2007年06月09日

サマーインターン2009

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/recruit/internship/131/


就活サイトのランキング、急落ですね。

学生ランキングもずいぶん下に!

こんばんは、メタルです。
たまにはこうやって更新していこうかと思います。
外資系投資銀行各社、2009年度採用に向けて動き出していますね。
私自身、採用関係にはまだ関わっていないので
書ける範囲で書こうと思います。
サマーインターンの目的についてです。


目的と位置付けですが、
【学生側】と【企業側】の2つがあるかと思います。


【学生側】
1、「投資銀行」を知る
2、レベルの高い仲間を見つける
3、就職活動の雰囲気、厳しさを感じる
4、インターンをしたことが、優位に働く


1に関して、
・ビジネスモデル(どんな仕組みで儲けてるのか)
・そこで働く人
・オフィスの環境
などを知る、絶好の機会です。
投資銀行に関する書籍も出ていますが、
そもそも日常には馴染みがないビジネスですので
肌で感じることが重要です。

2に関して。
夏に会ったメンツは、最終的にはどこかしらのファームから
内定をもらっている確率が高いです。
「優秀」という側面もありますが、「情報」の側面も大きいと思います。



3に関して。
外資系の就活は、非常にcompetitiveなものになります。
ゆえに、その雰囲気を感じて秋以降に備えるのとそうでないのとでは
雲泥の差が出てきます。
面接で落ちるという厳しさもこの時期に味わっておきましょう。



4に関して。
夏の段階で、”内定に近いもの”を出す企業があります。
有名どころとしては、
・モルガンスタンレー
・リーマンブラザーズ
・ドイチェ
・バークレイズ
・ベアースターンズ

があります。
また冬以降、選考が有利に進むところもあります。
・博報堂
・大和証券SMBC
・NRI(野村総合研究所)

※2年前のお話ですが、後輩から伝わってくるところでは
 ほとんどいっしょだったようです。


以上の4つかと思います。
ちなみに4は本質ではないので注意。
あくまでも1、2、3が重要。




 

さて、一方の企業側です。


【企業側】
1、優秀な学生を早期に囲い込む
2、認知度アップ
3、秋以降の選考ステップにスムーズに乗せる


投資銀行やコンサルは「人」が財産ですので、
採用活動の成否は、今後の業績を大きく揺るがします。
また、ある程度の教育は必要なものの、
中途採用に比べて非常に低いコストで人材を確保できるので
どのファームも力を入れています。


以上になります。

就活サイトのランキング、急落ですね。

学生ランキングもずいぶん下に!




◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 03:06 | 東京 ☀ | Comment(11) | TrackBack(0) | インターンシップ情報
この記事へのコメント
この話題とは直接関係ありませんが、ここで伺わせてください。
私は、08年に就職予定で、外資コンサルファームに内定を頂きました。
しかし、メタルさんが紹介している書籍を読むうちに、投資銀行業務にも興味が出てきました。
そこで、お伺いしたいのですが、コンサルで身に付くと思われるスキルは、投資銀行で活躍するのに役立つと思われますか?
また転職時に、企業側に評価されると思われます?
Posted by a at 2007年06月09日 18:33
そんなこと、入社一年目に聞いても仕方ないだろ…
Posted by b at 2007年06月09日 18:38
学生側の1.2.3.については私も同感です。
4.についてですが、今年も大和SMBCについては確かにかなり選考が有利に進みました。中華料理屋での軽い接待に始まり、リク面を3度受け、4月1日の朝に内定が出るという状態でした。あまりの選考の楽さに怖くなり、辞退してしまいましたが・・・。
Posted by ゆみ at 2007年06月09日 21:19
難しいです。マッキンゼーが投資銀からいろんな人材を雇ってくるのはよく聞きましたけど、逆のことはあんまり聞いていませんね。
Posted by り at 2007年06月10日 10:56
そんなことないぜ
JPモルガンにNRIから3年目で
転業するやつとかいるし。
Posted by c at 2007年06月11日 21:34
コンサルファームでは、会計・金融分野に特化した専門コンサルを売りにしている企業があったり、他のITや戦略等を専門としているコンサル会社でも、クライアントの業界ごとに専門のコンサルタントチームを編成していたりするので、金融機関からコンサルファームへの転職は、金融業界を知っているということを強みに、いくらでも転職は可能だと思いますよ。
コンサルファームでは、基本的には、一般事業会社(金融機関であったり、メーカーであったりといった企業です)の実際の業務を理解している人間のほうが、複眼的な視点をもって具体的なコンサルを行えるということで、むしろ新卒からの社員よりも早い時期から一人前として扱ってもらえます。
ただ、その逆(コンサルファームから金融;投資銀行)となると、コンサルファームで得た知識や経験・スキルといったものは、強みにできるほどには評価してもらえないのではないでしょうか。
ただ以前とは変わって中途を採用する際の、企業側の受け取り方がここ1〜2年で変わってきていることもあり、外資系の投資銀行トップクラスの企業でさえも、中途採用の募集を行っても人が集まらないということを、某投資銀行の採用担当者がこぼしていましたので、コンサルファームから投資銀行への転職の可能性は低くないとは思いますよ。
あくまでも私見ですが。
Posted by 某社会人 at 2007年06月13日 19:57


サマーインターン2009ということで、、、
私は戦略系コンサル希望の者です。
戦略系コンサルって、投資銀行などとは違い夏季のインターンは行っていないのでしょうか?
マッキンゼー、BCG他、色々とサイトをあたりましたが、何処もやっていない様なのです。
戦略系は何処でも冬季春季JOBのみなのでしょうか?
どなたか詳しい方、教えて下さい。
宜しくお願いします。
Posted by らる at 2007年06月20日 02:16
ここは外資以外の情報も扱っていますよね?
マスコミや広告代理店の情報も欲しいです。
Posted by 電通 at 2007年06月20日 11:24
外コンは夏インターンはどこもやっていませんが
NRIコンサルとDIはやっています

両方とも途方もなく倍率は高いですが挑戦してみてはいかがでしょう
Posted by   at 2007年06月21日 03:43
上に書き忘れたけど
べつにインターンシップ行かなくても雇ってくれますよ
Posted by     at 2007年06月23日 01:40
NRIに関しては
インターンシップはかなり!倍率高いけど
実際に就職活動でエントリするならば
普通の人気企業っていう程度です
入社したら、宴会のセッティングの仕方とかいう
典型的な日本企業のしきたり?も研修内容に
入ってるような気楽な企業です
Posted by     at 2007年06月23日 01:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。