2008年03月08日

外資系投資銀行のリストラとはA(人員削減、退職勧告、転職、退職金、コンサル)

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/column/after/156/


役に立ったらぽちっと!

こちらもぽちっとお願いします

こんばんは、メタルです。
外資系のリストラについての記事
に多くのコメントをいただき
それらに答える意味でも追記させていただきます。
やっぱり気になる部分なんですね。




____________________



>業務の引継ぎなどはどう行うのですか?

結論から述べますと、
MD、D、VP  →引継ぎあり
アソ、アナリスト→引継ぎなし

このパターンが基本のようです。 

アソシエイト・アナリストは、
前回の記事どおり、いきなり切られます
少なくともそれで困るのは「社内のみ」ですからね。
基本的に、作業は共有フォルダで行っているので、
データにディールメンバーがアクセスできないということはありません。
あとは後任の人が、そのフォルダ内を漁るだけです。
ただ、引き継ぐこちらは非常に大変なので、なんとかしてもらいたい。

一方、クライアントを直接担当するMD、D、VPクラスは、
いきなりクビにはせずに、一定の「引継ぎ期間」を設けます。
クライアントは時価総額数千億以上の企業であり、
社長、専務、少なくとも経営企画部長、財務部長以上を相手にしているわけで、
約束の失念、失礼な行為などがあれば、
たちまち今後のビジネスチャンスは消えてしまいます。
案件は、長い期間をかけて構築した信頼、対象企業の理解の上で発生するものであり、
それらの「種」をつぶしてしまうことは、
会社にとって大きな損失になります。

ちなみに、リストラを知らされるのは、
「リストラ対象の本人」と「引継がれる人」のみ。
このクラスになると業界経験もある程度長いわけで、
リストラの報復として、背任もしくはそれに近い行為をした場合、
金融業界で生きていくことはもちろん、
どれだけのリスクが発生するのかを把握しているからだとも言えます。
そして引継ぎが終わると、こっそりと消えていきます。



>質問なのですが、アナリスト3年間で退職勧告される人は大体何%程度なのでしょうか?

>GSのMDに知り合いがいるんだが、
>アナリストで外銀のIBDに入るのは止めときなさいと言われたよ、
>ほとんど生き残らないから。。。
>でも俺はむしろそこを生き残った人間こそ
>真のバンカーになっていくんだろうなって思ったけどね。
>まあ難しいとこだよね。


新卒のリストラについてですが、
「社内一斉に下位5%を解雇」などの時は、
「ああ、あの人はリストラか・・・」と分かるかと思います。
ただ、それ以外は原則的に本人しか知らないので、
退職勧告なのか、自分から転職なのかは同僚からは分からないのです。
前回も記事にしたとおり、本人への最大限の配慮のために。
参考までに、新卒入社で3年間残っている人は、全体の2、3割くらいです。



>オペレーションズや財務などのバックオフィスでもシビアなリストラが行われますか?

フロントほど多くはありませんが、リストラはあるようです。
「仕事ができない人」は、たとえバックオフィスでもそうなるでしょうね。
また、間接部門のため、フロントが減ればその分は減らす方向になるでしょう。
あとは、本社から「頭数で10%切ること」とお達しがきたときには
容赦なく切られるでしょうね。



つづく。


「突然会議室に呼びだされて、リストラを宣告される」
「部屋にも戻れず、名刺も私物も取り上げられて放り出される」
「退職金はかなり不利」など外資系金融機関のリストラは日本企業では考えられないことばかり。
その他にも、「ボーナス時期は誰も働かない」「外国人の精神構造は意外とウエット」というような会社の内幕や、ヘッド・ハンターとの壮絶なかけひきが求められる転職、リストラ後のハローワークでの求職活動の日々など、業界事情に詳しい著者が外資系金融機関の現実を赤裸々に語る!
外から見た外資系金融機関のイメージと現実のギャップに驚くこと間違いなし!
外資系金融マンを襲うトホホな事件の数々。リストラ、お財布事情、会社の人間関係…、世間には意外と知られていない苦労を赤裸々に告白。


役に立ったらぽちっと!

こちらもぽちっとお願いします


◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 23:46 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 投資銀行に入社後
この記事へのコメント
いつも参考にさせて頂いています。
もしよければリストラとは逆に、転職者についての記事も書いて頂けると嬉しいです。
(どれくらい・どういった人が入ってきてるのかなど)
Posted by ADS at 2008年03月09日 19:04
>参考までに、新卒入社で3年間残っている人  は、全体の2、3割くらいです。

IB勤務の知り合いを見ていると、
自分からやめて転職していくタイプも
相当数いるように思います。
その辺りはいかがお考えですか?
Posted by あ at 2008年03月12日 12:56
同期との横の繋がりが強くなければ分からないかもしれませんが、ちなみに、新卒一年目でもう転職を考え始めている人もメタルさんの周りには相当数いるんですか?
Posted by aa at 2008年03月14日 08:41
新卒で残る人間が2・3割とありますが、新卒の退職の場合は自主退職が多いのでしょうか?
もちろん、外資である以上は実力主義であり、結果が残せなければ首になるでしょう。
とはいえ、入社間もない時点から結果を求められ、多くが退職せざるを得ないのでしょうか?
それとも激務に耐え切れず、自ら退職を望む新卒者が多いのでしょうか?
Posted by tera at 2008年03月17日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。