2008年02月19日

外資系投資銀行のリストラとは@(人員削減、退職勧告、転職、退職金、コンサル)

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/column/after/155/


役に立ったらぽちっと!

こちらもぽちっとお願いします

こんばんは、メタルです。
本日は、気になる外資のリストラについてです。
サブプライム問題で金融機関のリストラが世間を賑わしているのと、
そろそろ外資系投資銀行、コンサルの内定が出揃った頃かと思いますので
こんな現実があることを、就活生、内定者の皆様にも知ってもらいたく記事にします。
社員はこんなことまで話してくれないですからね(笑)
こんな環境でもよければ、ぜひ外資系というフィールド(戦場)に来て下さい。
では以下。
_________________

新聞、ネットより。

・日興シティ、全従業員の10%、最大170人削減

・メリルリンチ、不動産証券化部門を閉鎖し、11人が退職勧告

・モルガン・スタンレー、約40人の従業員に退職勧告
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aopYzowR8OUI


・ゴールドマン・サックス、全従業員約3万500人の約5%を解雇
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20080126-312182.html


・非常に古いですが、こんな記事もあります。(ABNアムロ証券のリストラ)http://www.president.co.jp/pre/20020114/03.html




「平均ボーナス6千万!」などの華々しい報道とは反対に、
悲惨なニュースもメディアを賑わせます。
超高額報酬があるからこそ、その裏には
「パフォーマンスが出せなければリストラ」の現実が待っています。
事業の不振から来るリストラはなんとなく想像がつくと思います。
しかし外資系投資銀行は、収益状況には関係なく
定期的に下位5%程度をカットして、常によいよい人材に入れ替えるシステム
を採っているところが多いため、GSのニュースのようなことがおきます。
現状に甘んじることなく、勝って兜の尾を締めよと言わんばかりの侍魂ですね。
対外的には公表してないですが、
モルスタ、メリル、JPモルガン、UBS、日興シティ、リーマン、
クレディスイス、バークレイズなどもやっています。

新卒採用では、どの会社も
「うちは他社と違って新卒を育てる環境、社風がある」と謳います。
しかしその言葉の裏には、
「・・・ただし、育たなければ容赦なく切るけどね」との文言が隠れているのでご注意を。
現実に、すでに同業他社の知り合い(1年目)が切られていますので。
詳しくは下記しますが、
リストラはあくまでも退職勧告との形で行われますので
本人にしか分からず、本当はもっと多いと思います。



では、リストラはどんな形で行われるのか


秘書「Aさん、Bossがちょっと呼んでますよ。」
いつもと変わらない雰囲気の中、リストラは突然行われます。
Bossの部屋に入ると、人事スタッフとBoss。
「申し訳ないんだが、今日で辞めてもらうことになった。」

パフォーマンスが優れなかったなどの理由から、
5%の人員削減対象になったことを言い渡されます。
この間に、事前に連絡していたセキュリティ部門によりIDが全てロック。
この時点で、デスク、業務のフロアにさえ二度と戻れません。
荷物も自分で取りに帰ることはできません。
社員証もその場で返還することになります。
もちろん社員がインサイダー情報、重要書類、データの消去などを行わないためでもありますが、
それ以上に、その本人への最大限の尊敬の念なのだとか。
人事スタッフの監視下で、デスクに戻されて、ダンボールに物を詰めてる姿を想像すれば分かると思いますが、
これほど屈辱な、寂しい瞬間ってないです。

上記では、リストラ(解雇)と書きましたが、正確には退職勧告です。
「解雇」とはならずに、「自主退職」の形を取ります。
「翌日からも給料は払うけど、会社には来ずに転職活動してね」という形で、
あくまでも現在の会社の肩書きで転職活動をします。
ゆえに外部には、ただの転職活動に映るのです。
会社側の最大限の配慮と言えると思います。


さて、リストラ対象になったことを告げられて
「はい、さようなら。」というわけではなく、
人事スタッフから「パッケージ」と呼ばれる退職金(手当て)や
転職の斡旋について説明があります。

退職手当ての中身ですが、私が知っているものだと、
・基本給×4〜8か月分
・有給休暇の買い上げ
・勤続手当て
などがあるようです。

転職斡旋は、いくつかの外資系専門の転職会社とつながっているようで
幅広い選択肢、いいポジションを紹介してくれるようです。
タイトル(肩書き)によりますが、
同業他社、事業会社の部長・役員、ヘッジファンド、PE(プライベートエクイティ)
ベンチャーのCFOクラス、などなど、引く手あまたとか。

人事から退職パッケージが伝えられると、
もうオフィスには戻れないため、
そのまま帰宅することになります。
とりあえずの手荷物は、アシスタントがデスクから持ってきてくれます。
残りの本などの私物は、後日アシスタントの人がダンボールにまとめて送ってくれます。

私もそのパッケージをしている姿を目の当たりにしたことがあります。
理屈では分かっていても、さっきまでいた人が戻ってこない、
・・・ショックな出来事でした。



・・・・。
こんな環境でも働きたいですか?
2、3年目で年収2000万円を超える高額報酬の裏には、
1日16時間以上の過酷な労働環境(土日もない)やレイオフが潜んでいます。
2〜3年先も想像できない、安定とはかけ離れた、まさに「一寸先は闇」ですよ。
まぁだから私は人生面白いんですけどね。
つい最近まではただの学生だったのに、
今は日経新聞を騒がせる案件の裏舞台で仕事をすることができていますから。
この環境で、せめて3年間、がんばれそうだなと思えない人は、
最初から日系の広告、商社、マスコミ、金融などに進んだほうが
いいかと思います。
自分が不幸になるだけですからね。

外銀、コンサルに内定を貰った皆様、
もう一度、ほんとにそれでいいのか胸に手を当ててじっくりと考えてみてください。
それでもいいなら、思い切ってぜひこのフィールドに飛び込んで来てください!
それでは。



「突然会議室に呼びだされて、リストラを宣告される」
「部屋にも戻れず、名刺も私物も取り上げられて放り出される」
「退職金はかなり不利」など外資系金融機関のリストラは日本企業では考えられないことばかり。
その他にも、「ボーナス時期は誰も働かない」「外国人の精神構造は意外とウエット」というような会社の内幕や、ヘッド・ハンターとの壮絶なかけひきが求められる転職、リストラ後のハローワークでの求職活動の日々など、業界事情に詳しい著者が外資系金融機関の現実を赤裸々に語る!
外から見た外資系金融機関のイメージと現実のギャップに驚くこと間違いなし!
外資系金融マンを襲うトホホな事件の数々。リストラ、お財布事情、会社の人間関係…、世間には意外と知られていない苦労を赤裸々に告白。


もし役に立ったらぽちっと!

こちらもぽちっとお願いします


◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 03:31 | 東京 ☀ | Comment(26) | TrackBack(0) | 投資銀行に入社後
この記事へのコメント
GSのMDに知り合いがいるんだが、アナリストで外銀のIBDに入るのは止めときなさいと言われたよ、ほとんど生き残らないから。。。
でも俺はむしろそこを生き残った人間こそ真のバンカーになっていくんだろうなって思ったけどね。まあ難しいとこだよね。
Posted by GS at 2008年02月20日 08:49
オペレーションズや財務などのバックオフィスでもシビアなリストラが行われますか?
Posted by ホタル at 2008年02月20日 10:54
5%の人員削減対象になる
→自主退職
→転職斡旋
→いくつかの外資系専門の転職会社から同業他社、事業会社の部長・役員、ヘッジファンド、プライベートエクイティ、ベンチャーのCFOクラス、などなど、引く手あまたの幅広い選択肢があり、いいポジションを紹介してくれる。

なのに、

2、3年目で年収2000万円を超えるが、
1日16時間以上の過酷な労働環境(土日もない)やレイオフ
2〜3年先も想像できない
安定とはかけ離れた、一寸先は闇

とはいえ、転職先を斡旋するなどの処置があるならば、「2〜3年先も想像できない、安定とはかけ離れた、一寸先は闇」というのは、当てはまらないのでは。むしろ凄く恵まれていると思います。
Posted by exe at 2008年02月20日 15:31
確かに、引く手あまただろうなあ
Posted by mm at 2008年02月20日 18:00
1年目で切られたら引く手あまたとは思えないな、事業会社の役員やベンチャーのCFOなんてなれるはずがない。せいぜい同業他社か日系の金融で出直しじゃないかな。いくら外資系投資銀行勤務でも一度離れたら肩書きもなんもない普通のサラリーマンってのが辛い。
Posted by ooo at 2008年02月20日 22:10
自分(外資投資銀行勤務)と自分の兄(外資コンサル勤務)の知っている環境を較べる限り、同じ外資系でも、金融とコンサルは全く違うと思います。採用段階では両業界を希望する人が多いのでこういったサイトが一緒に扱うのも理屈はわかりますが、採用以外(入社後)に関しては、投資銀行で行われていることがすべてコンサルでも同じだと決めつけた書き方をしない方が、まともなサイトだと思われるのではないかと思いますが。
Posted by m at 2008年02月20日 22:20
業務の引継ぎなどはどう行うのですか?
Posted by え〜 at 2008年02月20日 23:25
いつも有益な情報本当にありがとうございます。この春から東京一の経済院に進学するので、外資系金融を目指そうと考えています。今後質問させていただくこともあると思うのでよろしくお願いします。
Posted by 未来のバンカー at 2008年02月21日 00:40
姉の夫が外資系のコンサルタントだったのですが、同期は8人中2人しか残っておらず、転職先の紹介等は皆無だと聞きました。現在、彼は中堅の出版社で働いているそうです。おっしゃる通り、軽い気持ちで飛び込むような業界ではないですね。私は結局、外銀の選考は、途中辞退し、日系企業に乗り換えました。正直な所、給料の高さに惹かれていたのですが、過酷な労働時間とリストラのリスクを考えたら、決して高くないような気さえしますね。
Posted by kuri at 2008年02月21日 00:56
質問なのですが、アナリスト3年間で退職勧告される人は大体何%程度なのでしょうか?
Posted by ラッキー at 2008年02月21日 01:42
来年からこの業界のトレーダーで働くことになりました。。ここで書かれていた内容は把握していましたし、他の選択の余地があった分覚悟を決めてます。
金よりもそのプレッシャーで成長できる環境に惹かれた所があるので、人間の喜怒哀楽すべてかみしめながら頑張りたいと思います。
まー才能無くて切られても命とられないだけマシでしょうw
Posted by まーでも。。 at 2008年02月21日 06:11
今の段階での内定は取り消される可能性がありますよね。というか、去年の分は結構取り消してるようです。
就活を続けることをおすすめします。
Posted by Boston at 2008年02月22日 05:40
そういう問題でもないけどなW

一年目で切られるなんて、たまったもんじゃない。
Posted by ibd at 2008年02月22日 06:09
それにしても、1年目で切られるってすっごいですね。。。凡人の目からすると、1年でレイオフするくらいなら、採る前に見極めればいいのに、とも思うのですが。。。naive(世間知らずでバカ)なこと言っていたら焼かれそうですので、このへんで;ー(
Posted by さすが生き馬の目を抜く投資銀行。 at 2008年02月23日 00:28
二、三年目で年収2000万円なんていかない。

君、ちょっと誇張癖があるね。

一日16時間も大袈裟。

16時間全力疾走してるわけじゃないでしょ…。

ダラダラ働いているだけなんじゃないのかな。

Posted by おいおい… at 2008年02月23日 22:47
2年目は厳しいが、
たとえばメリルだと3年目で2000はいくよ。
君って書き方、ずいぶん上から目線ですね。

Posted by ↑ at 2008年02月24日 00:50
メタル君の擁護でもなんでもないが、
酔った勢いで書くか。
3年目で2千万超えは本当。
そこまで残れるかが問題なんだけどね。

ちなみに穴1、2年目だと、1日16時間、つまり1時ごろに帰れたら御の字だと思うんだが。お少なくともうちのファームはそうだね。大袈裟と書いてる時点でこの業界の人間とは思えないが、
上で書いてる人がほんとに現役社員だとしたら、よほど仕事がないファームだと思われます。

ネタにマジレスしてしまった。
メタル君、がんばってね。
Posted by 現役アソだが at 2008年02月24日 04:32
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008022401000219.html

<日興シティ証券>人員1割削減へ サブプライム損失拡大で
2月24日19時9分配信 毎日新聞


 米金融大手シティグループが、米国の低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題による損失拡大を受け、子会社の日興シティグループ証券で人員削減を進めていることが明らかになった。新規採用の抑制や期間契約社員の更新打ち切りなどで、従業員1750人のほぼ1割にあたる約170人を減らす方針だ。 

 シティはすでに、消費者金融のディックを展開するCFJの売却も検討しており、日本国内でのリストラが加速してきた。

 日興シティ証券は、シティが1月に完全子会社化した日興コーディアルグループとの合弁会社で、法人向け業務を担当している。

 シティは日本国内での営業力を強化するため、日興傘下の日興コーディアル証券と日興シティ証券を今後1〜2年で統合するほか、シティバンク銀行と日興シティ信託銀行を統合する方針。今後、重複部門の再編を進める中で新たなリストラを行う可能性もある。【小倉祥徳】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080224-00000052-mai-bus_all
Posted by at 2008年02月24日 21:08
こんにちは、お疲れ様です。

先日ドイチェのGDに行ったのですが、暴走する人がいて困りました。この時期でそのレベル?と正直困惑するようなレベルです。

暴走する人がいた場合の対策法などございましたらぜひ記事にしていただければと思います。
Posted by 困ったちゃん at 2008年02月28日 20:07
お前も一緒に暴走すれば。。。
Posted by 困らないちゃん at 2008年02月28日 23:28
メタルさん、いつも楽しく拝見させていただいております。
今年、希望の投資銀行へ合格できなかったのですが、自主留年してまた来年再チャレンジということは可能でしょうか?
Posted by 投資銀行志望 at 2008年02月29日 17:31
いっそのこと博士課程いってクオンツ狙ったら?
http://oolongtea.blogcentral.is/
ヘッジファンド面接の貴重な体験談が書いてあります。
Posted by 金融やめた at 2008年02月29日 20:34
ひとつ上のコメントで張られてるブログの
ウェディングドレス泥棒+交通費不正受給+不正株取引って
第一生命の社員?マジだったらかなりやばくない?
Posted by マジかよ at 2008年02月29日 22:13
>>今年、希望の投資銀行へ合格できなかったのですが、自主留年してまた来年再チャレンジということは可能でしょうか?

日系のうけろよ。
Posted by メタノレ at 2008年03月09日 00:19
日本の製造業の研究所に勤務しています。外資系投資銀行の世界は、こんな激しいとは、知りませんでした。パフォーマンス重視→短期の人の入れ替え、という考え方ですね。こういうことは、日本の製造業では考えられない。

これでは、長期的なキャリア設計や人生設計がしにくい世界のような気がします。競争に脅かされる感覚にもうんざりするのではないでしょうか。さらに、ライフワークバランスも保てるのか、疑問に思います。

世界に通用するような製品の開発をめざす仕事は、クリエイティブで、楽しいものです。(でも、比べると給料はかなり安いですが)
Posted by kunskap at 2008年03月09日 02:16
一日16時間以上働くよ。今は外資ではなくても、日系でもベンチャーでも24時間働くよ。ヨーロッパ、米国と仕事したら生活なんてないよ。
Posted by P at 2010年01月23日 12:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。