2008年04月30日

野村證券の社員のインサイダー取引容疑に思うところ

「外資系への道標」は移転しました。
新アドレスはこちらです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

http://gaishi-michishirube.com/column/after/163/


役に立ったらぽちっと!

こちらもぽちっとお願いします

こんばんは、メタルです。
今日は久々に早く帰れたので、更新。
野村のインサイダー事件について、
同業者として思うところを綴ってみました。


=====================

「2008年4月22日、野村證券の中国人社員とその知人2人が、インサイダー取引の疑いで東京地検特捜部に逮捕された。公表される前の情報を基に21銘柄を購入し、公表後に売り抜けて4000万〜5000万円の利益を得ていたものと見られている。」
各種ニュースより抜粋


野村證券の社員がインサイダー容疑で逮捕されました。
あろうことかIBDの社員です。

我々は通常、ディールの始まりには、
クライアントと秘密保持契約(Confidencial Agreement、「シーエー」と呼ぶ)
を結びます。
「情報は一切漏らしません。もし漏らした場合は損害賠償を請求しますからね。」
という書類です。
クライアントに守秘義務を破ったら損害賠償しろなどと判をつかせながら、
一方、自分はその情報で錬金術って・・・。
ほんとに有り得ない、「野村」だけでなく業界の信頼を揺るがす事件です。

実際にIBD部署内の情報管理は、(詳細は書けないので、報道ベースですが。)
 ・対象会社名はコードネームで呼ぶ
 ・共有ファイルはメンバーのみアクセス可
 ・ファイル自体もパスワードをかけて保存
 ・全ての紙くずはセキュリティボックスに廃棄(破ってごみ箱とかも禁止)
など、かなり厳重な体制を敷いています。

なので、漏れる媒体は「人」を介する以外に
まずあり得ないんですよ。
そうすると、どうしても最後は社員個々のモラルの問題になってくるわけで、
そこは正直、会社側では防ぎようがないというのが現実。
ゆえに、今以上の厳罰を設けて意識を高めるしかないんですよ。

この業界には、「カネはイノチよりも重い」って言葉もあるくらい。
カネがなくて死ぬ人もいるんです。
ルールを破らない人にすれば、罰則がどんなに強化されたところで何の問題もないわけです。
インサイダー取引は厳罰に処されることを望みます。


また、インサイダー、情報漏洩というのは、
社会的に許されない行為という意味もあるんですが、
実務上、案件を進めていく上でも大きな足枷になります。
実際、インサイダー取引でせっかく育て上げてきた案件が世の中に出ることなく、
延期・中止になることもあります。

例1)株価が上がることによるTOB価格の上昇
 
 発表前になぜか株価上昇
 ↓
 「プレミアム乗せなきゃだしなあ」
 (発表時のTOB価格を上げる必要がある場合も)
 ↓
 予算オーバー
 ↓
 そこまで価値のある会社ではない&予算足りないので様子見。オワタ\(^o^)/
  

例2)脚色が加わって漏洩

 世論「なんか○○な理由で買収しちゃうんだってよーひどいね。」←実は誤解
 ↓
 「そんな事実は一切ありません」の発表
 ↓
 クライアント「なんかX社を買収したときの悪い印象がひとり歩きしてるしやめとくか」
 ↓
 中止。オワタ\(^o^)/


例3)クライアントからの信頼をなくす場合

(たとえ自分たちのせいでなくとも)
クライアント「しっかり情報管理してくれよ、プンプン。」
 ↓
クライアント「よく考えたらそこまで欲しい会社でもないし、やっぱやめておくわ」
 ↓
 数ヵ月後、同業他社の証券会社をアドバイザーにつけて同案件発表
 ↓
 努力が水の泡。オワタ\(^o^)/


簡単に書いてみましたが、経営陣も人間なので裏舞台はこんなものです。
今回の野村は「例3」のような感じなんだろうな。

以上になります。
次回、インターン情報を更新しようかと思います。


役に立ったらぽちっと!

こちらもぽちっとお願いします


注記:この記事は、現に報道されている事実以上のことは含まず、全ての文章がパブリック情報を元に書かれています。また情報の正確性は保障しません。



為替は、経済、政治、株式市場などを学ぶキッカケになります。
騙されたと思ってやってみよう。
ただし、絶対に余裕資金(5、10万円とか)でやること。





◆「ハイレベル就活生へ贈るキャリアメルマガ −外資系への道標−」創刊!
 超一流企業の選考プロセス、攻略法、インターン情報等をメルマガ限定配信。
 開設(2010/12/5)から多数のご購読ありがとうございます。
 ご登録はコチラです。
 (※不要でしたら即時解除可能。)



◆2012年入社の内定者の皆様へ
 卒業までにメタルといっしょに何か成し遂げませんか?
 詳しくはコチラです。

外資系企業内定術2012年卒版
外資難関企業を目指す2012年卒生へ 内定率95.9%の就活の極意を無料公開。
www.syu-katu.net
外資系の英語面接対策に
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」。満足度No.1を獲得した超優良教材。TOEIC対策にも有用。
listening-power.com
超難関企業への転職アドバイス
超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍。転職「大」成功術!全額返金保証。
www.1jobchange.net
面接で緊張しない方法
一度きりの大事な局面で悩まなくてよくなります。全額返金保証。
kincyou.net


posted by メタル at 23:55 | 東京 ☀ | Comment(10) | TrackBack(0) | 投資銀行に入社後
この記事へのコメント
更新遅いんだよね、ぷんぷん。
 ↓
で、でも お仕事がんばってしあ///
Posted by ふじこ at 2008年05月01日 12:45
例が分かりやすすぎです。
いつもクオリティ高洲。
Posted by   at 2008年05月01日 14:47
実際投資銀行は中国人は多いんですか?
Posted by anan at 2008年05月01日 17:03
アドバイスや添削のほど、よろしくお願いいたします。
Posted by viiv at 2008年05月02日 00:36
802 :就職戦線異状名無しさん :2008/05/03(土) 11:52:04
ttp://delicious-way.seesaa.net/
GS一年目のブログ
Posted by at 2008年05月03日 17:45
例3になればいいのだけれど、日本の同族意識だとそれでも野村に頼む会社多いんだろうなあと思ったりします。ずいぶん前だけど、ホリエモンのニッポン放送のときもトヨタとか一部を除いてはフジテレビへの義理立てを優先したりするお国柄ですから。
Posted by mi at 2008年05月03日 22:53
3年です。外資夏インターンについての情報等知りたいです。いつごろから動けばいいんでしょうか。。
Posted by k at 2008年05月04日 00:13
>kさん

聞かれてないけど多くのファームで5月中旬くらいから始まるはず。6月下旬くらいが締め切りかなー。今から書き方とか練習して(その方法はこのブログに山ほど書いてありますw)募集始まったら速攻出すのが理想かと思います。

参考までに。
Posted by a at 2008年05月04日 08:08
やはり投資銀行にはゴールデンウィークなんてないんですか?
Posted by サン at 2008年05月04日 12:29
野村のインサイダーは中国人だろう。多くの中国人は真面目だけど、彼らは残念ながらインサイダーとかいうコンプライアンスモラルが身に染みついていない。これは共産主義だから、仕方ないんだけど。

野村の体勢をどうのこうの言うのも可哀想な気はする。どこの証券会社だって、コンプライアンスはメチャメチャうるさいから、野村レベルだったらかなりきつかったと思うよ。

まあ、それでも抜け穴があったというのでは意味をなさないけど。
Posted by 元リーマン社員 at 2008年11月16日 22:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95250082
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa

<証券> ゴールドマン・サックス、 UBS、 バークレイズ、 モルガンスタンレー、 メリルリンチ、 クレディスイス、 ドイツ証券、 JPモルガン、 シティグループ、 クレディ・アグリコル、 リーマンブラザーズ、 ベアースターンズ、 カリヨン、 野村證券、 大和キャピタルマーケッツ、 日興コーディアル、 BNPパリバ、 GCAサヴィアン、 リサ・パートナーズ、、 <コンサルティング> マッキンゼー、 ベインアンドカンパニー、 ボストンコンサルティンググループ、 ブーズアレンアンドハミルトン、 モニターグループ、 ATカーニー、 アクセンチュア、 アーサーDリトル、 コーポレートディレクション、 ドリームインキュベータ、 ローランドベルガー、 デロイトトーマツ、 三菱総合研究所、 野村総合研究所、、 <総合商社> 三井物産、 三菱商事、 伊藤忠商事、 住友商事、 丸紅、、 <銀行> みずほ銀行、 みずほコーポレート銀行、 三井住友銀行、 新生銀行、 三菱東京UFJ銀行、、 <メーカー> P&G、 MARS、 花王、 ソニー、 任天堂、 資生堂、 サントリー、 武田薬品工業、、 <広告代理店/マスコミ> 電通、 博報堂、 テレビ朝日、 フジテレビ、 日本テレビ、 TBS、 朝日新聞、 ベネッセコーポレーション、 共同通信社、 オリエンタルランド、 リクルート、、 <その他企業> GOOGLE、 ANA、 日本IBM、 マイクロソフト、 日本ヒューレット・パッカード、 サイバーエージェント、 凸版印刷、 三井不動産、 三菱地所、 日本郵船、 商船三井


Copyright (C) 2006-2010 外資系への道標 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。