2007年03月13日

2009年度コンサル勉強会のお知らせ(新卒、面接、ケース、リクナビ2009)

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/recruit/event/125/


こんばんは、メタルです。
2009年度の新卒採用を意識したイベントも出てきたようですね。
告知文をいただいたので、紹介させていただきます。

この時期からノウハウを知り、
対策が練れることも大いなるメリットですが、
それ以上に
この時期から意識の高い仲間ができる
ことが一番だと思います。
周りにコンサル志望がいない理系の皆様、特にオススメしますよ。
〆切り間近なので、お早めに。

以下、告知文です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆コンサルティングファーム志望の大学生は注目!◆◇
〜問題解決型人材育成セミナー【3月18,19,20】〜
       主催:株式会社カスケード

「コンサルティングファームにどうすれば入れますか?と聞いてくる学生が最近多いけど、本当は、どうすれば活躍できるか?と考えたほうが入りやすいのになぁ・・」

新卒で入社し9年間コンサルティングファームで過ごした弊社代表の赤堀のこのつぶやきからこんなセミナーを企画してしまいました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本セミナー担当の株式会社カスケード(http://www.cascade.ne.jp/)の杉本です。

〜いかにして問題解決型人材として活躍するか?〜
わずか3日間でどこまでこの問いの答えをなるべく幅広く持ち帰っていただけ
るか、現在講師の赤堀が知恵を絞っています。

赤堀と9ヶ月ほど共に働いている自分が予測するところでは、次のような
メッセージが出てくるのではないかと考えています。

・どれだけかっこいい事がいえるかよりも、どれだけお客様のことを理解で
 きるかの方が大事
・仕事の「ゴール」をどれだけ詳細に言語化できるかが大事
・自分の仕事の後工程で何が行われるのかを詳細にイメージすることが大事

以上のメッセージを「わかったつもりになっている人」と「実感を持ってわ
かっている人」には大きな差がついていくなーと最近感じています。「そん
なこと当たり前」だとわかったつもりになっていた2年前の自分みたいな人
にこそ受けてもらいたいセミナーです。

◆勉強会の概要
・「提案を考える力」、「グループでの議論をまとめる力」、「必要な情報を
 収集する力」を、仕事を想定したコンペ形式のグループワークで実践
・仕事を振り返って仕事のやり方をレベルアップするノウハウの実践

◆特典
・赤堀と本番を想定した面接の練習ができます(有志)
・コンサルティングファーム採用試験の突破の必須項目であるケース面接と
 ケース演習の解き方を赤堀が一緒に考えます(有志)

◆講師の紹介
□赤堀広幸:株式会社カスケード代表取締役
1991年より9年間マッキンゼー・&・カンパニーにて経営コンサルタントとし
て働く。その後ベンチャー企業への投資・育成を手がけた後、株式会社カスケ
ード設立。2005年、若手ビジネスパーソン向けに、100人に1人しか出来ない仕
事のやり方について記した『クリティカル・ワーカーの仕事力』をダイヤモン
ド社より出版。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478312184/qid=1125494630/250-4844151-2787443

◆参考:前回の本セミナー参加者の声
・「ロジカルシンキングをとにかく身につけなければと思っていたが、
 それだけでは通用しないことがわかった」
・「成長するための鍵を明示していただいたおかげでこれから先の10年後、
 20年後のビジネスライフが楽しみになりました」
・「"考え方"のベースを得るきっかけになった」

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃!┃ お申し込み
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼参加希望者は件名を「申し込み」として頂き、申込フォーマットに
 必要事項をご明記の上、以下のアドレスまでご連絡下さい。
▼ご質問ございましたら、件名を「質問」として以下のアドレスまで
 お気軽にご連絡下さい。
▼【締め切り】3月16日15時(申し込み多数の場合は選抜を行います。
 昨夏に開催した際には50名を超える応募をいただきました)
seminar@cascade.ne.jp(担当:杉本) ←申し込みアドレス
【申込フォーマット】
お名前:
大学名/学部/学科/学年:
メールアドレス(電話、PCどちらも):
どちらの情報源から弊社勉強会を知りましたか:

◆開催概要
対 象:来年に就職活動(2009年度入社)をされるコンサルティングファーム志望の大学生
日 程:3月18日(日)〜3月20日(火)、2泊3日(合宿型での開催)
会 場:国立オリンピック記念青少年総合センターセンター棟
参加費:10000円(宿泊費、会場費、テキスト代、備品代)事前振込制
定 員:12名
施 設:大浴場、食堂あり。宿泊は男女完全別室です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(7) | TrackBack(0) | 勉強会・イベントの告知
この記事へのコメント
不動産業界更新よろしくお願いします!!
Posted by バリバリ at 2007年03月17日 11:51
2009年卒予定のものですが、こういったセミナーや勉強会の情報をもっと収集したいのですが、どのように収集しているのですか?もちろんここのブログや検索などでいくつかは知っています。
Posted by meta at 2007年03月25日 06:19
そんなのも自分で考えられないようじゃ外資は諦めた方がいいと思う。
Posted by ↑ at 2007年03月25日 13:28
はじめまして。アドバイスが頂きたいと思い、書き込みさせて頂きました。
お時間ありましたら、お返事いただけませんでしょうか。

先月初旬に外資系コンサンティングファームから内定をいただいたのですが、本命だった投資銀行は三社が最終で落ちでした。当初はコンサンティングファームで道を極めようと思っていたのですが、ここにきて諦めきれていないことに気付きました。
投資銀行IBDに転職する際には新卒とは違う採用基準があると思うのですが、それについて情報がありましたら、教えていただけないでしょうか(有利な職や資格、実績等)。当方スペックはTOEIC970、英検一級、独検一級、簿記二級、GPA3.4です。大学は慶應義塾大学です。特に学びたいことはないので、大学院に進むつもりはまったくありません。
Posted by WEA at 2007年03月30日 01:13
学部4年生の者ですが、修士卒で野村証券金融経済研究所への就職を希望しています。情報提供してもらえませんかね。
Posted by やすじ at 2007年03月30日 12:24
>WEAさん
メタルさんの回答ではなくて申し訳ないですが、外資の場合新卒に比べ中途のほうが門は広く大きいです。ですが、WEAさんが仰っている通り「見ている部分」が全く異なります。新卒の場合「学歴」「経歴(インターン・留学等)」「潜在性」「個性・人柄」などですが中途は完全に「成果履歴・経験値」になります。ですのでWEAさんが挙げられたスペックは参考程度になります。場合によってはだからなに?となるかもしれません。中途転職を目指すのでしたら内定先コンサルファームにて少なからずIBDで役立ちそうor評価されそうな「実績と経験」をつむことが必要になります。逆に言うと中途外資の市場では学歴や語学資格などが効果低くなってしまいますし、実際に中途中心系外銀ですと学歴などにばらつきがあります。
Posted by ななしさん at 2007年04月01日 04:05
ななしさんありがとうございます。
やはり中途は経験重視ですね。これまでの自分の語学に依存してきた考え方を換え、これから精進していきます。
Posted by WEA at 2007年04月01日 10:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。