2008年03月09日

良本3冊の紹介−(最新投資銀行の基本と仕組み、金融ビジネスの全貌、野澤 澄人、企業ファイナンス入門講座、アカウンティング、経営、サルになれなかった僕たち、なぜ外資系金融機関は高給取りなのか、ウォールストリート、投資銀行残酷日記、保田隆明)

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/technic/books/157/


こんばんは、メタルです。
久々に良書の紹介をしようかと思います。

実況LIVE 企業ファイナンス入門講座―ビジネスの意思決定に役立つ財務戦略の基本

株式市場とM&A投資銀行青春白書の著者である
保田さんの本ですが相変わらずよく出来てるなと思います。
素人にも分かりやすい書き方をしているにも関わらず、
内容も伴っているので、読んでみる価値のある本かと思います。

経営とファイナンスの関係を、会社の成長段階別に解説。
また、豊富なケーススタディによって、
企業価値評価、M&Aのプロセス、資金調達の基本を理解できます。
・・・それ以上に、紙質は悪いがこの400ページある本を
2000円で出すということに驚いた一冊です。

【著者からのコメント】
共著を含め、自身にとって12冊目の刊行となりますが、真正面からコーポレート・ファイナンス、M&Aの分野を解説するテキストはこれが初めてです。2年がかりで「満を持して仕上げた」と言うと大袈裟かもしれませんが、それぐらいの気概で外資系証券会社での実務経験や投資ファンド運営経験など今まで培ってきた見識を全て投入しました。当分野を学びたいビジネスパーソンに、金融機関での社員研修用に、そして外資系投資銀行で投資銀行業務に携わる若手社員に大いに活用してもらえる内容にしたつもりです。


最新投資銀行の基本と仕組みがよくわかる本―グローバルに展開する金融ビジネスの全貌! (How-nual図解入門ビジネス)

この本なんですが、専門書を素人にも分かりやすく書いてあり
投資銀行に興味のある社会人や学生にはピッタリかと思います。

1章は投資銀行の歴史や大まかな仕事に触れており、
「ふーん」という感じなのですが、2、3章の出来が秀逸。
投資銀行が具体的に提案していく内容が図入りで書いてあり、
これをちゃんとパワポにまとめれば、実務のピッチ(提案書)に入れられるレベルです。
「投資銀行の実務では、さぞかし難しいものを持っていってるんだろうな」
と思うかもしれませんが、相手に理解してもらって初めて意味があるわけで、
意外にもこのレベルにまで落として資料を作ります。
こういう本がどんどん出てくることはいいですね。

ちなみに4、5、6章は、ただの各投資銀行の紹介になってしまっており
非常に残念でしたが、買ってよかったと思える本でした。
もし興味があれば、読んでみて下さい。


【おまけ】
サルになれなかった僕たち―なぜ外資系金融機関は高給取りなのか

ウォールストリート投資銀行残酷日記が文庫本で出ているようです。
価格も安くなったので、まだ読んだことがないって人はぜひ。
就活生には現実を知っていただきたいし、
同業者の方には「ある、ある(笑)」って形で楽しめると思います。
コメントで教えてくれた方、どうもありがとうございます。







◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 03:49 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 使える就活本の紹介
この記事へのコメント
本は出されないのですか?
楽しみにしていましたが…
Posted by 通りすがり at 2008年02月12日 23:25
メタルさんは内定何社いただいていたんですか?
それらはどのようにして内定辞退されました?
電話ですか?
Posted by とおりすがり at 2008年02月18日 21:07
外銀、持ち駒1つだったのですが、内定出ました・・・・。
ほんとに情報の乏しい中、このサイトには感謝してもしきれません。
メタルさんありがとうございました。
Posted by at 2008年02月20日 00:32
私も読みましたが、後半部分がひどすぎるように思いました。
各社紹介なはずが、内容がほとんどゼロで、それもホームページで見ただけとしか思えない内容ばかり。さらに内容的な誤りも多く、誤植、誤字脱字もかなりあります。会社の沿革を間違えたり、他社の業績を間違って貼ってしまったりしているあたり、論外だと思いました。
メタルさんのような内部の人間が書かれた本を期待しています。
Posted by GE at 2008年02月22日 10:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。