2007年09月16日

外資系投資銀行の新卒海外研修@(ニューヨーク、ロンドン)

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/column/after/137/


久しぶりにランキング!

学生ランキング(もう社会人ですが・・・)!

こんばんは、メタルです。
久々の休みなので、2夜連続の更新です。
そういえば、開設当初に宣伝の意味で作った
Mixiのコミュニティーが1000人を突破してました。
ありがとうございます。
(こちら)http://mixi.jp/view_community.pl?id=1498026

さて、予告どおり、海外研修についてです。
2、3回に分けてお伝えします。





海外研修。
外資系投資銀行にフロント採用で入社すると、
日本での基礎トレーニングのほかに、
ニューヨーク、もしくはロンドンでの合同研修があります。
世界中のブランチオフィスから同期が一同に集まり、
1、基礎的なファイナンス、アカウンティング科目を学ぶ
2、社内の統一インフラ(PC研修を含め)を学ぶ
3、同期のネットワークを作る

こんな目的のために行われます。
期間は、ファーム、職種によって異なってきますが、4〜8週間。
時期は7〜8月です。

米系は当然のようにニューヨークですが、
欧州系も、金融の中心地である
ニューヨーク、もしくはロンドンで行われます。
今年の例ですが、
・ドイツ証券→ニューヨーク
・UBS証券→ニューヨークorロンドン(人によって異なる)
でした。
時期もかなり被るので、他ファームに友達がいると、
あちらでいっしょにクラブに行ったり、
ディナーをしたりとかなり楽しみが増えます。
今年はなぜかメリルリンチだけが6月と1カ月早く行われて、
一人ぼっちでしたが。


さて、今日はどんなことを学ぶか?
についてです。
就活生で気になる人もいると思いますし、
来年、実際に研修に行く人もいると思うので、参考になれば。
ちなみにIBD採用の研修内容です。


【序】
メインになるのは、
アカウンティングとファイナンスの2科目。
あとBond Math(債券数理)が少々。
授業は英語で進むし、テキストも全て英語です。
「学ぶ」といっても、一から教えてくれるわけではなく、
「おさらい感覚で進む」+「うちに来てるんだからある程度勉強してきてるでしょ?」
と言った意識なので授業のスピードは非常に速い。
毎回、宿題も出ます。
授業の最終回には、テストがあります。
このテストは、本国採用の同期にとって
配属において非常に重要な要素となります。
一方、日本を含めたブランチオフィスでは、
配属がすでに決まっている場合も多いので、
あまり関係ないのです。
よほど悪い点数を取らない限り、大丈夫です。

ではそれぞれの科目について。

【アカウンティング】
以下が勉強した内容。
ファームによることなく、ほとんど被っていた模様。
・BS、PL、CF計算書の成り立ち
・EBITDA、EBIT、WC(working capital、運転資本)、FCF(Free cash flow)の意味や使い方
・アメリカのタックス、タックスシールド
・連結会計
・M&A時の会計(現金買収、株式交換買収、goodwillの扱い)
・税効果会計
・アメリカの年金システム
・SOX法
・リース会計
・建設仮勘定とか
・工業簿記のほんとに触り程度

ではどう対策すればよいか。
簿記2級+連結会計(1級の範囲)をやっておけば
範囲は一通り網羅できます。
あと、MBAバリュエーション (日経BP実戦MBA)の本は
しっかり読んでおくといいです。
また英語が心配な人も多いかと思いますが、
授業は分からなくともテキストがあるので何とかなります。
電子辞書を忘れないように。
電子辞書は専門用語も多いので、
リーダーズ英和が入ってるものがいいです。

あと、証券アナリストのテキスト(財務)が意外に使えたと
他ファームの同期が言っていましたね。(↓これ)
証券アナリスト1次受験対策テキスト 財務分析〈2007年〉 (証券アナリスト〈1次〉受験対策テキスト)


【ファイナンス】
以下が学ぶ内容。
・割り引くとは?(今日の100万円と明日の100万円では今日のほうが価値がある。なぜなら利子があるから。って理論。)
・ターミナルバリューと永久成長モデル
・PV(present value)、NPV(net present value)、IRR(Internal Rate of Return、内部収益率)
・Wacc(資本コスト)

ではどう対策すればよいか。
初めて見た人は「なんだこれ?」って感じですが
知ってる人に取ってみれば基礎の基礎的なレベルです。
高校生にすれば微分って何?ってレベルです。
MBAバリュエーション (日経BP実戦MBA)
のp23〜53、223〜226を解けるようにしておけば、問題なし。


【授業を受けての個人的な感想】
まず、授業の英語はほとんど理解できず。
TOEIC900点超えといっても、海外経験もないのでその程度でした。
中身はそこまで難しくないのだが、
辞書でその単語の意味を調べるところからスタートでしたので、
毎晩復習の嵐でした。
あと、私は現地採用の同期に
板書以外で先生が口頭で述べた重要ポイントとかを
教えてもらったり、ノートを見せてもらったりしたので
テストでも上位20%には入る点数を取ることができました。


【おまけ】
株式部門、債券部門の人がやる内容。
こちらは話を聞いただけなので、
詳しくは知りませんが参考になれば。
・債券数理
・ファイナンス(IBDのところで挙げたような内容)
・デリバティブの基礎
・マーケット用語(LIBORとか)


以上になります。

参考になったらランキング!

学生ランキングもお願いします!



◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 14:34 | 東京 ☀ | Comment(13) | TrackBack(1) | 投資銀行に入社後
この記事へのコメント
はじめまして。
ブログを読ませていただきました。
とても詳しく書かれていたのでとても参考になりました。
なんだか読んでいるだけで大変そうですね…。
私の周りにも外資系投資銀行に就職する方がいるので教えてあげたいです☆
Posted by スマイレンジャー☆ at 2007年09月16日 21:43
はじめまして。少し前にこのブログを知って、かなり参考にさせてもらっています。情報だけでなく、主観・解説(?)が入ってるのが非常に有益に感じられます。

大変だとは思いますが、お体に気をつけて。
これからもたまには更新してください笑

あと、口幅ったいことを申し上げるようですが、ブログ名を2009に変えるだけでもっとみてもらえるのではないでしょうか??
Posted by うーむ at 2007年09月17日 11:46
はじめまして。少し前にこのブログを知って、かなり参考にさせてもらっています。情報だけでなく、主観・解説(?)が入ってるのが非常に有益に感じられます。

大変だとは思いますが、お体に気をつけて。
これからもたまには更新してください笑

あと、口幅ったいことを申し上げるようですが、ブログ名を2009に変えるだけでもっとみてもらえるのではないでしょうか??
Posted by ん at 2007年09月17日 11:48
はじめまして。
私は、そんなに気合入れて就職活動してないので
このブログはとても参考になります。

ブックマークさせてもらいますね^^;
Posted by 職人 at 2007年09月26日 16:36
とてもハードな研修ですね。
Posted by 最終面接前に彼女にフラレても内定をもらえた理由 at 2007年10月04日 19:50
こんにちは。当方理系で周囲の友人もあまり就活に対する意識が低く、このようなサイトは大変重宝しています☆
そこで質問なのですが、GS・モルスタなど外銀やMc・ボスコンetcコンサル、あるいはP&Gマーケティング等に理系の学部卒で入るのは相当難関なのでしょうか?実は私は都内の某私立なのですが、夏のインターン、これらの企業いずれも書類で落ちてしまいました。。。面接すらさせてもらえないというのはES等の書き方が悪いのか、それとも?そもそも理系の場合、学部卒はほとんどが東大、ということも聞いています(このサイトにも書かれておられましたよね)。
判断推理の勉強をしながらも、院にいくべきかなど考えている今日この頃です・・・
Posted by こんちは at 2007年10月05日 23:13
メタルさん はじめまして、
いつもこのサイトにお世話にになっています。最近書き込みがなくて、メタルさんが仕事でかなり忙しいなーって感じがした。やっぱり、最初の方は大変でしょうか?

こんちは さん、
大変悩んでそうやけど、アドバイスとして一言言わせて下さい。
1. 外資系に入社する学生は100%東大出身のわけがない。同志社、立命館など全然一流じゃない大学の学生も大勢外資系に入社している。

2.理系であるからと言って大学院に無理にいく必要がないです。しっかり勉強していたなら、学部4年間で得た知識は十分です。

Posted by ラスティー at 2007年10月23日 19:03
私立理系ということ自体で絶対的不利になるとは思えません。むしろ夏のミスについて未だに原因がわかってないことのほうが問題ではないでしょうか?
受かったにしろ落ちたにしろ原因が分からなきゃ戦略の立てようもありませんよ。
そりゃ東大の方が有利でしょうけど無名大の学生もチラホラいます。ある意味で外資系の方が日系よりマジメに選考する人物本位なので、その辺は意外にフェアです。
理系なら就職活動して、志望企業に行けなかったら4回の夏秋の院試を頑張って、東大やIVY等の有名大学院に進んだらいいんじゃないですか。
ちなみに投資銀行においては、結局のところは東大理系院生と日本に来ている留学生が1番レベル高い群だと思います。多いのは慶応の文系学部生じゃないでしょうか。どこいっても必ずいます(笑)
当方はインターン5つもらいました。ある程度、パターンがあると思います。
理系の学部生だと成績が悪くて院で通用しそうもないからしょうがなく・・・みたいな人も結構います。当然落ちます。
もし成績が悪いのならTOEICや金融系資格でアピールしてはいかがですか。
Posted by そうですね。 at 2007年11月14日 15:25
なかなか質問に答える時間がなくすみません。
最近の学歴の記事に書きましたが、ESさえ通過すればあとはほんとにフェアです。
上に書いていただいた方のとおり、外資はほんとに人物本位で採るので、大学枠などはないですよ。
Posted by メタル at 2007年11月18日 03:44
>ラスティーさん
ありがとうございます。学部での残り時間も大切にしようと思います。

>そうですね。さん
ありがとうございます。「夏のミスについて〜」は本当におっしゃるとおりだと思いました。このブログでも書かれていたように、反省して就活中にも伸びていけるようにしたいと思います。

>メタルさん
こんにちは。おかげさまで、本選考では今のところES落ちはありません。まだ道のりは長いですが、頑張っていこうと思います。メタルさんもお体にお気をつけて頑張ってください。
Posted by こんちは at 2007年12月18日 12:18
>今年はなぜかメリルリンチだけが6月と1カ月早く行われて、一人ぼっちでしたが。

メタルさんてメリルなんですか?
Posted by メダル at 2007年12月29日 12:11
メリルリンチですよ〜本名言っていいのかな?
Posted by インサイダー at 2008年01月26日 18:41
なんだメリルか。たいしたことねーな
Posted by ggg at 2009年01月22日 20:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

MBAマーケティング (日経BP実戦MBA)
Excerpt: MBAマーケティング (日経BP実戦MBA)
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-05-27 01:50
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。