2007年12月24日

外資系金融、戦コンで求められる学歴B−学歴ロンダリング編−

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/career/background/148/


参考になったらランキング!

こちらもクリック

メリークリスマス!
メタルです。
年末年始の投資銀行ですが、
案件が動いている一部の人以外は、基本的に29日からお休みです。
4日を休む人も多いので、9連休ですね。

さて本日は、学歴に関しての3回目、
学歴ロンダリング(学歴ロンダ、ロンダ)
についてです。


学歴ロンダリングとは何か?
「自身の卒業大学よりも社会的評価や偏差値・知名度などが上位の大学の大学院に入学・修了することで最終学歴が更新されることを揶揄する表現。」のことです。(出典:wikipedia)
例を挙げると、明治大学理工学部を卒業、東京大学の理系院に入学・卒業し、
最終学歴を「東京大学大学院工学系研究科」とすることです。
ちなみに大学院入試は、「さも難しいんだろうな」との感覚を受けますが、
大学受験に比べると非常にハードルが低くなっています。
ちなみに倍率も1倍後半から2倍程度。
http://www.t.u-tokyo.ac.jp/app/entrance_05.html
ホームページを見ると、ちょうど今が願書の受付期間になっているようで、受験生がんばれ。


さて、学歴ロンダは有用なのか?
(※前提として、就職活動をすることだけに限った記事です。)

結論から申し上げると、
東京大学、京都大学、一橋大学、東京工業大学、慶應義塾大学、早稲田大学、旧帝大、(上智)以外の大学から、上記大学への学歴ロンダは有用だと思います。
(以下、これを「out→in」と表現する。)

就職活動での書類選考において、
学歴が通過基準にある場合は、
あくまでも最終学歴だけで判断します。
なぜならこちら側は、
「学歴がいいから採りたい、学歴が低いから落としたい」
と言った理由で、書類の当落を決めているわけではなく、
「効率よく選考をしたい」
「面接できる人数に限りがある」
と言った理由に過ぎないからです。
ほんとは優秀だったら採りたいんですよ。
(Team Headから気に入られて派遣社員から社員登用される人もいるくらい)
ただ、それだけの人と時間とスペースがない。


さて、ここでロンダのパターンを見ていきましょう。
in-in、in-out、out-in、out-outの4パターンが考えられますが、
議論になるのは「in-in」「out-in」の2パターンです。

まず「in→in」に関して。
東大生限定セミナーなどに呼ばれるくらいで、
ほんの少しチャンスが増えることがあるかもしれませんが、ほんとに微々たるもの。
ゆえに就活のためにするという必要はないです。
書類が通れば、慶應商も東大理院もいっしょです。

では、「out→in」はどうか。
編入であろうが、文転であろうが、院に入学であろうが
いずれのパターンも有用。
少なくとも新卒採用では、
「In」側にいなければ、外資系投資銀行、コンサル、日系超一流企業から
門前払いを食らってしまう現実があります。
いったん就職して実力をつけて・・・との道も確かにありますが、
うまくいいポジションで働けるかということもありますし、
「少なくともジュニアクラスは東京一工早慶しか採らない。」としている企業もあるため、
なかなか厳しいようです。
「よく文系の院は不利だと言われますが・・・」との質問もありましたが、
そんなことはないので気にせず自分のやりたいことをやってみてください。
ちなみに年増、留年も20代なら関係ないです。
(それ以上の歳になると、さすがにこき使いにくいとの事情です。)


以上になります。

参考になったらランキング!

こちらもクリック




◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 23:53 | 東京 ☀ | Comment(11) | TrackBack(0) | 学歴・資格(英語含む)
この記事へのコメント
サブプライムは日興シティは若手はボーナス無しになったと聞いたのですが本当ですか?
Posted by みらいのばんかー at 2007年12月25日 03:18
JPモルガンももらえないらしいですが、本当なのでしょうか?
Posted by みらいのばんかー at 2007年12月25日 03:19
そんなわけないだろ。もちろん例年のように何百万とはもらえないだろうけど。「聞いた」というのも非常にあいまいな情報でしかない。
Posted by ↑ at 2007年12月25日 03:30
いつも非常にためになる情報ありがとうございます。一つ気になったんですが、もしかしてメタルさんは東大にロンダした経験があるんでしょうか?勝手に東大の学部生だったと思っていたんですが…学歴ロンダなんていう狭い対象の情報が載ってるので勝手に想像してしまいました。実際の所どうなんでしょうか?
Posted by さいとう at 2007年12月25日 11:11
京大理系の院に学歴ロンダした友達数人は全員MckのESで落ちてました。内部はみんな通ってました。
Posted by john at 2007年12月26日 01:55
今度は中途採用の情報についてもお願いします。
Posted by あ at 2007年12月26日 21:32
出身高校は選考に影響しているのでしょうか?
外資金融・コンサルではESに記入させられることが多いのですが、理由など知っていたら教えてください。
Posted by Na at 2007年12月27日 12:05
↑黄色い太字で「あくまでも最終学歴だけで判断します」と書いてあるので、メタルさんであれば影響しないと答えるんじゃないですか。
記入させられる理由については単なる慣習だと思いますが、どうなんでしょうね。

メタルさんこんにちは。
ロンダで院に進学予定のものですw

面接の場面では学歴は関係ないということについて。去年学部の立場で某Cバンクを受けた時、グループ面接(最終)で、軽く自己紹介の後自分だけ集中的に質問されました。最後の5分くらいで面接官が自分の隣に座っていたT大生に2つ程簡単な質問をして終了。結果:自分敗退。

前の面接やESを総合評価して事前に9割くらいT大生に決まっていたとも考えられますが、学校名で判断された感も否めないです。外資の面接の仕組み的に、前の面接が次の面接の結果に影響するようには思えないというのもありますし。

愚痴になってすみませんが、こういう経験もあったということで。
Posted by どー at 2007年12月27日 13:20
最初のスクリーニング(ES選考)の際に、人員コストと相談してある程度都合の良い人数まで学生数を絞りこむのではないでしょうか。コンサル等の会社は大抵ウェブエントリーなのでそのような篩いの条件を比較的容易に変えることができるのではないかと思われます。

ただしやりすぎると変な噂がたち非難されたり去年のDRIのように学生達から馬鹿にされますが。

戦略コンサルは仕事をするときクライアントに学歴を示したりすることもあるらしいのでロンダは敬遠されることもあるかもしれません。
Posted by メンタル at 2007年12月31日 22:59
2浪して、法○大。その後、東○大院。GSインターン。その後、最終面接で落ち。ってパターンを経験。人生いろいろ。
Posted by ロンダ at 2008年04月11日 23:04
↑単純にすごいですねえ・・。
僕もそこまで行ってみたいものです。
Posted by 通りすがりのロンダ at 2008年04月29日 12:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74499968
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。