子会社の人だったのを覚えています。
・自己PR
・ESの中身の質問
・他社の進行状況
・何か質問ある?


これらに軽く突っ込みが入る感じで行われました。
ここまでいくつかの面接をこなしてきていると思いますので
要はそれといっしょです。
「三菱商事」という名前にびびらないことが一番。
相手はタダのおじさんです。
通過連絡は2日間くらい要し、マジページへのメールで。


2次面接。
会場も待合室も1次同様。
相変わらずお茶も飲み放題です。
カバンに2,3個持ち帰る学生も現れます。
社員2vs学生1で30分。
1次と質問傾向は全く変わり、自己PRは一切なし。
・なぜ商社を志望するのか?
・具体的にはどんな仕事をしたい?
・ゼネコンではダメなの?
・なぜ外銀より商社なのか?
・商社の未来はあるのか?
・OB訪問はどの部門の人にした?
・質問ある?


どの商社もそうですが、
しっかり対策をせずに乗り込むと撃沈は確実。
特に、
「なぜ○○ではなく商社なのか?」
はしっかり練っておく必要があります。
ちなみに4大商社いずれでも聞かれました。
さて、私はどう答えたか。


・なぜ金融(外銀)ではなく、商社なのか?
 外銀を含め金融は、自らリスクを取ってビジネスをしていることは事実だが、
 所詮、間接的に資金(ファイナンス)面で関わっているだけ。
 それよりも直接的にビジネスに関われる商社のほうが
 面白いと思った。
 OB訪問をして実際に話を聞いてもそう思った。 

・なぜコンサルではなく、商社なのか?
 確かにロジック詰めで考え抜く面白い職業だと思うが、
 所詮は机上の理論の部分がある。
 OB訪問を通して感じたことだが、
 ロジックも重要だが、商社マンように自らの手足を動かして
 現地でしか得られない情報、また失敗から得るノウハウ、
 そういったもののほうが成功に結びつきやすいと思うし
 面白いと思った。
 また、自分でリスクを取ってビジネスをしたい。

・なぜゼネコンやインフラではなく、商社なのか?
 資金を出し、リスクを取り、全てを決定するのは商社
 であるから。彼らは建設のプロ。
 自分が主体的となってビジネスをやっていきたい。
 またゼネコンやインフラにもOB訪問をしたが、
 人の魅力は「商社>ゼネコン」であった。
 (↑これはどの業界でも苦しいときに使った。)


簡潔に綴ってみましたが、もし参考になれば。
2次の結果は、2、3日後にメール!?
電話だったような気もしますが、
その後、マイページでセミナー(懇親会)を申し込んだことを
考えるとメールだったような気もします。


セミナー。
外銀であった懇親会と同様、「選考」です。
この時点で東京で700人残っていると聞きました。
名簿は持っていませんが、
「気になった子の名前覚えておいて。」
の形式で、選考が行われていると思われます。
いずれにしても気を抜いてはいけません。

「選考には一切関係ありませんので・・・。」
外資就活生はそのことを痛いほど分かったと思いますので
もう大丈夫だと思います。


最終面接。
4月中旬。
前半は小論文。
テーマは
「グローバルな視点の重要性、面白さを感じたエピソード」
海外旅行に行ったことを書きましたが、
これはあまり重要でないと思います。
面接のほうが100倍重要。

面接は、社員2vs学生1。
部長クラスだった気がします。
質問傾向は2次といっしょですが、
多少、シビアでした。
「ほんとにうちに来たいの?」
「それってほんとに出来ると思ってる?」
「希望の部署に行けなかったらどうするの?」


あとから聞いた話ですが、
・内定を貰った人⇒シビア、圧迫気味
・ダメだった人⇒穏やか、和やか
の構図が伺えました。
おそらくセミナー選考の結果が加味されているのかと思います。


続いて人事面談。
「緊張せず話せましたか?」
こんな一言から始まります。
ふっーと一息ついたところからこんな出だしで
話が続きます。
「ここからは選考には関係ありませんので・・・」
そんなわけはない。
聞かれたことは2点。
・「他社状況とほんとにうちに来たいか?」
  ⇒どんなことがあっても、
  「内定出たら御社に行きます。絶対に第一志望です。」は必須。
   辞退が見込めそうな人に内定は出さない。
   辞退されると人事の仕事が増えるのです。

・「OB訪問した社員さんの名前と部署、内容」
  ⇒ノートを持っていたのでそれをもとに。
   ちゃんとメモしておきましょう。  


内定の連絡は3〜4日後に電話。
意外に時間がかかったので、落ちたのかと思いました。
4月の下旬から内定が出始めます。



以上になります。

ランキングに1票おねがいします。。

学生ランキングは2位!


◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 23:16 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(1) | その他超一流企業の採用情報
この記事へのコメント
素晴らしい。参考になります。
心強いサポート、今後も期待してます。
Posted by たけし at 2007年03月14日 00:00
貴重な情報ありがとうございます。
参考になりました。
Posted by と at 2007年03月14日 13:04
毎回貴重な情報ありがとうございます。ところで他の総合商社(例えば三井物産など)に関しての情報をご存知でしたら教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします
Posted by メタルさん尊敬しています at 2007年03月15日 22:21
質問があります。

メタルさんは商事の面接の時点で外銀、コンサルの内定をとってらっしゃったと思うのですが、そのことは面接官に告げましたよね? 一流他社の内定をとっている事が面接において有利になると思いますか?(他で認められていることが有利になったりすると思いますか?)

宜しくお願いします。
Posted by fabitan at 2008年03月03日 04:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35892037
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 三菱商事略称 = 国籍 = 郵便番号 = 〒100-8086本社所在地 = 東京都千代田区丸の内二丁目3番1号電話番号 = 03-3210-2121(受付案内台)設立 = 1950年(昭和25年)4月..
Weblog: 東証で上場している会社一覧です(その21)
Tracked: 2007-10-02 13:51
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。